アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 一足早い『新語・流行語大賞』予想! 果たして1位は?

一足早い『新語・流行語大賞』予想! 果たして1位は?

一足早い『新語・流行語大賞』予想

 その1年間に生まれた「ことば」の中から、世相を反映し、多くの人々の話題に上った新語・流行語を選ぶ年末恒例の『ユーキャン新語・流行語大賞』。今年は平昌五輪、サッカー・ワールド杯などスポーツが大いに盛り上がり、多くの名言が生まれた。そこでORICON NEWSでは一足早く、2018年流行語大賞予想のアンケート調査を実施。首位となったのは、平昌五輪でカーリングの日本の女子チーム・LS北見が発した【そだねー】。現状では他の競合ワードから一歩抜きん出る結果となった。

「氷上のチェス」で躍進のカーリング娘、人柄がにじみ出る“ほっこりワード”も話題

  • (左から)鈴木夕湖 吉田夕梨花 本橋麻里 藤澤五月 吉田知那美(C)ORICON NewS inc.

    カーリング女子チーム・LS北見の(左から)鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里、藤澤五月、吉田知那美 (C)ORICON NewS inc.

 1位を飾ったのは2月に行われた平昌五輪でカーリングの日本女子・LS北見が試合中に交わした、北海道独特のイントネーションによる【そだねー】。「氷上のチェス」とも呼ばれ、高度な戦略が必要なカーリング。そのため、どこのストーンをどうショットするかなどを、試合中にチームで会議を行い、その戦術の工程もテレビで中継された。その中で、LS北見の本橋麻里選手、鈴木夕湖選手、吉田夕梨花選手、吉田知那美選手、藤澤五月選手らは「こっちいってみよっか?」「そだねー」「ナイスー!」など北海道特有のイントネーションによる穏やかな口調で作戦会議。見事に銅メダルを獲得した。

 人気の要因は、「そうだね」と共感を示す言葉だけに、汎用性が高い点。芸能人もTwitterで使用する機会が多く、有吉弘行は「スウェーデンに勝利だねーナイスだねー そだねー」とツイート。さまぁ〜ずの三村マサカズも「行けるよ、カーリング!やっぱり面白いわ。駆け引きが。あつめでもいいよねー!そーだねー」と投稿していた。

 アンケートでも「日常的に使えるし、わざとらしくなくて、聞くとにっこりしてしまうから」(千葉県/40代・男性)、「普段の会話でも使うようになったから」(神奈川県/20代・女性)など、日常的に使える言葉として人気に。「一番ポジティブな感じだし、実際話題にもなったから」(埼玉県/30代・男性)と、方言ならではの気取らず、飾らずスポーツに打ち込む姿も含めて評価されたようだ。

 長時間となる試合だけに、合間に食事を摂ることもあり、その食べている姿は「もぐもぐタイム」と呼ばれ、こちらも6位にランクインした。

ストイックさとコミカルさを併せ持つサッカー界の名言「大迫、半端ないって!」

  • 大迫勇也選手(C)ORICON NewS inc.

    大迫勇也選手(C)ORICON NewS inc.

 2位は【大迫、半端ないって!】。6月の『2018FIFAワールドカップ』で、強豪国であるコロンビアに日本は2-1で勝利するというジャイアントキリングを実現。その試合でヘディングシュートを決め、守備でも活躍した大迫勇也選手を称える言葉として、SNSなどで使用された。

 元々は、2008年の『第87回全国高校サッカー選手権大会』で、当時18歳だった大迫選手は歴代最多得点となる10ゴールを記録。その姿に滝川第二高校のDF兼主将が、試合後のロッカールームで悔し涙を流しながら「大迫、半端ないって!」と訴える姿がインパクトを呼び、10年の時を経て再びブレイクした。続く「後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん…」「そんなん、できひんやん普通」などのワードもネットでバズり、非公式ながらTシャツなどのグッズも販売されるなど、一大ムーブメントとなった。

 ユーザーからも、全力で戦ったからこそ敵チームの健闘を称え、“真のスポーツマンシップ”を感じる言葉として、大絶賛の声が多数寄せられた。「ワールドカップの時に普段サッカーを観ない人や、それまでこのセリフを知らなかった人でも使っていたし、ワールドカップが終わってからも何かと半端ない場面で使われている気がするので」(愛知県/30代・女性)と日常的にも使用されており、“本気ゆえの面白さ”も人気だ。

“平成最後”の日々を彩った流行語が各界から続出!!

 そのほかの順位を振り返ってみると、3位にランクインしたのは【アムロス】。歌手・安室奈美恵さんの引退を惜しみ、多くのファンが喪失感に駆られたことから生まれた。90年代に数多くのヒット曲とファッションで「アムラー」を巻き起こし、10代から変わらぬスタイルと小顔で、幅広い層の女性たちからロールモデルとして支持を受けていることが伺える。

 数々の偉業を打ち立てた歌姫には、「安室奈美恵の引退は平成最後の大事件だから」(愛知県/40代・女性)、「歴史的な出来事だと思うから」(東京都/20代・男性)など、その影響力の大きさへの敬意と引退を惜しむ声が多数だった。
  • ドラマ『おっさんずラブ』で春田を演じた田中圭 (C)ORICON NewS inc.

    ドラマ『おっさんずラブ』で春田を演じた田中圭 (C)ORICON NewS inc.

 5位はドラマから唯一ランクインした【おっさんずラブ】。4月期にテレビ朝日系『土曜ナイトドラマ』枠で放送の連続ドラマ。モテない会社員の春田創一(田中圭)が、上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)の2人の求愛。男性同士の“ピュアすぎる”恋心に世の女性たちが熱視線を送った。

 なかでも田中は過去の写真集が増刷されるなど一躍人気俳優としてブレイク。「ドラマも観て大変面白かったが、反響の大きさとその後いろいろな分野に派生してブームが続いているので」(神奈川県/50代・女性)などの意見があった。
  • ひょっこりはん (C)ORICON NewS inc.

    ひょっこりはん (C)ORICON NewS inc.

 8位は今年大ブレイクを果たし上半期の“顔”となった【ひょっこりはん】。リズムに合わせて“ひょっこり”顔を出す芸で一躍人気者に。乃木坂46・白石麻衣、嵐・二宮和也、俳優・斎藤工など名だたる有名人が番組などで披露して、知名度を上げた。誰でも真似しやすい芸で「どのチャンネル付けていても、見ない日がなかったり、芸能人がよくマネをしていたから」(東京都/40代・男性)とCMにも起用されたことから、頻繁に見かけたという声が多数あった。
 同率8位には【ダサかっこいい/U.S.A.】もランクイン。90年代から活躍し、現在は7人組として活動しているDA PUMPが、6月6日に発売した新曲「U.S.A.」。ユーロビートに乗せて、ボーカル・ISSAによるハイトーンボイスを轟かせた楽曲が「中毒性が高い」、「ダサかっこいい」と、ネットを中心に話題に。サムズアップして踊る振り付けは“いいね!ダンス”として、SNSなどでも拡散された。

 実力がありながら、雌伏の時を経て大復活したDA PUMPには「数年ぶりに復活したDA PUMPとして、もはや国民の脳裏に残る歌とダンスだと思いました」(東京都/30代・男性)など惜しみない賛辞が送られた。

 1位の「そだねー」が象徴するように、共感を表し、人々の琴線に触れるワードが並んだ流行語の数々。SNSなどにも思わず書き込みたくなるインパクトと高い汎用性を兼ね備えたワードが今年の上位予想として選ばれた。因みに、昨年の『ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞は「インスタ映え」「忖度(そんたく)」。果たして今年はどの言葉が大賞となるのか? “滑り込み”で新たなワードが生まれる可能性も期待しつつ、本発表を待ちたい。

2018年 “新語・流行語”大賞 大予想

そだねー(平昌五輪・女子カーリング)

  • オリンピックで活躍したから(大阪府/30代/男性)
  • カーリングが有名になったきっかけの言葉(兵庫県/20代/女性)
  • 緊張感ある中でも、なぜかほっこりできたので(千葉県/50代/男性)

そだねー(平昌五輪・女子カーリング)

1

大迫、半端ないって!

  • ついつい口にしてしまうから(大阪府/50代/女性)
  • ワールドカップで大活躍だったから(東京都/20代/男性)
  • Tシャツと、合わせてインパクトがあった(千葉県/40代/女性)

大迫、半端ないって!

2

アムロス

  • やっぱり安室ちゃん引退は日本を震わせた(神奈川県/10代/女性)
  • 偉大な功績を残して引退して伝説になったから(東京都/30代/女性)
  • 一つの世代が終わった 引退旋風がすごかった(熊本県/20代/女性)

3

平成最後の夏

  • Twitter上でこの言葉をたくさん見たから(栃木県/10代/男性)
  • 平成が終るのは本当で今年しかないから(静岡県/30代/女性)
  • 感慨深いから(奈良県/30代/女性)

4

おっさんずラブ

  • 新しい時代にふさわしいドラマだった(東京都/10代/女性)
  • Twitterで世界トレンドに2回も入りすごくハマった(神奈川県/50代/女性)
  • おっさんずラブ大好きなので期待を込めて(京都府/30代/女性)

おっさんずラブ

5

もぐもぐタイム(平昌五輪・女子カーリング)

  • おやつの時間によく使っているから(千葉県/30代/男性)
  • アスリートの可愛らしい一面も知れる機会だった(神奈川県/20代/女性)
  • 表現も映像も可愛いので(新潟県/40代/男性)

もぐもぐタイム(平昌五輪・女子カーリング)

6

金農(金足農業)

  • 夢中になって真剣に応援してたから(東京都/50代/男性)
  • 甲子園を沸かせた学校だから(東京都/30代/女性)
  • 勝ち上がっていく勢いが凄かった(千葉県/40代/女性)

7

ひょっこりはん

  • 「はい、ひょっこりはん!」だけでウケる(神奈川県/30代/女性)
  • みんなマネをしているから(沖縄県/20代/男性)
  • インパクトのある芸人で言葉だけでも話題(福井県/10代/女性)

ひょっこりはん

8

ダサかっこいい/U.S.A

  • 幅広い世代が認識してて今年最も長いブーム(富山県/20代/女性)
  • 曲がこんなに流行したのは久しぶりだから(福井県/50代/男性)
  • DA PUMPの再ブレイクは嬉しい(兵庫県/30代/男性)

ダサかっこいい/U.S.A

8

SHOWタイム

  • 現地も熱狂させる実力を証明したから(埼玉県/30代/男性)
  • アメリカで大活躍していたため(岩手県/30代/男性)
  • 大谷選手の活躍がめざましいから(兵庫県/40代/男性)

SHOWタイム

10

【調査概要】
調査時期:2018年9月25日(火)〜10月1日(月)
調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ
【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!