ドラマ&映画 カテゴリ

菅田将暉、ドラマ現場への想い「俳優も意見を出していったほうがいい」

今後も継続していかないといけない“気づき”があった

――祐太郎役については、この作品ならではの向き合い方や取り組みはあましたか?
菅田将暉ふだんの山田さんとの感じにすごく近かったですね。山田さんとリズムが合うんですよね。そのペースがすごく心地よくて。役の話をするときもあるし、ぜんぜん関係ない昔の恋の話をしたり、その関係がおもしろくて、風まかせな感じでした。ただ、ほぼ2人でもたせないといけないので、撮影開始前は不安もあったんですけど、現場に入るといっさいなくなりました。山田さんが圭司として、どっしりと居てくれたからなんですけど、僕もそこに臆せず、いじりにいける(笑)。ドラマという放送時間が長いなかで、登場人物が少ないからこそ、回を重ねるごとにこの2人の関係性が如実に深くなっていきました。それはおもしろかったですね。

――この先のお芝居をしていくうえでの気づきになったことは?
菅田将暉いろいろありました。いちばんは作品への関わり方。僕らもどんどん意見を出していったほうがいいときがあることに気づきました。このドラマはすごく言葉を大事にしていた作品でした。人間模様を伝えるのに、温度感や肌質だけではなくて、セリフを視聴者に届けたい。キャスト、スタッフさんも含め、作品全体での明確に伝えようという意思がありました。それは今後も継続していかないといけないと思いました。すべてのドラマや映画に伝えたいメッセージがあるかというと、そうではなくて、僕は観た人の感じ方次第だと思っていたんです。だけど、この作品以降は、これを伝えたい、このためにやっているということが自分のなかですごく明確になりました。そういう確固たる軸みたいなものができるようになったかもしれないです。

――『dele』を改めて振り返るとどんなドラマでしたか?
菅田将暉よりよいものを作ろうとするなかで、たくさんの支持があった現場でした。それが結果に出ているとしたら、すべてのドラマがそうなってくれたらいいですよね(笑)。純粋にいいものを作ろうとしたら、準備が必要だし、それにはある程度の時間が必要。このドラマにはそれがありました。本作で主演男優賞で表彰されるのであれば、ただ表彰されることが僕らの意思ではないので、そういう結果が少しでもドラマ制作におけるなにかに貢献できているといいですよね。

提供元: コンフィデンス

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索