• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 映画『ゴジラ-1.0』が証明「制約があっても、面白い作品は作りうる」 マーケティング観点で解説【坂口孝則連載】『オリコンエンタメビズ』

日々話題を集めるエンタメニュースも、経済目線で知ればもっと面白くなる。そこで『ORICON NEWS』は、エンタメをこよなく愛する経営コンサルタント・坂口孝則氏に、エンタメにまつわるニュースを経済視点で解説してもらう連載企画『オリコンエンタメビズ』を開始した。今回は、「第96回アカデミー賞」で視覚効果賞を受賞した映画『ゴジラ-1.0』について、世界の現代人に響いた理由をマーケティング観点から解説してもらった。 山崎貴監督の『ゴジラ-1.0』が、「第96回アカデミー賞」の視覚効果賞を受賞しました。日本映画どころかアジア初です。監督が受賞したのも『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリック以来、2人目ですから快挙といえます。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索