アニメ&ゲーム カテゴリ

20代男女529人に調査! みんなの新生活事情

 いよいよ始まる新年度。ORICON NEWSでは、この春、社会人デビューするフレッシャーズを含めた20代の男女529人に「新生活」に関する意識調査を実施。みんながこれから実現したいこと、ひとり暮らしで困ったこととは?

 新年度、気持ちも新たに何かを始めたくなるこの季節。20代の男女529人に改めて「今年、実現したいこと」を聞いたところ、およそ半数が「貯金」「趣味などプライベートの充実」を目標にしていることが判明。一方、「昇給・昇格」といった仕事関係をあげた人は8.5%と少数で、「仕事よりもプライベート重視」の傾向に。

 会社でのポジションアップを指標としないものの、「資格取得」「英語習得」「料理習得」など、自身のスキルアップに対しては意欲的なことが分かった。

「今年実現したいこと」で17.2%の人が目標に掲げた「英語習得」。今現在の英語スキルを調査したところ、「挨拶程度」「まったく話せない」と回答した人は7割以上。大半の20代が「ほとんど話せない」という結果だった。つまり、今春からスタートすれば、ライバルに差をつけられる可能性大。

 企業でも英語力の高い人材を求める動きが年々加速しており、フレッシャーズはもちろん、昇格したい人、転職を考えている人にとっても、早めの習得が吉といえそうだ。

 新社会人になるのを機に、ひとり暮らしをスタートする人も少なくない。そんなフレッシャーズにとって気になるのは、なんといっても「お金のやりくり」。実家住まいの時には意識していなかった家賃や食費、光熱費などの生活費が予想以上にかかって驚くことも。

 今回、ひとり暮らし経験者の20代に「困ったこと」を聞いたところ、実際に暮らしてみてからも「お金のやりくり」が大変だったことが分かった。限られた収入の中からやりくりするためには、出費の内訳を把握することが大切だ。家計簿アプリなどを活用して計画的に生活できるよう工夫しよう。

 その他、ひとり暮らしならではのこんな意見も。

「家事をする時間がない」(東京都・男性)
「体調を崩して動けなくなったとき」(神奈川県・女性)
「具合が悪いときに限って食料が切れている」(東京都・女性)
「虫がでたとき、電球が切れたとき」(東京都・女性)
「隣がうるさい」(千葉県・女性)

 ひとり暮らしのトラブルでよく耳にするものが多かったが、中には事前の準備で対策できるものも。経験者の声を参考に、快適な新生活ライフを楽しもう!

【調査概要】
調査対象:全国20代男女 529人
調査期間:2019年1月11日(金)〜1月21日(月)
調査手法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!