• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 特撮
  • 『機界戦隊ゼンカイジャー』あらすじ【スーパー戦隊シリーズ45作記念作】

『機界戦隊ゼンカイジャー』あらすじ【スーパー戦隊シリーズ45作記念作】

増子敦貴、駒木根葵汰、世古口凌 (C)ORICON NewS inc.

スーパー戦隊シリーズ45作記念作『機界戦隊ゼンカイジャー』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)のあらすじを紹介。

第1カイ「キカイ世界はキキカイカイ!」あらすじ

機械生命体キカイノイドの世界「キカイトピア」を支配する悪の王朝トジテンドが、全ての並行世界を機械歯車トジルギアに閉じ込め征服。スーパー戦隊が活躍する世界をはじめ、この世に無数に存在する“並行世界”が次々と消えてしまった。しかし、最後に残ったこの世界だけはなぜか閉じ込めることができず、キカイトピアの領土の一部と融合してしまった。

それから1ヶ月。世界からキカイトピアは消えたが、残されたキカイノイドたちと人間が、だんだん打ち解けてきていた。ところが、この世界の封印をあきらめたトジテンドが侵略を開始。幹部のバラシタラ率いるキカイノイド兵・クダックが人間を襲い始める。

どんなことでもいいから“世界初”を成し遂げたい青年・五色田介人(駒木根葵汰)は、トジテンドと戦うことを決意。すると、祖母・五色田ヤツデ(榊原郁恵)が営む駄菓子カフェ「カラフル」の地下に眠っていた秘密のラボへの扉が開く。研究者だった両親は、機界戦隊ゼンカイジャーとして戦うためのアイテムを残していたのだ。

初めての戦いの中、介人は逃げ遅れた子どもを助けたキカイノイドのジュラン(声:浅沼晋太郎)と出会う。ジュランが正義の心を持つキカノイドだと感じた介人は、一緒にトジテンドと戦ってほしいと声をかける。「チェンジ全開!」で、介人はゼンカイザーに、ジュランはゼンカイジュランに変身。全力全開で撃破した。

第2カイ「ガオな野獣がごやっかい!」あらすじ

キノコだらけの世界「キノコトピア」を閉じ込めたトジルギアを使って誕生したキノコワルドが出現し、街がキノコだらけに。介人とジュランがゼンカイジャーに変身して戦おうとするが、キノコワルドはすぐに逃げてしまう。2人は一緒に戦う仲間の募集を始めるが、人間もキカイノイドもキノコが生えるくらいならかまわないと気にしていない様子。この世界の生き物が大好きだというキカイノイドのガオーン(声:梶裕貴)が声をかけてくるが、介人と友だちになりたいだけで戦う気はないようで…。ところが、キノコの毒胞子により人間が苦しみはじめてしまう。

第3カイ「マジでぬぬぬな魔法使い!」あらすじ

3人になったゼンカイジャーは、あと2人の仲間を探すことに。そんな中、コオリトピアを閉じ込めたトジルギアによりコオリワルドが出現し、街が凍って氷の世界に。ゼンカイジャーが応戦するが、つるつる滑ってお互い衝突。そのままどこまでも滑っていき、キカイノイドのマジーヌ(声:宮本侑芽)に激突する。ジュランとマジーヌは知り合いのようで…。

介人は、占いが好きだというマジーヌにコオリワルドの居場所を占ってもらうことに。ところが、マジーヌの占いは全く当たらず…。

第4カイ「ブルブルでっかいおせっかい!」あらすじ

4人になったゼンカイジャー、残るは1人。ボクシングトピアを閉じ込めたトジルギアによりボクシングワルドが出現。街に謎のゴングが鳴り響き、人々はいたるところで殴り合いを始める。

介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーは、ボクシングワルドに応戦。戦いの中、キカイノイドのブルーン(声:佐藤拓也)が割り込んでくる。介人たちは、トジテンドから追われるブルーンを連れて一旦逃げることに。ボクシングワルドは、ブルーンを見つけて倒した者がチャンピオンとなる「トジテンド杯」の開催を宣言。ブルーンは、ボクサー化した人々に狙われることになる。

第5カイ「握り握られスシ大会!」あらすじ

ついに5人そろったゼンカイジャー! イジルデの元にいたブルーン(声:佐藤拓也)は、介人(駒木根葵汰)の両親と同じ名前の人間がいたといううわさを聞いたことがあるという。介人は、ブルーンがこっちの世界に来たということは、こっちの世界からトジテンドに行くこともできるのではと考える。

そんな中、スシトピアを閉じ込めたトジルギアによりスシワルドが出現し、人間たちを握ってしまう。ゼンカイジャーが応戦するが、介人とジュラン(声:浅沼晋太郎)がベンチとともに握られてしまい…。

第6カイ「不快不可解ゴミあつかい!」あらすじ

街をゴミだらけにするゴミワルドが出現し、掃除好きのブルーン(声:佐藤拓也)が応戦。介人(駒木根葵汰)たちも駆けつけ戦うが、ゴミワルドは異臭を放つゴミ山の中に逃げ込んでしまう。

ゴミ山はどんどん膨らみ、このままでは世界がゴミだらけになってしまう。ゴミ山からゴミワルドを掘り出すため、ゼンカイジャーは大掃除大作戦を開始する。

ブルーンが神業を発揮する中、介人たちは気をそらすトラップに引っ掛かり、なかなか掃除が進まない。特に、片づけが苦手なマジーヌ(声:宮本侑芽)は、逆に散らかしてしまい…。

第7カイ「魔界の王子は気がみじかい!」あらすじ

キカイノイドが嫌いなガオーン(声:梶裕貴)と、ジュラン(声:浅沼晋太郎)たち3人は、どうもうまくいかない。一方、介人(駒木根葵汰)は、ゴミ山の中で出会った謎の青年・ステイシー(世古口凌)と再会する。

介人がゼンカイジャーだと知ったステイシーは、ギアトリンガーとセンタイギアにそっくりなアイテムで、ゴレンジャーを召喚する。ゼンカイジャーはわけが分からないまま、攻撃してくるゴレンジャーに応戦。戦いの中、ガオーンは人間の介人とステイシーを守り、キカイノイドのことなどおかまいなしで…。

第8カイ「ドアtoドアで別世界?!」あらすじ

トジテンドからの刺客・ステイシー(世古口凌)が、偽のスーパー戦隊と巨大ロボを操ってゼンカイジャーを襲ってきた。ジュラン(声:浅沼晋太郎)たちは、偽巨大ロボの大群に立ち向かう。

そこにバラシタラがドアワルドを連れて現れる。ドアワルドのドアに放り込まれた介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーは、5人散り散りに飛ばされてしまう…。さらに、ドアを開けるたびヘンな場所に飛ばされてしまい。

第9カイ「世界海賊、愉快ツーカイ!」あらすじ

介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーとステイシー(世古口凌)の戦いに割って入ってきたゾックス(増子敦貴)。ゾックスは、世界海賊ゴールドツイカ―一家で、妹のフリント(森日菜美)と双子の弟とこの世界にやってきたという。

介人たちのいる駄菓子カフェ「カラフル」で代金を払わない“海賊行為”をしたゾックス。介人は代金の支払いと、この世界を荒らさないという約束をかけ勝負を挑む。

第10カイ「お昼も夜でもブルースカイ!」あらすじ

ゾックス(増子敦貴)たちゴールドツイカー一家は、何かを仕掛けようとしているマヒルワルドを発見。介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーも駆けつける。

マヒルワルドは人質をとって逃げようとするが、ゾックスはかまわず攻撃。この世界は荒らさないと約束したにも関わらず、ゾックスは目的のためなら人々を危険な目に合わせてもおかまいなし。介人は、ゾックスにこの世界に来た目的を聞くことになる。

第11カイ「渡る世間は鬼ゴッコかい?!」あらすじ

双子のカッタナー(声:鈴木崚汰)とリッキー(声:松田颯水)は、何でも張り合って競争。出現したオニゴッコワルドを先に倒した方が勝ちとの勝負を始めるが、オニゴッコワルドに鬼ごっこの鬼にされてしまう。

オニゴッコワルドは、タッチされた者は全て鬼となり、本人の意思にかかわらず次々に鬼を増やしていく強制鬼ごっこを開始。介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーがオニゴッコワルドに応戦しようとするが、触れると鬼になってしまうため距離をとって戦うしかない。しかし、背後からカッタナーとリッキーからタッチされ、ブルーン(声:佐藤拓也)も鬼になってしまう。

第12カイ「ノロノロマイマイ、カタい貝!」あらすじ

子供たちがツーカイザーのカッコよさに夢中で、ぶっちゃけ面白くないジュラン(声:浅沼晋太郎)。そこにカタツムリワルドが出現。ジュランとマジーヌ(声:宮本侑芽)が応戦するが、なぜか動きがスローになってしまい大ピンチ。

空からゾックス(増子敦貴)が現れるが、ゾックスも動きがスローになりカタツムリワルドの攻撃を食らってしまう。介人(駒木根葵汰)たちが駆けつけるが、フリント(森日菜美)がある理由でストップをかける。ジュランたち3人は、スローにしか動けないため、その場に残されることに。

第13カイ「リサイクルすりゃもう一回!」あらすじ

リサイクルワルドが出現し、人々をリサイクルクダックに変えてしまう。駆けつけた介人(駒木根葵汰)とガオーン(声:梶裕貴)が応戦しようとするが、クダックにされた人々を傷つけてしまうため攻撃できない。

ところが、リサイクルクダックがトジルギアを持っていると知ったゾックス(増子敦貴)は、容赦なく攻撃。介人は、デカレンジャーのセンタイギアを使って、ゾックスを逮捕し連行することに。実は、これはバラシタラによるある企みだった。

第14カイ「決闘!ゼンカイVSツーカイ!」あらすじ

いきなり現れたバトルシーザーロボが、仲間のはずのダイリサイクルワルドを倒してしまった。ステイシー(世古口凌)は、ゾックス(増子敦貴)に話があるようで…。後日、駄菓子カフェ「カラフル」にやってきたゾックスは、介人(駒木根葵汰)に決闘を申し込む。

トジテンドと取り引きをしたのか? ジュラン(声:浅沼晋太郎)たちは反対するが、介人は受けて立つことに。ゼンカイザーVSツーカイザーの戦い。ツーカイザーのトドメ攻撃を受けたゼンカイザーは…。

第15カイ「ガチョーン!レトロに急旋回!」あらすじ

ヤツデ(榊原郁恵)は、駄菓子カフェ「カラフル」に入りたそうにしている少年・諒に声をかける。引っ越してきたばかりの諒は、知らぬ街、知らぬ人にまだなじめないでいるようだ。

そんな中、なんでもレトロなものに変えてしまうレトロワルドが出現。介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーとゾックス(増子敦貴)が応戦するが、レトロ電波によりレトロな格好になってしまう。最初は、街の人々もレトロな世界を楽しんでいたが、思い出に浸るうち「あの頃はよかった…」と落ち込んでいき…。

第16カイ「磁石シャクだぜ もう限界!」 あらすじ

突然、ジュラン(声:浅沼晋太郎)たちの体に金属がくっついてしまう。ジシャクワルドの仕業で、キカイノイドも人間も磁石になってしまったのだ。

介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーが応戦するが、ジシャクワルドが投げつける鉄骨がくっつき、身動きが取れなくなってしまう。なんとか窮地を脱した介人たちが駄菓子カフェ「カラフル」に戻ると、ステイシー(世古口凌)が来ていた。

第17カイ「ぬぬっとオカルト同好会!」 あらすじ

駄菓子カフェ「カラフル」にやってきた小学生の話によると、学校にオバケが出現? 誰もいない教室で声がしたり、物が勝手に動いたりするのだという。

オカルト好きのマジーヌ(声:宮本侑芽)は、子供たちと一緒に“オカルト同好会”を結成し、探検に行くことに。そんな中、街にトウメイワルドが出現し、ゾックス(増子敦貴)が応戦。ジュラン(声:浅沼晋太郎)たちも駆けつけるが、トウメイワルドのビームによりジュランとフリント(森日菜美)たちが透明になってしまう。

第18カイ「いのち短し、恋せよゼンカイ!」 あらすじ

介人(駒木根葵汰)は、中学の時の同級生・花恋と再会。ジュラン(声:浅沼晋太郎)は、介人と花恋の仲を勘ぐるが、ブルーン(声:佐藤拓也)は恋にはまだ疎いよう。

そんな中、人々を些細なきっかけで恋に落として腑抜けにしてしまうレンアイワルドが出現。ジュランはガオーン(声:梶裕貴)と、ゾックス(増子敦貴)はキカイノイドの女性と恋に落ちてしまう。ブルーンは、花恋に対してこれまでに感じたことのない思いを抱き…。

第19カイ「ゼンカイ改め、超ゼンカイ!」 あらすじ

大人たちが仕事も忘れ、童心に返って虫捕りを始める。幻覚ビームで幻の虫捕りに夢中にさせるカブトムシワルドの仕業だった。

介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーが応戦するが、幻覚ビームにより虫捕りに夢中に。ゾックス(増子敦貴)は幻覚ビームをかわすが、カブトムシワルドは逃げてしまう。戦いを忘れ虫捕りを続けるゼンカイジャーだったが、介人は両親とともにカブトムシを捕まえたときのことを思い出し…。

第20カイ「剣士と界賊、兄の誓い。」 あらすじ

お宝を奪ったゾックス(増子敦貴)を追って、兄妹剣士・凌牙(庄野崎謙)と玲花(アンジェラ芽衣)がやってくる。介人(駒木根葵汰)たちゼンカイジャーも仲間とみなされ、兄妹に攻撃される。

そこに織姫を探すヒコボシワルドが現れ、玲花とマジーヌ(声:宮本侑芽)がさらわれてしまう。介人たちと凌牙は協力してマジーヌと玲花を探そうことに。ゾックスは、自分は関係ないとフリント(森日菜美)の元に戻るが、凌牙と同じく妹を持つ兄として思うところがあり…。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索