ドラマ&映画 カテゴリ

俳優の三浦春馬さん(享年30)が主演を務める映画『天外者』があす11日、公開を迎える。座長として、春馬さんは五代友厚とどのように向き合ったのか、その一部をメガホンをとった田中光敏監督が明かしてくれた。 本作は2013年に企画がスタート。春馬さん演じる五代友厚の「想い」と「志」を次世代に継承するために映画化に向けてプロジェクトが立ち上がった。春馬さんのほか、共演キャストには、幕末の志士・坂本龍馬を三浦翔平。後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を西川貴教。初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりしころを森永悠希。さらに、五代友厚の両親を生瀬勝久筒井真理子、五代友厚の繊細さや優しさを引き出した遊女・はるを森川葵、よき理解者で妻・豊子を蓮佛美沙子が演じる。

この記事の画像

  • 映画『天外者』で五代友厚を演じた三浦春馬さん(C)2020 「五代友厚」製作委員会
  • 五代友厚像の前で撮影をする(左から)西川貴教、三浦翔平、森川葵(C)2020 「五代友厚」製作委員会
  • 五代友厚像の前で撮影をする(左から)西川貴教、三浦翔平、森川葵(C)2020 「五代友厚」製作委員会

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索