• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

ギャガーとしての活躍、吉本新喜劇座長、マラソン、忌野清志郎さんとの交流…。間寛平(71)は“笑い”を軸に、これまで多岐にわたって活躍してきた。そんな寛平が、6日より『間寛平 芸能生活50周年+1記念ツアー いくつになってもあまえんぼう』を開催する。自身が座長となって、内場勝則辻本茂雄未知やすえジミー大西らとともに繰り広げる新喜劇のほか、中川家千鳥といった名実ともに文句なしの芸人たちがそろったネタパートと、豪華なラインナップとなっている。「ここまでのものは、なかなかないと思いますよ」と感謝を伝える寛平だが、自身がこれまでに築き上げたきた“人徳”ゆえの顔ぶれだ。 1970年に吉本新喜劇に入団したのは、友人の紹介がきっかけだった。「中学の同級生がディスコの照明係をやっていて、そこの支配人が芸能関係の人とも交流があったんです。それで話が進んで、まずはストリップ劇場で修行をしようという話になったんです。1年くらい修行して、そろそろ次の段階にいきたいなっていう時に、支配人とつないでくれた同級生が、今度は喫茶店のバイトをやっていて。そこのママが後にアメリカ村を作る日限萬里子さんなんですが、日限さんとの縁があって、吉本に入ることになったんです」。

この記事の画像

  • 『間寛平 芸能生活50周年+1記念ツアー いくつになってもあまえんぼう』を開催する間寛平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『間寛平 芸能生活50周年+1記念ツアー いくつになってもあまえんぼう』を開催する間寛平 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索