• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おでかけ
  • 新幹線の空席はどこで調べる?繁忙期でも指定席を取る方法は?

新幹線の空席はどこで調べる?繁忙期でも指定席を取る方法は?

旅行や帰省、出張などで新幹線の指定席を取ろうと考えたとき、まずは空席状況だけを調べたい場合はどこで確認できるでしょうか?また、座席の位置を指定して購入することはできるのでしょうか?さらに、混雑している時期でも何とか座席を確保できる方法はあるのでしょうか?
今回は元駅係員のスタッフが、新幹線の空席の調べ方、混雑する時期に空席を見つけるための裏ワザなど、初心者の方に向けて徹底解説します!

空席状況はJR各社のサイトをチェック!

新幹線の空席状況を知りたいときに、一番手軽に確認できるのが「JRサイバーステーション」。全国の新幹線・特急列車の空席照会や、新幹線の運転状況を検索できるサイトです。空席案内は、毎日午前6:30〜22:30まで利用できます。ただしサイバーステーションからは、各列車の空席の位置を表示したシートマップは見られません。空席確認用のサービスできっぷの予約はできない点に注意しましょう。

駅の窓口、指定席券売機で空席を調べる

駅の窓口やJR券の取り扱いがある旅行会社の店頭であれば、空席状況だけでなくどの座席が空いているかも確認してもらえます。……とはいっても窓口は混みあっていることが多いので、空席状況の確認だけのために行列に並んだり、係員にひとつひとつの列車の空席状況を見てもらったりするのは難しいところ。
そんなときは、駅に設置されている「指定席券売機」を利用しましょう。新幹線の乗車日と乗降駅、時間帯などを指定すると空席状況が一覧で表示され、列車を指定するとシートマップも見ることができます。
ただし駅によっては指定席券売機の設置台数が少ないため、きっぷを購入する人の迷惑にならないように気を付けましょう。

繁忙期の新幹線の空席状況は?いつ買えばいい?

年末年始やゴールデンウィーク、お盆などの繁忙期は、新幹線が大混雑する時期。連休のはじめは下りの午前中、連休後半になると上りのお昼〜夕方頃を中心に、満席の列車が目立つようになります。
JRのきっぷは乗車日1ヶ月前の午前10時に発売します。この時期に新幹線を利用するのであれば、とにかく早く指定席特急券を購入しましょう。ただしきっぷは購入するとすぐに取消料の対象となるため、何となく購入しておく、というのはおすすめしません。乗車日や時間などは乗車前に1回だけ無料で変更できますが、繁忙期はどの列車も満席になり、変更自体が難しくなる可能性があります。

きっぷとあわせてホテルも探すのであれば、パッケージツアーを利用するのも◎。パッケージツアーは1ヶ月以上前から申し込めるので、予約時に希望する列車を伝えておけば、旅行会社の担当者が発売開始にあわせて指定席の手配をしてくれます。ただしパッケージツアーでは利用できる列車や乗車変更等に制限があるため、旅程がハッキリ決まっているという方におすすめの方法です。

空席がない場合はどうすればいい?

希望する新幹線の空席がない場合は、どうすればよいのでしょうか。きっぷは予約をしたら即支払い〜購入まで行うため、「キャンセル待ち」はできません。
それでも何とか指定席を取りたい、という場合は、サイバーステーションやJR各社のサイト、駅窓口など、最初にご説明した方法で確認しながら空きを待つしかありません。
混雑する時期は座席も早い者勝ちなので、空席を見つけたら素早く予約するのが重要。タイムラグがあると他の誰かに取られてしまいます。駅窓口であれば空席を確認したその場で座席を取ってもらえるので安心ですね。

空席がないときの裏ワザ

●旅行会社のパッケージツアーを探す
先述の通り、旅行会社によってはツアー用に座席を確保している場合があるため、確認してみるのもひとつの方法。ただし出発日が近い場合はすでに座席をJRに返してしまっている場合や、ツアーで泊まれるホテル自体の空きがないなど、ツアーが申し込めないこともあります。
●自由席に乗るなら編成をチェック
どうしても空いていないときは自由席に乗車するしかありません。なるべく朝早く、または夜遅い時間を狙いましょう。東海道新幹線であれば、のぞみよりひかり・こだまの方が自由席車両が多いなど、各列車で編成の違いがあります。ただし東北新幹線の一部列車は全車指定席のため、満席の場合のみ発売する「立席(たちせき)特急券」を購入して、デッキなどに立って乗車することになります。

必ずシートマップを確認してきっぷの購入を!

2020年6月現在、JR各社で新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための取り組みが行われています。その一環として、駅窓口で指定席を発売する際には、他の乗客と座席間隔を空けるようにできる限り配慮されています。予約サイトや指定席券売機で購入する場合は必ずシートマップを確認し、なるべく空いている列車・車両を選ぶよう心がけましょう。
2020年6月現在の情報です。本記事は概要を説明したものです。詳細や最新の情報は公式サイトをご確認ください。

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
LINEトラベルjp 編集部

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス