• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

第13回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング

第13回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング

 コロナ禍でリモートワークが実現したからこそ、男性も髪型や髪色を遊ばせたり、筋トレに励んだり、スキンケアを学ぶなど見た目に気を遣う男性が増えている。美意識が高まっている現代の男性たちは、どんな顔に憧れを抱いているのだろうか。ORICON NEWSでは、恒例企画の『第13回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング』を発表。その結果、【竹野内豊】が2年連続で1位に輝いた。
※福山雅治は2013年に同ランキング5連覇を達成し殿堂入り。

昨年に続き1位キープ 全世代の男性がなりたい“渋顔”

 上位の常連である【竹野内豊】は、昨年に引き続き首位を戴冠。50歳となった今年は、4月クールの月9ドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系)では自ら現場に赴いて事件を調査する“型破り裁判官”を好演。月9に約11年ぶりの主演で同枠では織田裕二以来、4人目の50代での主演となった。また、ドラマ『さまよう刃』(WOWOW)では、娘を殺されて虚しい復讐心に燃える男を演じて新たな一面を見せ、話題に。

 “渋顔”の代表格として、年齢を重ねた分だけ、さらに洗練された渋みを見せている点が人気の理由。特に30代以上の男性から熱狂的な支持を獲得し、「若いときもめちゃめちゃかっこいいのに年齢を重ねてもかっこいいのはすごい」(東京都/30代)、「男らしさと優しさを兼ね備えた顔立ち」(埼玉県/50代)と称賛の声が多数寄せられた。

 その一方で見た目が変わらないとの声もあり、「渋い。『ビーチボーイズ』の頃から渋かったけど、歳を取らない」(広島県/30代)との意見も。さらに「あの顔になれば、あの声になれるかも」(大阪府/50代)と、ビジュアルだけでなく、渋い声もなりたいと思わせる要因のひとつのようだ。

「優しさがにじみ出た犬顔」40代・50代から支持集める

 【西島秀俊】もランキング常連であるが、昨年の6位から一気に順位をあげ2位に登場。今年は多数の作品に出演。映画では『劇場版 奥様は、取り扱い注意』、『ドライブ・マイ・カー』、公開中の『劇場版「きのう何食べた?」』のほか、12月30日公開の『99.9 −刑事専門弁護士-THE MOVIE』も控えている。

 ドラマではNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』、ドラマ『シェフは名探偵』(テレビ東京系)に出演。現在は、主演ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)が放送中であり、同作では突如失踪してしまった家族を捜索する、悲劇(疑惑?)の夫を演じている。

 映画やドラマなど、引く手あまたの西島。演技力はもちろん、50歳でありながら、子犬のような屈託のない笑顔が魅力で、シャープな印象になりすぎないところが、同性から“なりたい”と思わせる要因。「犬顔で格好良く、優しさも感じる顔がよい」(埼玉県/30代)、「いつもニコニコしていて優しそうでかっこいい」(東京都/40代)と讃えられた。プロモーションでバラエティに出演して気さくな素顔を見せた点もこれらの意見に結びついている。

 8月に発表したORICON NEWSによる『男性が憧れる“理想のボディ”ランキング』でも、2位にランクイン。鍛え上げられたボディにも羨望のまなざしが向けられている。「優しくて細マッチョ的な感じが良い」(千葉県/40代)、「顔立ちが好きすぎます! 肉体も美しいですし、なりたいです!」(大阪府/30代)との声もあった。

“カッコかわいい”コミカルも映える絶妙バランス

 昨年5位からTOP3入りを果たしたのは【妻夫木聡】。CMでの露出が目立ち、宝くじ「ジャンボ宝くじシリーズ」では吉岡里帆、今田美桜、成田凌らのお兄ちゃん役や、マクドナルド「ごはんバーガー」では志尊淳の先輩、と若手俳優と共演しても、年齢差を感じさせず爽やか、かつコミカルな演技を見せている。

 妻夫木ならではの柔和な笑顔に「優しさとかっこよさが溢れているから」(大阪府/20代)、「爽やかなイケメンなので」(岐阜県/30代)と本人より年下の男性たちからも賛美の声が。昨年開設した公式インスタグラムも44万人のフォロワーを有し、コンスタントに更新。オフショットも豊富で、若い世代からも親しまれている。

 その一方、8月13日放送のドラマ『しかたなかったと言うてはいかんのです』(NHK総合)では、太平洋戦争末期に起きた「生体解剖事件」を起こした医学部助教授役で骨太の演技を見せた。新たな姿も見せる妻夫木に「爽やかで誠実な印象の笑顔が素敵だから」(東京都/50代)、「可愛さとカッコよさとエロさを兼ね備えて完璧」(東京都/30代)という声もあり、40代に入り大人の色香も今後より強く感じそうださせてくれそう。

20代のランクインは『キングダム』コンビ「男性から見ても美しい顔」

 40代以上のランクインが目立つが、20代でTOP10入りしたのは【吉沢亮】と【山崎賢人】の2名。彼らは映画『キングダム』でも共演した仲であり、同じ年として今後の演劇界を背負っていく存在でもある。

 昨年の7位から4位にランクアップした【吉沢亮】は、今年はNHK大河ドラマ『青天を衝け』にて渋沢栄一役で初出演、初主演し、俳優としても大きく飛躍した年となった。『ViVi国宝級イケメンランキング』では殿堂入りも果たしており、女性からも絶大な人気を博す吉沢。「顔のパーツ一つ一つが整っていて誰が見てもかっこいいと思う顔立ちだから」(滋賀県/20代)との顔面偏差値の高さが評され、10〜20代では首位に輝いた。
 昨年は圏外だったものの、同ランキングの常連の【山崎賢人】は8位。昨年12月にNetflixで放送された土屋太鳳とW主演のドラマ『今際の国のアリス』は大きな話題に。中国最大のソーシャルメディア『WEIBO(微博)』で活躍する日本の著名人らを表彰する『WEIBO Account Festival in Japan 2020』では最優秀俳優賞を受賞。「男性から見てもとても美しい顔でバランスが良いから」(神奈川県/30代)、「少女漫画の主人公みたいに整った顔だから」(茨城県/30代)と支持を集めた。

 TOP10を振り返ると、昨年よりも渋みを増した俳優たちがランクインし傾向に。竹野内豊、西島秀俊は50歳、藤木直人も49歳とアラフィフで、妻夫木聡は40歳、玉木宏、ディーンフジオカは41歳とアラフォーと円熟味のある顔ぶれが並んだ。「なりたい顔」というと若いイケメンを選びそうなものだが、同性から支持を集めるのは、人生経験が現れた“大人の男の顔”という結果となった。
【調査概要】
調査時期:2021年10月13日(水)〜10月18日(月)
調査対象:計500名(自社アンケートパネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男性)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索