• ホーム
  • 趣味
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】

マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】

ゆったりでモッサリ

マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。

マツダらしいピープルムーバー

CX-8に初めて乗ったのは、横浜みなとみらいで開かれた新型「アルファード/ヴェルファイア」試乗会のあとだった。たまたま撮影の関係でそういう流れになり、そこまで乗ってきたwebCGスタッフからステアリングをバトンタッチした。

でも、アルヴェルの直後にCX-8というのは啓示的だ。「プレマシー」と「ビアンテ」の生産を終了したマツダが、ミニバンにとって代わる3列席SUVとして提案するのがCX-8だからだ。未来永劫(えいごう)にわたって「ミニバンやめました」ってことでもないだろうが、サードシートを持つピープルムーバーもこれからはSUVで、というアピールは、運転の楽しさとカッコよさを重んじるマツダらしくはある。

CX-8は、海外向けだったフルサイズSUV「CX-9」の日本版といっていい。2930mmのホイールベースは同寸だが、前後オーバーハングを18cmカットして、全長4900mmとした。長さ4.9mといえば、国産SUVとしては最大級で、「トヨタ・ランドクルーザープラド」(4825mm)よりも本家「ランドクルーザー」(4950mm)に近い。そこに6人/7人乗りの3列シートキャビンを設け、最新型「CX-5」用と同じ2.2リッター4気筒ディーゼルで走らせる。ガソリンモデルはない。

今回試乗したのは、シリーズ最上級の「XD Lパッケージ」の4WD(419万0400円)である。...

提供元:webCG

オリコントピックス