YouTubeで600万再生、10代が歌う「浮気の歌」に反響 昨今の風潮に苦言「苦しんでいる人がたくさんいる」

 SNSで活動する10代のシンガー・ソングライター、りりあ。が歌う「浮気されたけどまだ好きって曲。」が、YouTubeで600万再生回数を超える人気を得ている。高い歌唱力から“天使の歌声”とも言われ、浮気した彼とその相手に対する複雑な感情を綴った繊細な歌詞が注目されている。浮気や不倫が芸能ニュースを賑わせる昨今、10代の無垢な目からは、この風潮をどのように見えているのだろうか?

“浮気は絶対にしてはいけない”それ以上、何も言えることはない

  • YouTubeで610万再生回数を超えるりりあ。が歌う「浮気されたけどまだ好きって曲。」

    YouTubeで610万再生回数を超えるりりあ。が歌う「浮気されたけどまだ好きって曲。」

──大人びた内容の歌詞ですが、何かをヒントに書いたんですか?

りりあ。 友達の恋愛相談から、歌詞が思い浮かびました。自分の経験を歌詞にすることはないですね。友達の話を始め、最近はファンの方がSNSに送ってくれるDMが歌詞のヒントになることが多いです。

──ファンの方からはどんな内容のDMがくるんですか?

りりあ。 人生相談とか、けっこう長文のDMをいただくこともあります。でも9割は恋愛についてですね。「こんなことがあったんです」という。

──りりあ。さんにアドバイスを求めている感じ?

りりあ。 うーん、たぶん誰かに打ち明けたいのかな?と思います。友達もひたすら愚痴を言ってスッキリしている感じがするので、私はひたすら聞くだけです。

──りりあ。さんが聞き上手だから打ち明けたくなるのかも?

りりあ。 わからないのですが、私があまり自分の話をしないので、話しやすいのかもしれません。相談に乗ることがほとんどです。

──友だちの浮気された話を聞いて、どう思いましたか?

りりあ。 “浮気は絶対にしてはいけない”ということですよね。それ以上、何も言えることはないです。とにかくよくない。

──「浮気はよくない」とのことですが、歌詞には「けどまだ好き」という複雑な感情が描かれています。

りりあ。 はい。友達だけじゃなくて、DMでもそういう話がすごく多くて、頭ではわかっていても気持ちは真逆なことに苦しんでいる人っていっぱいいるんだなって。DMをいただいて、「こういう感情もあるんだな」と思うことが多いです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索