• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

高橋ひかる、明かしたくなかった“ラジオ好き”が転機に「“好き”の共有は関心につながる」

いろいろな感情を学ぶ手段は「人間観察」 幅広い活動の中で“出会い”が勉強に

――この作品を通して、ご自身が成長したと思う点はありますか。

高橋私はもともとコミュニケーションをとることがあまり得意じゃないんです。だから、普段は監督や共演者の方とあまりお話ができないんですが、『春の呪い』では柊冬吾役の工藤(阿須加)さんやスタッフさんが「座長、座長」と言って盛り上げて下さるので、自分からコミュニケーションをとりに行くことができました。工藤さんのことはお兄さんのように尊敬も信頼もしていますし、助けていただいて感謝もしています。また、わからない表現について、監督や助監督に相談しながら夏美という役を作っていったことは、自分にとって大きな変化かなと思います。

――この作品で初めて挑戦したこと、経験したことはありますか。

高橋監督が登場人物のバックボーンについて深く考えてくださる方で、最初に夏美について掘り下げるような説明をしていただきました。今までは自分で考えたことを現場でぶつけてみるスタイルでしたが、今回は監督が引っ張って下さる方だったので、それを自分なりにくみ取って、何度もリハーサルを重ねて一緒に役を作り上げていけたのは初めての経験でした。
――2020年はテレビやラジオ、YouTubeなど、幅広いご活躍が見られました。『スクール革命!』では、振り切った“キレ芸”なども見せていますが、そういう活動が演技にどんな影響を与えていますか。

高橋モデルはモデル、バラエティはバラエティなど、私はそれぞれのお仕事の線引きはわりと明確にしていて。直接的に演技に生かせるわけではないですが、線を引いてやっているからこそ、いろんな自分を出せる幅が広がるというか。逆に、いろいろなお仕事をすることで、こんな面も自分の中にあるんだと知ることができましたし、役者さんだけでなく、いろいろなスタッフさんともお話しすることによって、たくさんの刺激をいただいています。もともと人間観察が好きなので、いろんな方と出会って、そこからいろんな感情を勉強しています。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索