アニメ&ゲーム カテゴリ

USJ、マリオを現実世界に持ってくるのに“5年”「今までの限界を超えるチャレンジ」

 「ディズニーが“夢”の国だとしたら僕らは“目覚め”の国」。そう語るのは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)ブランド・マーケティング部長の山本歩氏。両方ともすごく大事だとしつつ、「今年は、これまでともう1段違う“目覚め”の体験を提供する」と宣言した。その真意とは。

「妥協を許さない」マリオの生みの親・宮本茂氏監修の下、ピーチ城も“実物大”で再現

『SUPER NINTENDO WORLD』完成イメージ(C)Nintendo

『SUPER NINTENDO WORLD』完成イメージ(C)Nintendo

 要となるのは、東京五輪前のオープンを予定している新エリア『SUPER NINTENDO WORLD』。ゲストが現実世界にいながらマリオなどの等身大キャラクターとなってゲームの世界に入り込み、実際に“ハテナブロック”を叩いたり、キノコ王国・ピーチ城・クッパ城・マリオカートなどで冒険したりすることができる。世界初の任天堂アトラクションエリアの誕生に、SNSでは早くも「楽しみすぎる」「絶対行く」「もういっそ、大阪に引っ越してしまいたい」などの声が寄せられている。

 当エリアの構想は5年もの時間をかけて慎重に練られてきた。これまで、『ドラゴンクエスト』、『ONE PIECE』、『ハリーポッター』と、様々なビッグコンテンツを現実の世界に落とし込んできたUSJだが、今回ばかりは「今までの限界を超えるチャレンジだった」と山本氏は振り返った。

 「任天堂さんからは、マリオの生みの親・宮本茂さんに何度も何度も足を運んで監修してもらいました。マリオは40年近く世界に愛されている素晴らしいコンテンツで、その世界観を守りながら作っていく過程で、様々なテクノロジーを使うことになりました。“マリオの世界”をリアルに持ってくるために、結果として“次世代のテーマパーク”が出来上がったと思います」

 ゲームの世界観を固く守ることでも知られている宮本氏について、この5年間ともに新境地に挑んできた山本氏は「(宮本さんは)すごく愛情深くて、こだわりも、ユーザーへの配慮もすごく強い。決して妥協を許さない方」だと語った。

 そんな、“マリオの生みの親”の深い愛情が加わった『SUPER NINTENDO WORLD』の一番のこだわりは、「リアルにその世界に入っていけること」。そのために、クッパ城やピーチ城などのコンテンツは、ゲストをマリオに見立てた時の実物大で作られている。それにより、“ハテナボックス”を実際に叩いている感覚や、ゲームの中に飛び込んだような臨場感が味わえるという。

 また、エリア内で購入できるアイテム『パワーアップバンド』をオリジナルアプリと連動させることで、コインを集め、他のゲストとリアルタイムで競うこともできる。「まさにゲーム機でやっていたことを現実で体験してもらうために、世界最先端技術を使って、宮本さんとともに、ファンにとっても『なるほど!』って思ってもらえるものを作ることにこだわり抜きました」(同氏)

ニューヨーカーも「新エリア楽しみで待ちきれない」、日本招待に涙を流して喜ぶ子どもの姿も

 総投資額は、ハリーポッターエリアの450億円を大幅に上回る、USJ史上最大の600億円超。今月19日(現地時間)には、当エリアのPRイベントをアメリカ・ニューヨークで実施した。同社が新プロダクトのイベントを海外で行うのは初。それほどに新エリアに懸ける思いは強い。

「これだけ素晴らしいコンテンツを日本だけにするのは凄くもったいないので、世界的に注目されるようなNYでやろうと。逆にここでやることによって、世界的なコンテンツが日本から発信されたということ、そして日本で作られたものがこんなに世界で熱狂しているんだということを改めて知ってもらうことで、日本の人たちにも元気や誇りを持ってもらえるんじゃないか」(同氏)
 イベントでは、「タイムズスクエア」、アイススケートリンクや巨大クリスマスツリーでも知られる「ロックフェラーセンター」それぞれに“ハテナブロック”が特設。訪れた人たちが、マリオゲームの“ボーナスステージ”のようにパンチして、新エリアのアクティビティを先行体験した。

 また、マンハッタン最大の鉄道駅「グランドセントラルステーション」では、事前申し込みで当選した約1,000人が参加。約7時間にわたって、順に“ハテナブロック”をパンチするゲームが開催され、ランダムに選ばれた8人の当選者には『SUPER NINTENDO WORLD』の先行体験権を含む日本へのペア旅行が贈られた。

 “チャリーン”というお決まりのコインSEが鳴り響く会場には、多くの観客が集まり、終始盛り上がりを見せていた。見事先行体験権を手にしたNY在住の20代男性は、3才の頃から任天堂ゲームの大ファンだそうで、「今日のゲームに参加できただけでも幸運なのに、最高の気分です!日本には大好きなガールフレンドと行きます。『SUPER NINTENDO WORLD』のマリオカートのアトラクションは絶対に素晴らしいだろうし、楽しみで待ちきれません!」と興奮気味に語っていた。中には、マリオのぬいぐるみを両手に抱え、涙を流して喜ぶ地元の子どもの姿も見られた。
 本イベントの取材には、日本メディアのみならず、現地メディアも20媒体以上が集まった。アメリカ3大ネットワークの1つであるテレビ局の情報番組でも中継され、その熱狂は全米に伝えられた。
 そんな、世界の期待度に確かな手ごたえを感じた山本氏は「遊ぶって凄く大事なことだと思うんですけど、ゲームで遊びの世界を追求してきた任天堂さんと組んだ新エリアは、人の本能が全開する場所、という風に思っています。全身でゲームの世界に入り込んで、全身でそれをリアルに体験できて、チャレンジして…みたいなことがインタラクティブに体験できて、今までとは全然違うレベルで“遊びの本能”を発揮してもらえるんじゃないかなと思っています」と自信を見せた。

『SUPER NINTENDO WORLD』ミュージックビデオに登場するマリオ(C)Nintendo

『SUPER NINTENDO WORLD』ミュージックビデオに登場するマリオ(C)Nintendo

 ゲーム「マリオシリーズ」の累計売上本数は世界最大の5.6億にのぼり、“世界で最も知られるゲームキャラクター”としてもギネス世界記録に認定されているマリオ。『SUPER NINTENDO WORLD』は今後、ハリウッド、オーランド、シンガポールでも順次オープンを予定(時期未定)しているが、世界に先駆けて開業する日本での経済効果は11.7兆円ともいわれている。USJの挑戦が世界中の遊びの本能を“目覚め”させ、日本のエンターテインメントの起爆剤になることを期待したい。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索