ドラマ&映画 カテゴリ

伝説のロックバンド『クイーン』のメインボーカル、フレディ・マーキュリーの劇的な半生を描き、全世界で社会現象を巻き起こした映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、きょう4日の午後9時から日本テレビ系『金曜ロードショー』にて地上波初放送される。45分拡大本編ノーカットで送る今回、作品をより楽しむための6つのポイントを紹介する。 ポイント1『オープニングの音色』。おなじみの20世紀FOXのロゴタイトルで始まる今作だがそのファンファーレの音色に注目。なんと、クイーンのオリジナルメンバーのブライアン・メイと、ロジャー・テイラーの演奏による特別バージョンになっている。それもそのはず、今作の音楽総指揮はこの2人が担当。映画本編の音楽のクオリティの高さも保証済みだ。

この記事の画像

  • 4日地上波初放送される『ボヘミアン・ラプソディ』
  • 4日地上波初放送される『ボヘミアン・ラプソディ』シーンカット
  • 4日地上波初放送される『ボヘミアン・ラプソディ』
  • 4日地上波初放送される『ボヘミアン・ラプソディ』シーンカット
  • 4日地上波初放送される『ボヘミアン・ラプソディ』シーンカット
  • 『金曜ロードショー』2代目オープニング

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索