ドラマ&映画 カテゴリ

『嘘を愛する女』(2018年)や『哀愁しんでれら』(21年)などを輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」準グランプリ受賞作品『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が、黒木華柄本佑の共演で映画化され、9月10日に公開されることが決定した。 物語は、漫画家の早川佐和子(黒木)がある日突然、「不倫」を題材に新作漫画を描くと言い出すところから動き出す。そこにはそっくりそのまま自分たち夫婦が描かれ、佐和子の担当編集者と不倫をしていた夫で、同じく漫画家の早川俊夫(柄本)は、佐和子にバレたかもしれない!と精神的に追い詰められていく。さらに漫画は、佐和子と自動車教習所の先生との淡い恋へと急展開。俊夫は恐怖と嫉妬に震えながら漫画を読み進めていくが…。「現実と漫画の世界、ウソとホンネが交錯する漫画家夫婦の心理戦」に加え、誰しもが身に覚えのある男女感のズレがユーモラスに描かれ、「結婚5年目夫婦」の“あるある”も、大きな見どころのひとつ。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索