• ホーム
  • 映画
  • 美術監督・種田陽平氏、世界で求められるのは“細やかさと大胆なパワー”

美術監督・種田陽平氏、世界で求められるのは“細やかさと大胆なパワー”

スタジオジブリや三谷幸喜作品を手がけたことでも知られ、数多くの国際的な実績から芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章を受賞している美術監督の種田陽平氏。現在は中国での長期撮影に入り、多忙を極めるなか、世界に通じる種田流仕事術に迫った。

目に見えないものから“意味”を引き出す力

 今年のベネチア国際映画祭で、美術監督を務めた2本の映画が出品される種田陽平氏。その1本は、是枝裕和監督と再タッグを組んだ『三度目の殺人』だ。

「前作『空気人形』(09年)のときにも思いましたが、是枝さんには、映画のなかの目に見えないものから“意味”を引き出す力がある。今回も法廷劇という形式の裏に張り付いた大きな余白、ある種の謎を感じました。たとえばアメリカ映画の法廷ものの場合、見せ場は裁判にあり、そのなかで善悪をつけるドラマが展開されますが、白黒をはっきりつけないところが是枝さんの魅力で、企画当初から観客が自ら真実を考える映画を目指しているように見えました」
 本作の大きな見せ場は、拘置所内の狭い接見室。福山雅治扮する主人公の弁護士・重盛が、殺人事件の被告人・三隅(役所広司)と7回にもわたって対峙する、緊迫シーンが撮影された。

「撮影が進むにつれ、接見室のシーンが映画の核になっていったことがおもしろかった。接見室のセットを組む前に、撮影所の会議室に机や壁を置き、実際の大きさを監督と撮影の瀧本さんに見せて、撮り方を模索しましたが、あの時間があって、接見室のシーンが多様性を帯びたと考えます。真横からシンメトリーに撮る、天窓の上から撮るなどして、意図的に作り込み、狭いセットをフルに使った緻密な画作りができた。2人が座っているだけの動きのないシーンだから、アップを多用したり、案外サラッと撮ってしまいがちなところを是枝さんは、どこまでも食い下がっている」

レイヤーを増やす映画セットならではのマジック

「撮影所のセット派というよりロケーション派」の是枝監督のために、映画セットならではの豊かな空間作りで撮影に刺激を与えた。

「セットには細かい工夫を重ねます。接見室では裁かれる三隅と弁護士の重盛の違いを際立たせるために、背景となる壁の色を微妙に変え、現実の接見室には見られませんが、先に述べた天窓のほか、扉にも窓、その扉を開くと廊下の窓から外の風景が見えるようにした。窓があることによる光の演出、またレイヤーを増やすことによって感じる空間の広がりをねらってのことですが、映画のセットならではのマジックです。監督は役者さんに細かく演出をつけますが、美術も同じ。セットは作りものだけど、リアリズムを超えながら、細部にリアリズムを施す。観客に真実味を感じてもらうために」
 厳かな法廷セットには、時間経過などが表現でき、映像に劇的効果をもたらす窓(日本では珍しい縦に長い窓)をはめ、床や壁の細部にまでこだわった。

「法廷も表情のあるセットを目指しました。日本の法廷にはない窓をつけたこともそうですが、壁にも厚みを感じる油絵のような表情が欲しくて昔のヨーロッパ建築などに用いられた技法で作りました。面倒なのでやる人は少ないですが、映画で生きれば、技法も廃れない。今はフラットに薄く仕上げるのが主流。けれど、意図的な重厚感は映画のセットだからこそできることだから。壁の深い色味は、役者さんのフェイストーンを美しく見せます。海外の作品では、必ず背景の色味と役者さんのフェイストーンの相性の話になりますが、日本ではあまり話題にならない。日本はリアル志向のせいか、白い壁を使いがちだけど、僕は役者さんの顔色を美しく見せたい。だから背景の色に気を使う。本作では僕のこの願いは実現されていると思います」

海外で体得した情報を日本の作品に取り込む

 海外にも意欲的に赴き、現地で体得した新鮮な情報を日本の作品に取り込み、日本映画界をリードするベテランだ。ベネチア映画祭でワールドプレミア上映される、もう1本の映画は、2年もの時間を費やした、巨匠ジョン・ウーのビッグプロジェクト『追捕/MANHUNT』(原題)。海外での仕事では、日本人らしさと同時に、国際人としてのスタンスを意識する。

「海外作品においても当然、日本人ならではのデザイン力を求められますから、僕も日本人らしさは意識します。セットを作るとき、ディテールの細やかさのような日本人のスキルは滲み出ているとも思うし。でもそれだけでは世界で勝負できない。今、僕が滞在する北京の映画制作の現場には、いろいろな国の人が集まっていてすごくパワフル。どんなにテクニカルなピッチャーでも、メジャーリーグに行くとフィジカルな面が時として問題となるように、映画業界でもこれから世界で活躍していくためには、細やかさと同時に、スケールの大きなものにチャレンジする、大胆なパワーが必要だと思います」

三度目の殺人

 勝ちにこだわる弁護士・重盛(福山雅治)が担当することになったのは、死刑がほぼ確実な殺人事件。容疑者は、二度目の殺人を犯した男・三隅(役所広司)。三隅の供述は会うたびに変わり、動機は一向に見えてこない。やがて浮かび上がってきたのは、被害者の娘・咲江(広瀬)の存在だった。なぜ殺したのか?本当に殺したのか?二度の殺人を犯した男の深い闇。その先に待ち受ける三度目の殺人とは――。

監督・脚本・編集:是枝裕和
美術監督:種田陽平
キャスト:福山雅治、役所広司、広瀬すず
9月9日(土)全国ロードショー
(C)2017『三度目の殺人』製作委員会 【公式サイト】(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2017年10月30日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2017年10月30日号

<COVER STORY>
松本隆氏(作詞家/音楽プロデューサー)
「良いものさえ作れば、媒体は何であっても残っていく」

<SPECIAL ISSUE>
17年7月期の“質の高いドラマ”を表彰
第9回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」発表

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!