• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 山本彩、羽生結弦選手から影響されたこととは? NMB48での葛藤も告白

山本彩、羽生結弦選手から影響されたこととは? NMB48での葛藤も告白

羽生結弦選手にインスパイアされて曲作り、いつかは卒業も視野に

  • 山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)表紙カット

    山本彩のファーストエッセイ『すべての理由』(幻冬舎)表紙カット

――本を書く中で、自分を再発見した部分はありますか?
山本彩 “矛盾”ですね。「知ってほしいけど知ってほしくない」「自分に自信はないけど期待はしている」みたいな。いろいろ考えてみたら矛盾してることがたくさんあるなって。

――読んでいると、山本さんはブレない考えをお持ちのように思いましたが。
山本彩 完璧主義というか完全主義なところはあります。と言いつつ、自分を甘やかすことはめちゃくちゃしてます(笑)。とくに睡眠欲には負けますね。「明日までに歌詞を書かなきゃあかんけどめちゃくちゃ眠い〜」ってダレているうちに、寝ちゃったりとか(笑)。実はめっちゃ意志が弱かったりします…。

――でも、かなり自分を客観視できる人ですよね。
山本彩 客観視しすぎてるくらいですね。だから、多分自分の感情に鈍感なのかな。それもあって、今年から日記をつけはじめたんですが、曲作りにも役立つ気がしています。歌詞に使えたりもするので、人も物も、すべてが一期一会だと思います。

――最近、心動かされた出来事はありました?
山本彩 いっぱいありますね。ひとつは、フィギュアスケートで羽生結弦選手がプリンスさんの「レッツ・ゴー・クレイジー」という曲で滑られていたこと。そのギャップと、「今までにない自分を引き出せる曲だと思った」と羽生選手が語っていたインタビューを読んで、私もそういう曲が書きたいと思いました。「イメージ、これや!」と思って、曲を書き始めたんです。

――曲を書くとなると、恋愛経験も必要になってきたりは?
山本彩 そう聞かれることも多いですが、私としては“逆じゃない?”って思ってるんですよ。経験がない方が、妄想・想像で物語を作れる。必ずしも恋愛しないと恋愛ソングが書けないわけじゃないと思ってます。

――なるほど。では、ソロアーティスト・山本彩としての課題は?
山本彩 自分の感情に鈍感といったことにも近いですが、その分1人に慣れてない。普段はグループなので、1人でライブをすると一気に自信がなくなる。それはソロでやっていく上では致命傷なので、自信をつけたいです。ソロとグループでのライブでは、緊張感が全然違いますね。MCってこんなに大変だっけ?って思いました。今まではメンバーがいる分ある程度、土台があればあとはメンバー同士の掛け合いで生まれるものがあると身を任せていた。ソロライブは自分がコントロールするので、自分が引っ張っていかないとお客さんもついていけない、という責任感も強まりました。

――目標はありますか?
山本彩 “私が歌うから聴いてもらえる”じゃない方がいい。なんなら自分のことなんてどうでもよくて、自分の音楽を音楽として受け入れてもらいたい。楽曲提供とかしてみたいです。今はグループにいるのでグループに貢献できるかなと、グループへ提供してみたいと考えていますが、そこにとどまらずやってみたいですね。

――いつかは卒業して、ソロシンガーとしてやっていきたいですか?
山本彩 はい。

――では最後に、グループとしての目標を教えてください。
山本彩 全国ツアーもやっていないですし、自分たちでも頑張らないといけない部分はあります。個人の仕事も大切ですが、グループとして発信されることで、ファンやその他の方が全体を見てくださる機会が増えて、誰かが誰かの目に止まったりすることもあると思う。グループとしての仕事が増えたらいいなと思います。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索