• ホーム
  • 映画
  • ソン・ガンホ、韓国現代史最大の悲劇を描く作品に込めた想い

ソン・ガンホ、韓国現代史最大の悲劇を描く作品に込めた想い

韓国のベテラン俳優であり、大作への出演が続く国民的スターのソン・ガンホが、韓国現代史における最大の悲劇と言われる1980年の光州民主化運動を描いた『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』(4月21日公開)に出演。観客動員1200万人を超え、昨年の韓国興収No.1となった同作は、国軍がデモ隊に銃を向ける弾圧シーンを生々しくシリアスに描く一方、まるで戦隊モノのヒーロー映画のような明るいタッチもあり、ドラマチックな感動大作に仕上がっている。そんな話題作に臨んだソン・ガンホに作品に向き合う想いを聞いた。

プレッシャーで一度は断った出演オファー

『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』(C)2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』(C)2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.

――出演オファーを受けたとき、一度は断ったそうですね。
ソン・ガンホ光州民主化運動は韓国現代史の最大の悲劇。出演オファーをもらったときに、大きなプレッシャーを感じたことは事実です。“果たしてソン・ガンホという俳優が、このような歴史的事実を表現するに値するか?”“観客を失望させない良い作品を作れるか”という事がプレッシャーとなり、一度は断りました。悪い意味でのプレッシャーではなく、“建設的なプレッシャー”という表現がふさわしいと思います。

――それでも出演を決心した理由は?
ソン・ガンホ一度は断ったものの、その後、時間が経つにつれて映画のことが気にかかるようになったんです。この作品を世の中に出す意義と、そこにあるエネルギーが私の心を刺激していたと思います。この作品が持つ情熱を観客と共有したいという切実な想いが募っていきました。

歴史的な事件を目撃した1人としての視点で演じた

――これまでにも光州事件をモチーフとした映画はありましたが、本作はどういう点が違うと思われますか?
ソン・ガンホ光州事件を扱ったほかの映画との一番大きな違いは、基本的な人間の常識と道理における話を扱っている点だと思います。(演じた)マンソプは、11歳の娘を1人で育てるシングルファーザーで、古びたタクシーが全財産という平凡なタクシー運転手。外国人ジャーナリストを乗せて光州に行き、通行禁止になる前にソウルに戻ることができれば、滞納している家賃が払えるほどの報酬をもらえるという話を聞きつけ、言葉も満足に通じないドイツ人記者を乗せて光州へと向かう人物です。マンソプが光州に向かったのは、職業倫理の側面よりは人としての道理、つまりもっとも常識的な道理に従ったまでのことだと思います。歴史的な事件を目撃した大韓民国の国民の1人であるという視点を常に念頭に置きながら演じていました。
――本作のほかにも、これまでに『弁護人』『密偵』など現代史を背景にした作品への出演が続いています。
ソン・ガンホ過去の歴史を扱っているからと言って、特別な意識を持つ必要はないと考えています。確かに本作は近現代史において稀に見る悲劇を扱っていますが、悲劇的な側面を悲しみだけで表現したり、事実のみを描こうとしたりはしませんでした。そういうことよりも、キャスト、スタッフ全員がこの映画を通じて何を伝えたいかという部分について考え、希望の持てる前向きな映画を作ろうとしていました。撮影中は、犠牲になった方々の想いや、光州の状況を世界に知らせるために努力した方々の高貴な精神を作品に込めて、多くの人たちに伝えるための努力をしました。本作が温かい映画として、みなさんに記憶されるように願っています。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年6月18日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年6月18日号

<COVER STORY>
高橋聡志氏(タワーレコード株式会社 取締役 兼 リテール事業本部 本部長)
音楽そのもののファンは全国どこにでもいる
どうやって効果的にリーチするのかを考えればいい

<SPECIAL ISSUE1>
JKたちの生態・発信力から深掘る
“未来を担う”10代へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE2>
月間マーケットレポート 18年5月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!