紅白歌合戦 2021年の出演者を発表、初出場は上白石萌音、Snow Manなど

(C)NHK

 紅白歌合戦の出演者が発表された。2020年は無観客で開催されたが、2021年の『第72回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:30〜11:45 総合ほか※中断ニュースあり)は2年ぶりの有観客開催。初出場となるのは、紅組Awesome City Club上白石萌音BiSHmillennium parade×Belle(中村佳穂)の4組。白組KAT-TUNSnow ManDISH//平井大布袋寅泰まふまふの6組。出場歌手は44組(うち特別企画1組)、初出場は10組。司会は、俳優の大泉洋と川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサー。

 今年のテーマは「Colorful〜カラフル〜」。その理由を「去年から続く新型コロナのために、わたしたちの日常の暮らしは変わりました。なんとなく彩りの欠けた日々や景色が、当たり前のことになってしまいました。そんな時代だからこそ、2021年最後の夜は世の中を少しでも「カラフル」に彩りたい、わたしたちはそうした思いを込めて、紅白をお届けします」としている。また、「カラフル」には多様な価値観を認め合おうという思いも込められているとのこと。「あらゆる色が集い、重なり合い、称え合い、素敵な大みそかを彩る。それが今年の紅白です」とし、“カラフル”特別企画として、松平健が「マツケンサンバII」を披露する。

 司会は、俳優の大泉洋川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが務める。今年から、「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼び方を「司会」に統一している。

『第72回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索