• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • スポーツ
  • 一緒に飲み、一緒に泣く 『プロ野球戦力外通告』プロデューサーが明かす密着取材の舞台裏

一緒に飲み、一緒に泣く 『プロ野球戦力外通告』プロデューサーが明かす密着取材の舞台裏

「会社をクビになって、『就活の様子を撮らせてくれ』と言われたら、僕は嫌です」

 大学時代、日本代表に入るほど注目されていた中後は、11年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団するも、4年で戦力外通告に。現役続行を希望し、トライアウトを受けるが、結果は惨敗。出産を控えた妻を気遣いながらも人生の岐路に立たされた彼に、NPB(日本プロ野球機構)球団からのオファーはなく、ついに独立リーグへ行くことを決意する。ところが番組放送後、中後のもとに、メジャーリーグからテストを受けないかという吉報が飛び込んでくる。番組を見た日本在住のスカウト関係者が、番組で紹介されたトライアウトに向かうまでのトレーニングや独特の投球フォーム、球のキレ味に注目し、メジャーリーグに売り込んだのだ。3球団から声がかった中後は、ダイヤモンドバックスとマイナー契約を締結。その後、メジャー契約まであと少しというところまで上り詰め、2018年にはアメリカでの活躍を評価され、横浜DeNAベイスターズへの入団を果たした。

「番組がきっかけで新たなチャンスが生まれ、新たな道が切り拓けるという事例が出たことが本当にうれしかったです。戦力外通告が出される10月1日、クビになった直後の選手に、ディレクターは初めましての状態で取材を申し込みます。例えば、TBSをクビになって、これから就活しなければいけないとなったときに、カメラでその様子を撮らせてくれと言われたら、僕は嫌です。でもそんな厳しい状況の中、密着取材を受けてくださる選手がいて、そのドラマを視聴者の皆様にお伝えすることができるのと同時に、選手に新たなチャンスをもたらすことができ、この番組を続けてきて本当に良かったと思いました」(菊野氏)
 もちろん、新たなチャンスは野球に限らない。最近は、番組を見た一般企業から、採用したいという連絡を受けることもあるのだという。

最近は自分がプロ野球選手だった証を残す意味で取材を快諾する選手も

 また一方で、後藤氏は選手からのこんな言葉が胸に残っているという。
「『自分がプロ野球選手として過ごしてきた最後の姿を形に遺して、子供が大きくなったときに親父はこうだったと知ってもらいたい』という思いで受けてくださる選手もいます」
 番組には、リストラされたサラリーマンや壁にはばまれている人、同じように苦境に立たたされている視聴者から、「彼らの姿を通して、次のチャンスをつかむために諦めないでどうやってがんばるかを教えられた」という声のほか、「家族の支えや温かさの大切さに感動した」、「支える側の大切さと大変さに共感した」との声が寄せられるそう。
「取材対象者は、野球選手を続けるか、夢を諦めて第二の人生を歩むかという人生の選択を突き付けられる。一人一人それぞれ背負っているものが違うなかで、視聴者がより共感してくれるような環境にある人ということで、家族がいたり、奥さんがいたり、お子さんがいたり、いろいろな方の思いを背負っている人に出演交渉しています」(後藤氏)
 今年も緻密な取材に基づいた、さまざまな想いを背負い、人生の岐路に立つ選手たちのリアルなドラマが見られそうだ。

文/河上いつ子
『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち』
TBS系 12月30日(月)22:00〜23:30
【プロデューサー】後藤隆二、鈴木栄蔵、大久保徳宏 【総合演出】小杉康夫 【語り】東山紀之

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索