• ホーム
  • 映画
  • 松井玲奈、『仮面ライダー』映画も悪役も「存分に楽しみました」

松井玲奈、『仮面ライダー』映画も悪役も「存分に楽しみました」

2015年8月末にSKE48を卒業してから、早いもので3年が経とうとしている女優の松井玲奈(27)。卒業直後、ドラマの現場などで数回取材した時、「生き残りたい」と何度も口にしていたことをふと思い出し、「生き残っているね」と声をかけたら、「いや、もう、綱渡りです(笑)。その綱をより太く、強度が強いものにしていかなければ、と思っています」と、言葉は控えめだが、目にはエネルギーがみなぎっているような輝きがあった。

16年、17年の2年連続で舞台『新・幕末純情伝』に主演。映像作品では、17年4月公開の『はらはらなのか。』で映画初出演。今年1月期のドラマ『海月姫...

この記事の画像

  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』北都の知事・才賀涼香(さいが・りょうか)を演じた松井玲奈 (C)ORICON NewS inc.
  • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』公開中。『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』と同時上映 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

オリコントピックス