アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 健康ブームに一石を投じる? サンド伊達の「カロリーゼロ理論」に好反響

健康ブームに一石を投じる? サンド伊達の「カロリーゼロ理論」に好反響

 お笑いコンビ・サンドウィッチマン伊達みきおの持ちネタ「カロリーゼロ理論」がじわじわと人気を集めている。番組内で披露する度にSNSで話題になり、この夏はまさかの楽曲化にまで発展する事態に。受け入れられる背景を考えると、本人にその意図はなくとも、近年の“健康ブーム”へのアンチテーゼとして機能している気配もありそうだ。

カロリーは真ん中に集まるからドーナツはカロリーゼロ!? 無茶苦茶だけど思わず納得してしまう

 伊達は2017年10月15日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」企画でカロリーゼロ理論を初披露。「カロリーは真ん中に集まる、ドーナツは真ん中が空いているからカロリーゼロ」「カステラは潰せばこんなに小さくなる、これが太るわけない(潰した時にカロリーがふわっと飛んでいくので、副流カロリーにはご注意)」など、むちゃくちゃだけど面白い理論が反響を巻き起こした。

 人気はじわじわと広がり、別企画でも伊達が度々カロリーゼロ理論を展開。2017年11月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では、「カロリーは熱に弱いから110℃以上になると出ていっちゃう(だからカロリーゼロ!)」と話して、笑いを誘ったほかにも、7月5日放送の同番組「草野球たのしい芸人」では「カレーのカロリーととんかつのカロリーが一緒になると、カロリー同士がぶつかり合って、ケンカするんで(カツカレーは)ゼロです!」と強引な理論を展開。番組の垣根を超えて披露したネタが浸透してきているのだ。

まさかの楽曲化! MONKEY MAJIKがシングルカットする事態にまで発展

  • ライブで楽曲を披露するMONKEY MAJIK とサンドウィッチマン

    ライブで楽曲を披露するMONKEY MAJIK とサンドウィッチマン

 先述の7月5日の放送に関してSNS上で「伊達のカロリーゼロ理論キター!」など数々の投稿が寄せられて、盛り上がった。ネット上では一般ユーザーが「砂糖を塩で中和するからカロリーゼロ」「麻婆豆腐は飲み物なのでカロリーゼロ」「今川焼は“0(ゼロ)”のように丸いからカロリーゼロ」などオリジナルのカロリーゼロ理論を投稿して、“大喜利化”していた。

 その反響は音楽界にまで発展。月9ドラマ『西遊記』(2006年・フジテレビ系)の主題歌「Around The World」を手がけ、サンドの出身地・宮城県仙台市を拠点に活動して、かねてから親交のあったアーティスト・MONKEY MAJIK がカロリーゼロ理論を楽曲にすることが決定。「カロリーゼロ理論」を歌詞に散りばめ、「歌えば痩せる!?曲」をコンセプトに 伊達の相方・富澤たけしの食リポの決め台詞である「ウマーベラス」をタイトルとした。この楽曲は「MONKEY MAJIK×サンドウィッチマン」名義で8月31日に配信シングルとしてリリースすることになり、芸人のネタをアーティストが楽曲化するレアな事例となった。さらに地元・仙台の冠番組『サンドのぼんやり〜ぬTV』(東北放送)の主題歌にも決定。仙台で先月行われた『TBC夏まつり2018』で同曲が披露され、イベントMCのサンドウッチマンは「目標はやっぱりこの曲で年末の紅白歌合戦出場でしょう!」と怪気炎をあげていたのだ。

ジワる背景に…行き過ぎた“健康ブーム”へのアンチテーゼとして機能?

 伊達のカロリーゼロ理論が受け入れられている背景に、現在の “健康ブーム”の影響もありそうだ。さまざまなジャンルの食品で「ローカロリー」「ゼロカロリー」「低糖質」などの商品がまん延している。生活家電にも、低糖質炊飯モードを搭載した炊飯器を各社で販売。タイガー魔法瓶は低糖質米の代替食品「とらひめ」をライザップと共同開発に至っている。大手レシピサイトでも、低糖質メニューレシピの投稿が増加し、ビールも糖質カット商品を各メーカーが競って販売。コーラや缶コーヒー、さらにノンアルコールビールまで“トクホ(特定保健用食品)”が出る時代に。だが、その健康ブームも一周して、アンチテーゼともいえる高カロリー商品が出現しており、それが話題に上がっている一面もある。

 カロリー度外視の巨大なサンドパンを販売する北海道のコッペパン専門店「でぶぱん」が連日行列を成していて、その様子が『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)で取り上げられた。そのほかにも、2142Kcalの超大盛りペヤング「ペヤング ソースやきそば 超超超大盛 GIGAMAX」や、エースコックの二郎インスパイア系カップ麺『スーパーカップ1.5倍 ラッキーカロリー777 豚骨醤油ラーメン』は「アブラマシマシ」「777Kcal」と、“カロリーの高さ”を特徴化する商品も発売されている。

 過剰なまでの健康ブームの浸透に辟易したユーザーにとって、そのアンチテーゼとして、“高カロリー商品”が話題に上っているのではないだろうか。「カロリーゼロ理論」も同様に、サンドウィッチマン伊達の意図していない部分で「わかるわかる、カツカレーつい食べすぎちゃうよね」といった視聴者の“食いしん坊ゴコロ”を刺激しているのだろう。

サンドウィッチマンの好感度と、経年劣化しない食いしん坊ネタの相乗効果

 サンドウィッチマンは“アンチゼロの最強芸人”と言われる。『週刊文春』『日経エンタテインメント!』などさまざまな「好きな芸人ランキング」で上位にランクイン。同業のお笑い芸人・土田晃之は「サンドのこと嫌いなやつ、同業者で聞かないしさ」「後輩から文句が出ることもないし、すごい良いもんな」と、業界内でもふたりの好感度が高いことを証言する。7月10日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも、サンド本人は「好感度がね、なぜか僕ら高いんですよ。ここまで高いとですね、やっぱ一般のかたにもすごくいじられますし、同じ業界でも(好感度を)落とそうとする人がいるんですよ」と高すぎる人気ゆえの苦労も明かしていたほど。

 そんな、ほっこりとした平和な笑いが持ち味であるサンドウィッチマンの好感度の高さと、普遍的な題材で共感を得やすく経年劣化しづらい“持久力”がある食いしん坊ネタが相まって、カロリーゼロ理論は受け入れられているのだろう。また、息の長いネタになりそうな「カロリーゼロ理論」により、新たな展開の可能性もある。

『帰れマンデー・見っけ隊!!』(テレビ朝日系)などで富澤が披露する「ウマーベラス」の食レポ決め台詞も人気だが、カロリーゼロ理論と掛け合わせた伊達の“食レポ芸”も面白そうだ。近年、食レポ分野ではマツコ・デラックスが注目を集めているが、伊達がダークホースになる可能性も…とは言い過ぎだろうか? また、カロリーゼロ系の新商品CMなどにも起用される可能性も大いにある。今後のさらなる広がりに期待しつつ、次なるカロリーゼロ理論の新ネタ披露を楽しみに待つことにしよう。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!