ドラマ&映画 カテゴリ

7月期ブレイク前夜の若手俳優 瀬戸利樹、鈴木仁、森永悠希、真栄田郷敦や和田雅成ほか2.5次元俳優

見事な体躯とオーラたっぷりの美形ぶりで注目の真栄田郷敦

真栄田郷敦『ノーサイド・ゲーム』(C)TBS

真栄田郷敦『ノーサイド・ゲーム』(C)TBS

『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)にも、やはり“小さな恋のうたバンド”メンバーだった真栄田郷敦が出演中。ラグビーの道に挫折してニュージーランドから帰国し、自動車会社のラグビーチームのGM・君嶋(大泉洋)と出会ったことで人生が一変する七尾を演じている。

 父は千葉真一、兄は新田真剣佑という華やかなバックボーンを持つ真栄田は、本作が連続ドラマ初出演。第1話のわずかな出演シーンだけでも、15kg増量したという見事な体躯と、オーラたっぷりの美形ぶりで話題になっている。12月には映画『午前0時、キスしに来てよ』への出演も決定しており、本格的なブレイクを予感させる。

和田雅成ら人気2.5次元俳優がレアなオリジナルキャラで揃い踏み

“テレビ演劇”という新たなフォーマットで制作されている『サクセス荘』(テレビ東京系)には、『刀剣乱舞』『ハイキュー!!』などの2.5次元舞台で活躍する和田雅成、高橋健介、高野洸、?木俊、黒羽麻璃央、有澤樟太郎、荒牧慶彦、定本楓馬、玉城裕規、寺山武志(※劇中部屋番号順)が勢揃い。リハは1回だけ、撮影は本番一発撮りというチャレンジングな作品に挑んでいる。
 第1回の放送では、通常はアニメのキャラクターの実写版を演じている2.5次元俳優たちが、等身大のオリジナルキャラを活き活きと演じる姿がレアだと話題に。本編終了後は、「カット!」の声とともにホッとしたように笑う姿や、「いっぱいいっぱいでしたね」(荒牧)、「思いっきり僕、噛んだんですよ」(有澤)と語り合う反省会も放送。演劇界ではすでにスターとなった俳優陣が、汗だくでチャレンジする姿を見守れる楽しみもあったようだ。人気・実力を兼ね備えた2.5次元俳優の魅力が、テレビ界でも旋風を起こす足がかりとなるかもしれない。

新たな存在感を焼き付ける清水尋也

『ホットギミック ガールミーツボーイ』より清水尋也&堀未央奈(C)相原実貴・小学館/ 2019 「ホットギミク」製作委員会

『ホットギミック ガールミーツボーイ』より清水尋也&堀未央奈(C)相原実貴・小学館/ 2019 「ホットギミク」製作委員会

 また、8月31日スタートになるが、詐欺犯罪に立ち向かう刑事の姿を描く社会派ドラマ『サギデカ』(NHK総合)には、主人公の女性刑事・今宮(木村文乃)の後輩刑事役で清水尋也が出演。清水といえば、映画『乾き。』『ソロモンの偽証』などアクの強い役が多く、陰のある鋭い瞳を印象づけてきた。公開中の映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』でも、好きな女の子を奴隷にする男子高校生役で、一筋縄ではいかない人物像を体現している。
  • 『第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を『anone』(日テレ系)で受賞した清水尋也

    『第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を『anone』(日テレ系)で受賞した清水尋也

 一方、連ドラ初主演作となった昨年の『インベスターZ』(テレビ東京系)では、顔芸満載の振り切った演技でコメディセンスを発揮。すでに確固とした個性を確立している清水だが、地味なスーツに身を包んだ『サギデカ』の刑事役で、新たな存在感を焼き付けることだろう。

 大抜擢ともいえるキャスティングや、着々と実績を積んできた実力派のジャンプアップなど、若手のドラマティックな活躍が期待できる今クール。ブレイク前夜を迎えた彼らが盛り上げる夏ドラマから、どんな名作が生まれるのか注目したい。
前へ
  • 1
  • 2

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索