ドラマ&映画 カテゴリ

テレビ朝日系ドラマ『相棒season19』の最終回スペシャルが18日(後9:00〜10:24)に放送され、番組平均視聴率・個人8.5%、世帯15.3%で、土曜ワイド劇場でプレシーズン作品として誕生してから20年の節目のシーズンの幕を下ろした。全20話の平均は個人8.4%、世帯15.0%(season18は世帯14.8%)。元日スペシャル以降、個人視聴率で8%台をキープするなど、シーズンを通して多くの視聴者に支持された(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。 『season14』以来、6シーズン目に突入した水谷豊反町隆史演じる杉下右京&冠城亘のコンビ。準レギュラーともいえる衆議院議員で国家公安委員会の委員長を務める鑓鞍兵衛(柄本明)のお気に入りとなった2人は、season19でも「勝手気ままに、好き勝手に」捜査して、事件を解決してきた。相手にとっては「無礼」で「皮肉」に聞こえる正論をぶつける右京と、言うことは「適当」でも抜け目がない亘のコンビネーションに安定感が生まれ、各話で描かれる事件やその関係者を演じるゲストキャストを引き立たせ、見ごたえのあるエピソードを展開してきた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索