• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 炎上やまぬYouTuberカジサック、ゴールはどこに?「自分から燃やそうとは思ってない」

炎上やまぬYouTuberカジサック、ゴールはどこに?「自分から燃やそうとは思ってない」

「芸人がYouTubeやるなら、テレビに出てる時よりおもしろくないといけない」

――キングコング梶原とカジサック、その意識の切り替えはどのようにされているのですか?
カジサック切り替えというか…。おそらく「素」に近いのはカジサックのほうだと思うんですよ。もともと、お笑いの世界に入ってきたのも、実はカジサックなんです、きっと。本来の梶原雄太の中身ですから。それが芸能界、芸人界の荒波に揉まれて、最近ではテレビに出られる機会も減ってきて、気がついたらどんどん自分が小っちゃくなっていって。で、キングコング梶原っていうのもどんどん小さくなって。だから、本来の自分のポテンシャルが出せているのはカジサック。そういう意味で「素」に近い。漫才もずっと変わりなく続けてきてはいるんですけど、カジサックというYouTuberになって、より漫才も楽しく、おもしろくやれているなと思います。これは良い影響だと思います。

――地続き、という感覚でしょうか。
カジサック僕のなかでは、むしろ距離はあらねばならないと思ってますけどね。YouTuberカジサックは、より自由なこと、今の地上波テレビではできないようなことができます。テレビって結局、放送作家さんだったりディレクターさん、プロデューサーさんはじめいろんなスタッフさんが関わるなかで、いろんな方々の助けを基盤にタレントさんが役割を演じたりパフォーマンスする。でもYouTubeの場合は全部、自分で考えられる、それはデカいですよね。自分のパフォーマンス、ポテンシャルが全部出せる。それは僕のポテンシャルが特別すごいとかいう話ではなくて、僕は基本的にお笑い芸人さん全員、すごくリスペクトしてて。みんなめちゃくちゃおもしろいんですよ。でもそのおもしろさを今、全部は出せてないんです。だから僕はこれからいろんな芸人さんにYouTubeやってほしいし。そのためにも、もっともっとカジサックに影響力をつけなきゃいけないと思ってます。

――すでにたくさんの芸人さんやタレントさんが、YouTubeでの活動も展開しているように思うのですが。カジサックさんとの決定的な違いは?
カジサックうーん、これは上から目線に聞こえるかもしれませんが、本気かどうか、でしょうね。たとえば芸人がYouTubeやるなら、絶対条件として、テレビに出てる時よりおもしろくないといけないんです。YouTubeのお客さんはむちゃくちゃデリケートというか、適当にやってたり、手抜き感があると、すぐバレるんですよね。1ミリでも手抜き感がバレると、もう観ない。厳しいです。どこか「YouTubeってこういうのでいいんでしょ」「これやってたらいいんでしょ」みたいな感じが出ると、もう絶対だめなんです。今の地上波のテレビでは、なかなかお笑いのスターが生まれにくいと思うんですよ。でもYouTubeでは誰もがスターになれるし、どんどん芸人もやればいいと思う。100%本気でつくったら、絶対におもしろくなるはずですよ。

「YouTubeと芸能界の間に橋を作ってるつもり」

――現在、ほぼ毎日、動画のポストが続いています。動画スタッフの規模感はどのくらいでの作業ですか?
カジサックけっこう入れ替わりもあるのですが、チームを統括するボスとディレクター陣を固めるボスがいて、いろんな制作会社やフリーのディレクターさんを入れて動かしてくれている。でもやっぱり合う・合わないはあるんで、すぐに抜ける人もいるんですよ。東京・大阪チームで。だから変動制ですよね。僕、むしろ会ったことない人のほうが多いかもしれないです(笑)。ただ、撮影自体はディレクターなしでやってますんで。その素材に対しては、指示は出してますよ。カメラ=声のみ出演で僕にツッコミ入れたりする人という、基本的には2人体制で撮ってて。収録しながら、合間で全部、ここはこうしてください、という方向性やアイデアは編集陣へのメッセージとして記録しながら撮ってる。基本的に、テレビでいう総合演出にあたるボスが、Aさんというディレクターさんの編集した映像を統括ボスに投げて、GOを出すかどうか最終チェックは僕がする体制。でも、ほぼほぼそのまま、1点か2点くらいの修正点があるかな、くらいで現状はすごくよく意図を汲み取って仕事をしてもらってますね。

――このペースだと、100万人は春頃には達成してしまいそうな勢いですね。
カジサックさっきもいいましたけど、このまま行くわけがないと常にどっかで思ってますんで。ここから先が、もっともっと大変になると思う。でも、実は100万人というのは、影響力がやっとついたかな、という一段やっと登れるという意味での設定なんですよ。うまく登れたとしたら、その地点からまた別のスタートだと思ってます。思いとしては、僕がYouTubeの世界に参戦することで、YouTubeと芸能界の間に橋を作ってるつもりなんです。影響力という橋。ふだん、YouTubeのお客さんはテレビ観てないんです。そういう人たちが「こんだけおもしろいんやったらテレビ観よう」と思ってくれたり、その逆も然りで、やっぱりwin-winじゃないと。カジサックきっかけでテレビから橋を渡ってYouTubeをやる芸人なりお客さんなりが増えれば増えるほど、他のYouTuberの人たちにもチャンスやし。しんどいしことはしんどいんですけど、それ以上に楽しい。だから続けていけてるんだと思います。やりがい、めちゃめちゃありますよ。
(文/及川望)

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索