• ホーム
  • 映画
  • 沢村一樹、“素人”の脅威を痛感「芝居じゃ勝てないのかな」 イーストウッド監督作語る

沢村一樹、“素人”の脅威を痛感「芝居じゃ勝てないのかな」 イーストウッド監督作語る

俳優の沢村一樹が7日、都内で行われた映画『15時17分、パリ行き』(クリント・イーストウッド監督)の大ヒット記念イベントに出席。2015年、国際特急列車で大規模テロを阻止した3人の若者を題材にし、主演の3人はそれぞれ本人が演じている。鑑賞したばかりの状態でトークセッションに臨んだ沢村は、若者たちのリアリティー溢れる演技に「役者ってなんだろうと思いましたね」としみじみ語っていた。

同映画は、2015年8月21日、パリ行きの特急列車内、554人の乗客全員をターゲットにし...

この記事の画像

  • イーストウッド監督作を語った沢村一樹 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)LiLiCo、沢村一樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『15時17分、パリ行き』の大ヒット記念イベントに出席したLiLiCo (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス