• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • “紅白落選”もエンタメ化する、「ギリギリアウトを攻める」ゴールデンボンバー・鬼龍院翔の矜持

“紅白落選”もエンタメ化する、「ギリギリアウトを攻める」ゴールデンボンバー・鬼龍院翔の矜持

『ギリギリセーフではつまらない』。 Yahoo!を模したパロディサイトが話題に

――Yahoo!ニュースを模したパロディページで同アルバムのプロモーションをしたこともバズりましたね。
【鬼龍院】あれも“便乗”の最たる例ですね。もともとパロディが大好きなので、ネット記事そっくりなページを作りたいと思っていて、公開3日前に事務所にお願いしました。結果、高校の同級生でウェブデザイナーをしている友人が「面白そうだから」って引き受けてくれました。

――3日で作った!?
【鬼龍院】はい。友人も僕とノリが近いので、Yahoo!ニュースの「Y」のマークもそれに似せた「卍(まんじ)」にしたり。ドメインも「yah000.jp」とできるだけ似せたものを取ってくれました。

――ページ右側の「アクセスランキング(エンタメ)」には、official髭男dism、スピッツ、ゆず、五木ひろしさんらの写真と名前が。これ、勝手にやって大丈夫なんですか?(笑)。
【鬼龍院】そこは攻めたくて。実際お会いしたことがあって、怒らなくて優しそうな方々をチョイスしました。許可は…取っていませんね…。でも、ちゃんと皆さんのCDの宣伝になるようにリンクを貼っているんです。ちなみに公開した頃、出場歌手の発表はまだでしたが、髭男さんは初出場するだろうと予測して入れておきました。

――本当に攻めてますね。
【鬼龍院】僕は、ギリギリアウトが一番面白いと思っているんです。だって、ネット上はアウトばっかりじゃないですか。それなのに、バンド活動でギリギリセーフをやってもつまらないと思うんです。ただ、人を傷つけるのは、アウトでもセーフでも良くない。そこだけはしっかり守ります。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索