• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • 【オリコン上半期ランキング2021】Snow ManとSixTONESが、合算シングル・アルバムで首位、Adoや優里らニューカマーが配信ブレイクも

【オリコン上半期ランキング2021】Snow ManとSixTONESが、合算シングル・アルバムで首位、Adoや優里らニューカマーが配信ブレイクも

 2021年上半期の音楽ソフトのセールス動向をまとめた『オリコン上半期ランキング2021』が発表された。
【合算シングル】 1位〜10位
【合算アルバム】 1位〜10位
【シングル】 1位〜25位
【アルバム】 1位〜25位
【デジタルシングル(単曲)】 1位〜10位
【デジタルアルバム】 1位〜10位
【ストリーミング】  1位〜10位
【カラオケ】  1位〜10位 
集計期間:2020/12/28付〜2021/6/21付(2020/12/14〜2021/6/13)
 CD、デジタル、ストリーミングの売上をポイント化した「合算シングルランキング」では、Snow Manの「Grandeur」が101.9万ポイントを記録して首位に。CDは期間内で95.2万枚を売り上げミリオン目前の記録も打ち立てた。同作は、「シングルランキング」1位も獲得している。

 また「合算アルバムランキング」では、SixTONESの『1ST』が57.1万ポイントを記録して首位にランクイン。こちらもCDは57.1万枚を売り上げており、「アルバムランキング」でも1位に。男性アーティストによる1stアルバムでの上半期アルバム1位は、1988年の光GENJIのアルバム『光GENJI』以来33年ぶりとなる。
 また「デジタルアルバムランキング」では、期間内で7.9万ダウンロード数を記録したYOASOBIの『THE BOOK』が自身初の上半期ランキング1位を獲得した。

 このほか、「デジタルシングル(単曲)ランキング」ではAdoの「うっせぇわ」が30.4万ダウンロードを獲得して首位に。Adoは全部門を通じて自身初の上半期ランキング1位を記録した。なお、上半期における同ランキングで、女性アーティストが1位を獲得したのは史上初となる。このほか、「ストリーミングランキング」では優里の「ドライフラワー」が2億2865.6万再生回数を記録して首位に。ニューカマーアーティストのブレイクも目立ったランキングとなった。
【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索