アニメ&ゲーム カテゴリ

「好き」という気持ちが武器になる 吉沢亮×山下大輝のヒロアカ対談

 人気漫画『僕のヒーローアカデミア』(通称:ヒロアカ)のアニメシリーズの劇場版第3弾『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』(8月6日公開)。ゲスト声優として本作のキーパーソン、ロディ・ソウルを演じた吉沢亮と、2016年に始まったTVアニメシリーズ以来、主人公・緑谷出久(通称:デク)を演じる山下大輝が、本作の面白さ、“ヒロアカ”の魅力を語った。

 原作者・堀越耕平が総監修&キャラクター原案を手がけた本作では、冬のヒーローインターン中に巻き起こる劇場版オリジナルのストーリーが描かれる。世界中の“個性”保持者の殲滅(せんめつ)を目論む謎の集団・ヒューマンライズから人々を救うため、全世界からヒーローが集結し、“世界選抜ヒーローチーム”を結成。インターン中だったデク・爆豪勝己(CV:岡本信彦)、轟焦凍(CV:梶裕貴)をはじめ、雄英高校ヒーロー科の生徒たちもメンバーとして加わり、プロヒーローたちと共に世界の危機に立ち向かうストーリー。

 日本から遠く離れた国<オセオン>で作戦行動中、デクはある事件に巻き込まれ、異国の地で指名手配されてしまう。その事件をきっかけに出会ったのが、幼い弟妹を養うため、運び屋をしていた少年ロディだった。
  • ロディ(CV:吉沢亮)(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

    ロディ(CV:吉沢亮)(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

  • 右端が緑谷出久(CV:山下大輝)(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

    右端が緑谷出久(CV:山下大輝)(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

――いろんなところでヒロアカ愛を語ってきたそうですが…。

吉沢そもそも僕は「週刊少年ジャンプ」が好きで、『僕のヒーローアカデミア』は連載開始の1話目から読んでいたんです。その後、一人暮らしをはじめてから「ジャンプ」を買わなくなってしまって1回離れたんですけど、ヒロアカがアニメ化されることになって。アニメを見たら、ヒロアカ熱が再燃して、単行本を1巻から買い直しました。ここまでガッツリハマったのはどちらかというとアニメがきっかけです。アニメだからできる表現があるじゃないですか。映像とか効果音とか音楽とか、それが超かっこいいと思って。

山下そう言ってもらえると、アニメに携わっている者として、すごくうれしいです。ヒロアカのことが好きな人たちで作ってきた作品ですし、これからも大切に作っていきたい作品。だから、今回ヒロアカ愛を持った吉沢さんに参加してもらえて、安心したというか、もうひとり仲間が増えてうれしかったというか。「好き」という気持ちは、超強い武器になると思うんです。好きだからこそ発揮できる力がある。吉沢さんからそれをすごく感じました。

――ゲスト声優としてロディ役を演じていかがでしたか?

吉沢大好きなヒロアカの世界に自分も存在できるということだけでも相当うれしかったんですが、台本をもらって、びっくりしました。敵<ヴィラン>のうちの一人かな?と思っていたので、まさか、デク・爆豪・轟の3人と行動を共にするなんて! その喜びは半端なかったです。しかも、重要な役回りだったので、自分に務まるのか、というプレッシャーも頭をよぎりましたが、アフレコ中はただただ楽しかったです。山下さんと二人で収録したのですが、隣にデクを感じながら、ものすごく充実した時間でした。

山下僕も台本を読んでびっくりしました。今回のデクは、ずっとロディとしゃべっているなって(笑)。アフレコは吉沢さんと一緒にできて本当に良かったです。雄英生たちとは趣の違う掛け合いができて、僕もものすごく楽しかった。デクにとって、ロディは生まれも育ちも全く異なるまさに異国の人。ロディが身にまとっている独特の空気感と、吉沢さんのオリジナリティがすごくリンクしていたと思います。
――アクションシーンも満載ですね。

【山下】そうなんですよ。序盤から山場の連続。序盤も序盤、ロディとデクが初めて出会うシーンでは、デクの追跡から逃げるロディのアクションがとても軽快で、スタイリッシュ。背景も丁寧に描かれていて、ロディが普段どんな暮らしをしているのか、想像が膨らむようなアクションシーンになっています。それ以降も多くの出来事が小気味よく描かれていき、ラストまでまさに怒とうの展開です。

――アクションシーンの演技は難しかったのでは?

吉沢難しかったです。僕はどちらかというと、「うわっ」と受ける芝居がほとんどだったのですが、相手はどれくらいの勢いで飛びかかってくるのか、ロディはどれくらいビビっているのか、そのバリエーションをつけるのに苦労しました。となりの山下さんのお芝居を聞いて、「これがプロだ」と何度も思いました。アフレコを楽しみにしていたし、自分なりにいろいろ準備して臨んだのですが、レベルの違いを見せつけられて、ちょっと凹みました。演出も難しくて、必死に食らいつくしかなくて、大変でした。大変でしたけど、楽しかった。

山下ゲスト声優の方に対する指示じゃなかったんですよ、本当に(笑)。それに応える瞬発力が吉沢さんにはあったから、どんどんハードルが上がっていって、100%いや120%いけるでしょ、って。プロの声優と同じレベルのダメ出しが出てましたからね。はたから見ていても、吉沢さんに対する期待の大きさが感じられました。

吉沢それはすごくうれしかったというか、手を抜かれているな、って感じはなかったです(笑)。自分を信頼してくれているのかな、といううれしさはやっててありました。

山下この映画を観た人はみんなロディのことが好きになると思う! それくらい魅力的に演じていたと思います。最高でした。

吉沢そんな! 照れちゃう(笑)
――ロディはどんなキャラクターだと思いましたか?

吉沢幼い弟妹のために生きているような少年で、お調子者でひょうひょうとしているんですが、本心はなかなか明かさないところがある。境遇のせいかもしれないんですけど、なかなか人を信用できなかったり、とりあえず他人に対して心の壁を作ってしまったりするロディの繊細なところに共感しました。

――デクは人を助けようする意志が人一倍強いキャラクターですが、今回の劇場版はいつも以上に頼もしく見えました。

山下それは、今回の映画ならではというか、ロディから見たデク、ロディから見たヒーローというのが描かれているからだと思います。これまでは、デク主体で物語が展開していくお話が多かった中で、ロディという別の視点が加わることで、いままで見えなかった一面が見えるんだと思います。デクと出会った頃のロディは、ヒーローに対してすら不信感を抱いているところがあった。そんなロディの目にデクはどう映り、共に行動するうちにどう変わっていったのか、いままでと少し違ったデクが見られて、僕も新鮮でしたし、面白かったです。デクのヒーローとしての資質が、より濃く鮮明に描かれていると思いました。

吉沢デクの視点だったら心の中の動揺や焦りが描かれるような場面でも、ロディから見ればデクの背中は十分頼もしくて、ヒーロー然としている。

山下いつものように、悩んだり、慌てたりしているデクではなく、ロディというフィルタを通したデクを演じるのは、難しかったです。

――もし、またヒロアカに出演する機会があったら?

吉沢次はヴィランをやってみたい。救いようがない超悪いキャラクターを演じてみたい。

山下その気持ちわかる気がする。でも、僕的にはずっとロディでいてほしいです(笑)

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』

全国東宝系にて公開中

原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦

声の出演:
山下大輝、岡本信彦、梶裕貴、
稲田徹、中村悠一、三宅健太/佐倉綾音、増田俊樹、悠木碧、細谷佳正、真堂圭
中井和哉 吉沢亮  ほか

(C)2021「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索