アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • コメディの奇才・福田雄一監督、王道ヒーローの吹替映画を監修「夢が叶った」

コメディの奇才・福田雄一監督、王道ヒーローの吹替映画を監修「夢が叶った」

 「見た目はオトナ、中身はコドモ」というキャッチフレーズから、SNSでは”逆コナン“としても話題のハリウッド映画『シャザム!』。見た目は大人だが、中身は少年というスーパーヒーローが、悪ノリ全開で大騒動を巻き起こす姿をコミカルに描いている。今月5日より全米で公開されるやいなや、全米映画ランキングで初登場1位(Box Office Mojo調べ、4/8時点)を獲得した注目作が、今月19日、日本に上陸する。そんな本作の日本語吹替版監修を務めたのが、映画『銀魂』シリーズやドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどを手掛けるヒットメーカー・福田雄一監督だ。作品のテイストを壊すことなく“福田節“を惜しみなく吹き込んだというその”日本語吹替版“の魅力について、福田監督本人に聞いた。

「福田がやるなら吹替で見てみるか」って少しでも思ってもらえたら嬉しい

映画『シャザム!』(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画『シャザム!』(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

――日本語吹替版の監修・演出というのはどういった作業をするのでしょうか?
福田雄一 簡単に言えば、英語で話している内容を、物語の世界観を崩さずに日本のお客さんに馴染むような言葉に変えていく作業でした。

――難しさはありましたか?
福田雄一 脚本を“脚色”する段階ではそこまで難しいとは思わなかったのですが、実際にアフレコをし始めたら極端に難しくなります。普段は実写なので、映像とセリフがずれるという経験はないんですけど、吹替版では、大いにあります。間やセリフの長さもそうですし、表情なんかも「思ってたのと少し違うな」って現場で思うこともあって。ここをボケるのに、もう少し説明が必要だなと思ったら、実写なら足せますけど、それもできない。主人公シャザムの役は俳優の菅田将暉くんに演じてもらっているのですが、実写で彼が演じれば成立するような会話のやりとりでも、実写の俳優さんの表情とチグハグになってしまってセリフを変更する、なんてこともありましたね。
  • 初めて洋画の吹替監督を行った福田雄一監督

    初めて洋画の吹替監督を行った福田雄一監督

――実写映画の監督が、吹替版を監修・演出するって言うのは珍しいんじゃないですか?
福田雄一 そうですね。僕は初めてです。おもしろい試みだなと思って、すぐに「やります!」と答えました。

――海外作品では吹替派よりも、“本家”の世界観が伝わりやすい字幕派が優勢かなと思うのですが、この作品で吹替版の復権に一役担いたいという思いもあるのでしょうか?
福田雄一 そこまではないですよ(笑)。でも、少しでもそう思ってもらえたら嬉しいですね。「福田がやるなら吹替で見てみるか」って。

新ヒーロー・シャザムに“超豪華声優陣” が集結! 見どころは、俳優・菅田将暉との共演

  • (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

    (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

――福田監督が考える『シャザム!』の一番の魅力はなんですか?
福田雄一 大人なのに中身が子どもというところの“ギャップ”が見どころのひとつだと思いますが、僕はこの作品のキモは家族愛だと思うんです。小さいころにお母さんに捨てられた主人公が、里親宅の仲間たちと馴染めないなか、ヒーローに変身することによって大きな絆が生まれていく。その部分は日本語吹替え版になったときでも、見失わないように心掛けていました。

――福田監督を吹替え版に起用するということは、そこに“笑い”という要素がふんだんに盛り込まれることが期待されていると思うのですが。
福田雄一 もちろん期待に応えたいという思いはありますが、僕は自分が楽しいか楽しくないかで仕事を選ぶんです。その意味では、僕は今回のお話をいただいたとき、アメコミ好きなこともあり、どうしてもやりたいことがあったので、それを提案させていただきました。

――やりたいこととは?
福田雄一 主人公のシャザムを菅田くんに演じてもらっていますが、声優さんたちもすごく豪華ですよね。やっぱりいくつになっても、声優さんへの憧れってすさまじいものなんですけど、「ジョジョの奇妙な冒険」でDIOの声を担当した子安武人さん、「銀魂」の銀さんこと坂田銀時役で知られる杉田智和さん、「機動戦士Vガンダム」のウッソ・エヴィンの声を担当した阪口大助さんらそんな憧れの声優さんたちと菅田将暉のコラボレーションを見てみたかったんです。

シャザム役の菅田将暉、アフレコ中の様子

シャザム役の菅田将暉、アフレコ中の様子

――そういった一流の声優さんたちを演出するのはいかがでしたか?
福田雄一 いやぁ、緊張しました。僕がいちファンということももちろんですが、本当に豪華声優陣ですからね。緊張しすぎて「早く菅田くん来ないかな」って呟いたら、スタッフから「普通は俳優さんが来ると緊張するんですよ」と突っ込まれました。でも僕の感覚的には完全に逆でしたね。菅田くんが来てくれてホッとしました(笑)。声優さんはさすがプロという感じで、5ページぐらいの長いシーンでも、ほぼ一発で尺が合うんです。笑いの感覚がすごく研ぎ澄まされている方ばかりで、言いたいことがすぐ伝わるし、表現してくれるんですよ。プロの仕事を目のあたりにして、感激しました。

――では出来上がりは素晴らしいものに?
福田雄一 完璧でした。映像が決まっているからアドリブとか、ボケれる幅はかなり少ないのに、絶妙な間を入れてきたりして、想像した以上にテンポが良くなってて、めっちゃおもしろいんです。

コメディだけど、老若男女で楽しめる王道の“ヒーローもの”

――字幕版とは完全に違うテイストの吹替え版になっているのですね。
福田雄一 原版の良さは活かしつつ、しっかり別作品としても楽しめると思います。字幕版を観ていただいたあと、吹替え版を観ると、どのくらい変わってるのかな? っていう楽しみ方もできそうなので、どちらも見てもらえたら嬉しいですね!

――老若男女が楽しめるのが吹替え版の魅力かもしれませんね。まさに福田監督が掲げるオールエイジへの笑いですね。
福田雄一 小さなお子さまには吹替版の方が向いていると思うんですよね。親子の方には、吹替え版があることで「観てみよう」と思っていただけると嬉しいですね。題材的には子どもも大人も一緒にワクワクできるような作品なので。

――どういった部分が子どもにも楽しめると感じられますか?
福田雄一 変身後のシャザムはムキムキの成人男性ですが、変身前のビリーは14歳の子どもじゃないですか。子どもの頃って、自分と同じぐらいの年齢の子がヒーローになることに憧れませんでしたか? 僕は小さいころから、藤子不二雄先生の『パーマン』が大好きで、子どもが大人以上のパワーで活躍することにワクワクしたんです。だから、子どもがこの映画を観て「自分もシャザムになれるかもしれない」と思ってもらえたら素敵なことだなって思うんです。だから吹替え版は、子どもたちが観ても分かりやすいようにしようということを心掛けて作りました。
  • (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

    (C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

――シャザムが空を飛べたときのリアクションとかも最高ですね。
福田雄一 菅田くんも「飛べてる、飛べてる。ウォー」ってノリノリでやってくれました。ちびっ子たちも一緒にワクワクしてもらえるんじゃないかと思います!

――福田監督はアメコミが大好きとお聞きしましたが、どんなヒーローに憧れるのですか?
福田雄一 僕は“ヒーローもの”の鉄則って、弱い存在の人間が悪と戦う部分だと思うんです。そこが好きなんです。シャザムにもそういう部分が多分にありますよね。だからすごく好きです。最高に楽しかったですし、作り手の楽しさもきっと伝わる作品になっています!

シャザム役を演じた菅田将暉からのコメント

主人公の変身後の姿、シャザムを演じた菅田将暉

主人公の変身後の姿、シャザムを演じた菅田将暉

――菅田さんの思う、今作の見どころを教えてください。

菅田将暉 普通の少年がヒーローに変身できるようになるというところが、すごく夢があるなと思いました。変身できるようになってからの日々が青春なんですよ。ヒーローは普通やらないよって思うようなことをやっちゃうところや、人間として未熟なところもいっぱい出てくるから、すごく愛されるヒーローになるんだろうなと思いました。そういう欠点に人間らしさが見えて、共感できるのも魅力だと思います。

――吹替版は福田雄一監督が演出を務めていますが、それだけで“期待”が高まります。実際に現場の空気に触れて感じたことはありますか?

菅田将暉 どの現場でご一緒しても思うのですが、福田さんが誰よりも作品のことを愛しているんですよ。誰よりもファンだということが伝わってくるんです。だからこそ俳優陣が迷ったときには絶対にどんな質問にも答えの用意があって、なんなら実演もしてくれて。そこが福田イズムなんだと思いますね。

――“声のみで演技”するという部分において、今作をきっかけに新たな発見などはありましたか?

菅田将暉 僕のセリフで、あてるタイミングがわからない部分があったんです。その時に声優陣にアドバイスをいただいて。「胸を見れば呼吸のタイミングがわかるよ」って。吸って吐いてセリフ、の繰り返しだから、それに合わせてやったらやりやすかったんです。普段は体と連動してお芝居しているので声だけの表現というのはやっぱり難しかったんですけど、おもしろかったです。プロの方から学ばせてもらって、貴重な経験が出来ました。

映画『シャザム!』

  • 映画『シャザム!』ポスター

    映画『シャザム!』ポスター(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

身寄りのない思春期ど真ん中の子供、ビリー。
ある日突然、彼は魔術師からスーパーパワーをゲット!
「シャザム!」それは、最強でサイコーな魔法の言葉!
これを唱えれば、筋肉ムッキムキ! 稲妻バッキバッキ!のスーパーヒーローに変身できるのだ!
ヒーローオタクのフレディといっしょに、悪ノリ全開!止まらない!
そんなスーパーパワー絶賛ムダづかい中のビリーの前に、科学者Dr.シヴァナが現れる。
手に入れたスーパーパワーのために、フレディがさらわれてしまう…
ビリーはついにヒーローとして目覚める!

見た目はオトナ! 中身はコドモ! アメコミ史上最年少の“ダサかわ”ヒーローが世界を救う?
史上最も笑えるヒーロー映画誕生!

【声の出演】
シャザム:菅田将暉
ビリー :緒方恵美
フレディ:阪口大助
シヴァナ:子安武人
メアリー:平野 綾
先代シャザム:杉田智和
???:佐藤二朗

2019年4月19日(金)から全国公開

【公式サイト】
映画『シャザム!』オフィシャルサイト
shazam-movie.jp/(外部サイト)
supported by ワーナー・ブラザース

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019