• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 配信で視聴層拡大、復活の「Vシネマ」 本宮泰風が語る「任侠作品」の未来

配信で視聴層拡大、復活の「Vシネマ」 本宮泰風が語る「任侠作品」の未来

 映画公開を目的とせず、ビデオでの販売やレンタルを主とする作品として1989年に東映がスタートした「Vシネマ」。スタートから30年が経過した「Vシネマ」は、中高年のファンから愛され、多くの作品が作られてきたが、ビデオの衰退と共に一時その存続が危ぶまれる時代もあった。だが、近年配信によって、従来のファン以外に若い女性など視聴層を広げているという。なかでもそのシーンをけん引しているのが、シリーズ37作を数えスピンオフも作られている本宮泰風が主演を務める『日本統一』。警察の暴力団への規制強化に伴う規模縮小など、現実では締め上げがきつくなっているなかで、この『日本統一』をはじめとする「任侠作品」がなぜいまだに多くの人に愛されているのか。「Vシネマ」黎明期から多くの作品に携わってきた本宮に、「Vシネマ」の現状と今後について話を聞いた。

「任侠世界」をBL的視点で見る女性ファンの存在に驚き

 1作目のリリースから6年半、37作を迎えた『日本統一』。だが本宮は当初「ここまで長いシリーズになるとは思っていなかった」と振り返る。
本宮これまでシリーズもののオリジナルビデオには多々出演してきましたが、収益面など、物理的に続けていくことが不可能になるケースが多く、『日本統一』も継続が危ぶまれた時期がありました。ただ、この作品にはとても愛着を感じていて、一役者としてだけでなく、構成や台本作りにも携わるようになりスタッフや監督を集めるなどして作り続けているうちに、何となく数字がついてくるようになって、今に至ったという感じです。

 『日本統一』は、横浜のチンピラだった本宮演じる氷室蓮司と山口祥行演じる田村悠人が、日本の任侠界でのし上がっていくオリジナルストーリー。小沢仁志、哀川翔、白竜など、日本を代表するVシネマ界のスターが続々と出演し、多くのファンを獲得して、“任侠作品界一番人気の大ヒットシリーズ”と言われるまでに成長した。
 本宮がその手応えを感じたのは、今から約2年前、U-NEXTやHulu、Netflixなどの大手配信サービスが始まった頃だと言う。
本宮DVDだけでなく、いろいろな媒体で視聴できるようになったことはとても大きかったと思います。SNSに感想を書き込む人も多く、それが人気の拡大につながったと聞いています。
 コアな任侠作品ファンやVシネマファンに支えられてきた『日本統一』だったが、配信サービスの開始によってファン層が拡大。なかには、本宮も驚くこんな現象も生まれた。
本宮配信会社から、女性のファンが多いと聞いて、とても不思議でした。僕と山口の関係を、BL(ボーイズラブ)みたいな感じで見ているらしいと聞いて、さらに驚きましたね。確かに、この作品の良いところを聞かれたら、僕と山口の関係だと思っていますし、この作品が評価されているポイントもそこにあると思っています。高校時代からの友人である僕らは、間違いなく一番のコンビであり、どんなキャストにも負けない自信がありますので。ですから、女性ファンが言わんとしていることもわからなくはないんですが(笑)。
 本宮と山口の関係はもちろん、結束の強さは他のキャストとの間にも表れている。
本宮メインキャストは皆、付き合いが長く普段から仲がいいので非常にやりやすいですし、おちゃめな人が多いので、現場はいつも笑いで溢れています。小沢さん、山口、僕のシーンではだいたいアドリブ合戦。小沢さんはテイクを重ねても、前と同じことを絶対にやらないんですよ(笑)。

 そういったことができる背景には、Vシネマ界ならではの環境もあるようだ。
本宮テレビや映画に比べて条件面でいろいろと厳しいことがあるため、タイトなスケジュールで、セリフも毎日変わったり、ろくにテストもしないまま撮るなど、すごく瞬発力を求められる場面が多いんです。ある意味特殊な現場と言える中で、皆で切磋琢磨している状態で。でも、役者にとっては自由がきく現場なので、やっていて面白いし、何より、役者として一番スキルアップできる世界だと思っています。

Vシネは“復帰”の足がかりではない 本宮が掲げるイメージのクリーン化

 コンプライアンス重視が声高に叫ばれる昨今、CMなど他への影響も考えてか、「任侠作品」への出演を敬遠する若手も多いというのが現実。だが、本宮はじめVシネマ界で活躍する役者陣はその環境を変えるための取り組みも行っていると言う。
本宮Vシネマは不祥事を起こした人たちが復帰の足がかりにする場所と思われるなど、これまでイメージ的に良くない面がありました。僕らは少しでも業界のイメージを良くしていきたいし、少しでもクリーンな世界にしたいという思いがあるので、そういうことは許さないという覚悟でやっています。小沢(仁志)さんとよく、『人間力が大事』と話すんです。まず人としてちゃんとしようと。その上で一生懸命やっていれば、評価してくれる人が現れる。そこはいつも全員が心掛けていることです。
 コンプライアンスにおいては、現実世界で警察による暴力団排除の取り組みが強化されているが、任侠作品を作る上で不自由さは生じていないのだろうか。
本宮僕らが作っているものは『実録』ではなく、あくまでエンタテインメント作品。ですから『やくざの世界を忠実に描くこと』に関しては、優先順位は低いんです。人間関係の縮図という意味で、人が集まった集団や組織は、やくざの世界も一般企業も同じです。例えば殺したいほど憎い上司がいるとか。ただ、「任侠作品」では憎い上司を殺してしまえます。もちろん現実社会では、ドラマで描くほど拳銃を使ったり、人が死んだりしないことはわかっています。でも、誰かが殺されて物事が始まったり、誰かが死んで物事が終わったりするので、物語を描く上では死は避けられないし、任侠作品は極端なことを描きやすいからこそ、視聴者に共感してもらえるのではないか。そんな思いで作っています。現実とのギャップを突いてくる視聴者もいますが、エンタテインメント作品としてのクオリティーを追求して作っていれば、最後は受け入れてもらえるということは、『日本統一』から学びました。

 その世界にハマったファンからはこんな声があると言う。
本宮タイトルから、日本を統一したら終わりだろうと思われる方も多いようで、『統一しないでください』ってよく言われるんですが、僕はそのことについては全然こだわっていないんです。統一してからも続けられる自信があるし、そういう脚本を作れる自信もありますからね。ですから、今後どうなっていくのかはあえて決めつけずに、山口や小沢さんの意見も聞きながら、続けていきたいと思っています。

 大きなエンディングを決めて、それに向かってこなすのではなく、一つひとつ目の前のことを全力で取り組み、それが積み重なっていく。それは自身の俳優人生についても同じ。
本宮俳優としての目標や野望についても何も決めていません。出会った役を、一つ一つ大切に演じていって、後はどうなるか、自分でも楽しみな感じです。

“本宮泰風芸能界最強説”の真相…本当は謝り上手?

 取材の最後に、失礼ながら「芸能界最強と言われていることについてはどう思われますか?」と聞いてみると、「いったい誰がそんなこと言い始めたんですかね…。そんなことないですよ…」と困り顔の一方で、「最強かどうか試しに、チャレンジャーがくるから面倒くさくて嫌なんです。いちいち僕らは喧嘩できませんからね。そういう時に『ごめんなさいね、すみませんね』と断り続けてたら、謝るのがうまくなりました」と笑わせる。

 その一方で、哀川翔、竹内力、白竜、小沢仁志の「Vシネマ四天王」に続く、「ネオVシネマ四天王」として、山口祥行、中野英雄、的場浩司と共に期待されていることについては、「僕が四天王と言われた方々に憧れたように、『僕らもああなれたらいいな』と思わるようにならないといけません。小沢さんからは『もっと若手を育てろ』ってハッパかけられています。Vシネマ界でメインをやらせていただいている以上は、引っ張っていこうという気持ちは常にもっています」と気概をみせる。

 「Vシネマ」の将来を担う本宮が、『日本統一』を含む、さまざまな作品で“暴れ”てくれることを期待したい。

文/河上いつ子

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

【2020】この春から新生活がはじまるあなたに、おすすめ情報満載♪ ワクワク新生活特集

 を検索