• ホーム
  • 芸能
  • 女将が英語で伝えるゲイシャ文化、金沢の草の根“おもてなし”活動

女将が英語で伝えるゲイシャ文化、金沢の草の根“おもてなし”活動

2年後に迫った2020年の東京五輪に向け、インバウンド誘致の波が広がっている中、地方でも地元の魅力を世界へ発信する取り組みが強まっている。2015年に北陸新幹線が金沢まで開通したことで、国内外の旅行者が大幅に増えたという石川県もそのひとつ。歴史的な建物や史跡が残り、情緒溢れる街並みが海外からの注目度も高い。そこで、同県を中心に英会話教室などを運営する株式会社アバンタージュ代表取締役の田中夏生さんに、英語を使って独自の“おもてなし”を行なっている2人の達人について話を聞いた。

■世界に和...

この記事の画像

  • 金沢ひがし茶屋街の「懐華樓」で女将を務める馬場華幸さん(写真中央)
  • 女将自らが外国人観光客へ向けてお茶屋体験を紹介
  • お茶屋が並ぶ金沢ひがし茶屋街
  • インタビューに応えてくれた田中夏生さん (C)oricon ME inc.

提供元: EnglishStyle

オリコントピックス