• ホーム
  • おでかけ
  • 川平湾まで散歩気分で!石垣島「島宿イリワ」で快適な島生活を

川平湾まで散歩気分で!石垣島「島宿イリワ」で快適な島生活を

石垣島での宿泊先は離島ターミナル周辺の中心部で探す場合が多いと思いますが、石垣の昔ながらの町で宿泊するという体験もいいものですよ。今回ご紹介する「島宿イリワ」は川平湾で有名な川平集落にあり、コテージやトレーラーハウスも利用できる宿です。
川平ならではのゆったりとした滞在を楽しんでみてくださいね。

「島宿イリワ」メイン棟は赤瓦が美しい一軒家

写真:岡本 大樹

「島宿イリワ」は石垣島の川平集落に位置している宿。外観からすでにその素敵さが醸し出されている一軒家+αの宿泊施設です。
沖縄伝統の赤瓦屋根も、広い庭で育っている大きな植物たちも、訪問者の南国ムードを盛り上げてくれます。沖縄好きなら一度はこんな家で住んでみたい!と思うのではないでしょうか。

まずはゆんたくルームへ

写真:岡本 大樹

そんなイリワのメイン棟1階には、沖縄の民宿やゲストハウスでよく見られる宿泊者同士の共用スペース「ゆんたくルーム」があります。チェックインはこちらでの手続きとなるので、まずはここへ入りましょう。
ゆんたくルームはナチュラルな空間づくりがされているので、のんびりくつろぐことができること間違いなし。館内はWi-Fiが通っているので、ここで自分のパソコンを使っての作業などもできますし、共用のパソコンもあるので、調べ物したい場合にはそちらを利用することもできます。
窓外すぐの場所にはハンモックも備えつけられています。そちらでゆったりと島時間を満喫するというのもいいかもしれません。

写真:岡本 大樹

ゆんたくルームの奥にはキッチンがあります。とても広く使いやすい仕様なので、グループ旅行での宿泊中に食材を買ってきて、ここでワイワイと料理をするという滞在方法も特別な思い出になるでしょう。
また夏季には人数が集まれば庭でのバーベキューが行われることも。石垣の島豚や近海の新鮮な島えびなどを味わうチャンスですよ。(常に行われているわけではないので、詳細はホームページをご確認ください)

コテージなど選べる部屋の種類が豊富

写真:岡本 大樹

先ほど一軒家+αと表現しましたが、イリワには泊まることができる部屋のタイプがいくつもあるのです。メイン棟の1階はゆんたくルームですが、その上のフロアには2名利用できる個室が二つ並んでいます。
その他にも手作りのコテージやトレーラーハウスが庭にあり、ゆんたくルームの下にあたる場所には、最もリーズナブルに利用できるドミトリーの部屋まで用意されているので宿泊費を節約したい場合にも最適。
写真は2つあるトレーラーハウスの内の「ピカケ」のもの。中は可愛らしいインテリアで快適な滞在をサポート。トレーラーハウスは外からみると狭そうに思いますが、実際中に入ってみると充分な空間があることがわかります。
外はすぐに庭なので、キャンプ気分を楽しむことができる部屋となっていますよ。

「島宿イリワ」なら川平湾まで徒歩10分!

写真:岡本 大樹

魅力的なのは施設の中だけではありません。時間に余裕があればぜひ周辺の散策をすることをオススメします。
川平集落は都会化した石垣島の中心部よりも本来の島の生活を感じることができます。24時間営業のコンビニなどもないので不便さはあるものの、その分静かでゆったりとした滞在ができる場所なのです。
町歩きをしていると、見学から試飲までできる小さな泡盛の工場や、一般人は立ち入り禁止の御嶽などもあり、沖縄の文化を強く感じることができるでしょう。

写真:岡本 大樹

そして石垣島で最も人気のある絶景といえば「川平湾」ですよね。そのエメラルドグリーンの海は本当に美しく、見るものを圧倒するほどの素晴らしさです。石垣島の観光はここから始めるという人も多いことだと思います。
そんな川平湾にも歩いて行くことができると聞くといかがでしょうか。そうです、イリワから川平湾は1kmも離れていないため、10分ほどあれば徒歩でこの絶景まで辿り着けるのです。

「島宿イリワ」で本来の石垣島を味わおう

コテージやトレーラーハウスといった宿泊部屋を選ぶことができ、川平集落という都会化していない石垣島での生活を体験できるのが「島宿イリワ」です。
「島宿イリワ」を拠点にして、石垣らしさを存分に感じる沖縄旅をしてみてはいかがでしょうか。

■関連MEMO
石垣島川平の民宿イリワ
http://iriwa.org

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
岡本 大樹

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス