ドラマ&映画 カテゴリ

橋本環奈、ハタチの決意「この業界でしか生きていけない人には、なりたくない」

女優の仕事は「自分がやりたいものや興味のあるものに熱中している感覚」

――また、2月3日がお誕生日ということで、今作はハタチになって最初の作品になりますね。
橋本環奈 いま聞いて、気づきました!(笑)。たしかに配信の時期を考えると、ハタチになって初めての作品になりますね。

――先日発表されたオリコンの「期待の新成人ランキング」では、橋本さんが第2位に輝きました。近年は女優さんとして様々な作品に出演されたことで、多くの方が今後の活躍に期待しています。ご自身では、役や出演作への反響はどのように受け止めていますか?
橋本環奈 反響についてはあまり実感がないですね。舞台挨拶で作品を見ていただくお客様の前に立つことはありますが、直接お話する機会がなかなかなくて…。でも、声をかけていただいて作品に出演できるのはうれしいです。

――そして、コメディーや純愛、ミステリーなど様々な作品で幅広くご活躍です。女優のお仕事にはどのように向き合っているのでしょうか。
橋本環奈 もともと小学校3年生のときに、「女優さんになりたい!」と思って博多で事務所に入ったんです。それから、是枝(裕和)監督の『奇跡』という映画に出させて頂いて。もちろん責任はあるんですけど、女優さんのお仕事はその時から楽しさもあるし、自分がやりたいものや興味のあるものに熱中している感覚です。役者だけじゃなくて、いろんなことをやれる方って器用だし、すごいなと思いますが、私はひとつのことに熱中して向き合う時期なのかなと思っています。

ハタチになっても、普通の感覚は失いたくない

――一方で、いろいろなお仕事を経験され、目まぐるしく変化した10代だったと思います。その中で橋本さんが培ってきた強みはどのようなところでしょうか。
橋本環奈 自分で強みだなって思うことは、ひとつもないです。でも、だれしもができる経験ではなかったと思うので、それを楽しめた感覚はありますね。中学3年生のちょうど志望校を決める時期に、1枚の写真で取り上げていただいてからガラッと生活が変わって。芸能の学校に行くことも考えたんですけど、それよりも高校3年間は普通の学生として勉強したいなという気持ちがあったんですよね。

――それで、お仕事をしながら福岡の高校に通ったんですね。
橋本環奈 はい。東京でお仕事をして、飛行機通学みたいな感じだったので、今思うとめちゃめちゃ大変だったなと思います(笑)。でも、その学生生活を経験しなかったら得られなかったものがたくさんあったので、今思うとすごく大事な時間だったなと思います。

――その学生時代の経験も、今の橋本さんの強さになっているのかもしれないですね。
橋本環奈 そうですね。いまも、普通の感覚はすごく大事にしているんです。この業界しか知らない、生きていけない人にはなりたくない。もちろん人として成長はしていきたいんですけど、普通の感覚は失くしたくなくて。そういった部分を二面性として持っているっていうのは、強みになるかもしれないですね。

――そしてハタチという節目を迎えますが、今後変わっていきたい部分はありますか?
橋本環奈 あんまりないですね。もちろんハタチとしていいスタートは切りたいけど、19才のいい流れにのったままいきたいなという気持ちもあります。いままで蓄積してきたものを、手ばなしたくないなと思っているので。

――これからも、変わらずにいたい?
橋本環奈 ホントに変わらずにいたいです。「変わったね」って言われると、マジでショック!(笑)。でも成長はしていきたいので、変わらない部分を持ちつつ、経験を積み重ねていけたらいいなと思っています。

――では最後に…ハタチになって挑戦してみたいことは何かありますか?
橋本環奈 スカイダイビング! もともと、楽しそうだなと思ったことはすぐやってみるタイプなので、始めたいものはそんなにないんです。だから、今興味があることで言えばスカイダイビングかな。ハタチの間に、できたらいいなと思います!
(写真:田中達晃/Pash)

AbemaTV『1 ページの恋』

 絵を描くのが大好きな水瀬あかり(橋本環奈)は、17歳の冬、家族旅行で訪れた宇木島で森田郁巳(板垣瑞生)と運命的な出会いをする。初めての恋に落ちたあかりは、4年に1度だけ見ることができるセレネ座流星群の下で再会を誓った。4年経ち、約束の場へ行ったあかりだったが、現れたのはカメラを持った星野有利(古川雄輝)。遊び人タイプの男だが、どこか憎めない。また、幼馴染の乾大和(濱田龍臣)は悩みを聞いてくれるよき理解者。奇跡を感じた初恋か、大人の恋か、いつも側にいてくれる幼馴染か…。あかりが選ぶ運命とは? そしてスケッチブックに描かれる『1ページの恋』の結末はーー。
主題歌:竹内まりや「ミラクル・ラブ」
脚本:山下すばる、三浦希紗

脚本監修:吉田恵里香
監督:本橋圭太
プロデューサー:池田克彦(AbemaTV)、山田利宣(KBC 九州朝日放送)、平部隆明(ホリプロ)、石田麻衣(ホリプロ)、宮川宗生(ホリプロ)
製作プロダクション:ホリプロ
制作協力:KBC 九州朝日放送
製作著作:AbemaTV

出演者:橋本環奈、板垣瑞生、大野いと、濱田龍臣/古川雄輝 ほか

2月18日スタート(毎週月曜、後11時配信/全6話)
【公式サイト】(外部サイト)
前へ
  • 1
  • 2

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索