• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おでかけ
  • 赤い砂岩の「バーゼル大聖堂」3国国境の街のランドマーク!

赤い砂岩の「バーゼル大聖堂」3国国境の街のランドマーク!

アルプスに端を発するライン川がスイス国内で流れを西から北へ変える位置にバーゼルの街が開けています。スイス第3の都市でもあり、ドイツとフランスと国境を接する、ジュネーブに並ぶ国際都市でもあります。
多くの美術館や博物館が点在しヨーロッパ人が憧れる絵本の世界のような旧市街には、ランドマーク的存在の「バーゼル大聖堂」がそびえています。美しい色彩の屋根を持ち天に向かって伸びる塔は絶好の展望スポットです。

ゴシック様式の大聖堂

写真:Hiroko Oji

スイス北西部にあり、ドイツ・フランスとの国境を接する街バーゼル。この街のランドマーク的存在として市庁舎と共に挙げられるのがバーゼル大聖堂です。どちらも赤い砂岩で造られていますが、夕日を浴びて輝くばかりの鮮やかな赤い市庁舎に比べると大聖堂の赤さはちょっと落ち着いた色合いです。
大聖堂は12世紀に起源をもち、14〜15世紀にかけて改築されました。創建当時の建物はロマネスク様式でしたが、1356年の大地震で倒壊した後、後期ゴシック様式で修復され塔が建てられました。その後も何度か改築され、19世紀に今日の姿になりました。

写真:Hiroko Oji

長さ65メートル、幅32.5メートルのゴシック様式で天井の高い開放的な聖堂内には3段重ねの美しいアーチが連なり、ひんやりした厳かな空気が漂います。

写真:Hiroko Oji

19世紀制作のステンドグラスやキリスト洗礼の場面が描かれたステンドグラスなど美しい色合いで繊細なデザインが目を惹いています。

バーゼルを一望する塔の最上階へ

写真:Hiroko Oji

この大聖堂には2本の塔があり、屋根には美しいモザイク模様が施されていてライン川の対岸からの眺めも美しい。この塔には名前が付けられており「マルティン塔」と「ゲオルグ塔」といいそれぞれ62.7メートル、64.2メートルの高さがあります。
南側にある「マルティン塔」の聖マルティンは、自分のまとっていたマントを剣で裂いて貧しい人に半分渡した逸話で有名。北側の「ゲオルグ塔」の聖ゲオルグはイングランドの守護聖人。ドラゴン退治で有名なので、よくドラゴンとワンセットの彫像にされています。その二人の像が聖マリア像などと共に大聖堂外壁にも設置されていますので、上る前に見ておいてくださいね。

写真:Hiroko Oji

塔には聖堂内の扉を開けて、石段から木製階段と続く幾段もの階段を上っていくことになります。途中二つの塔へ分かれるポイントを過ぎれば写真のような狭い螺旋階段へ。足元や壁の間からは外の風景と共に大聖堂の外壁や美しい色彩豊かな屋根の模様が。高所恐怖症の人には少々つらいかもしれませんが、これらを見下ろしながら上るひとときも楽しいものです。

写真:Hiroko Oji

塔最上階からはライン川の流れと足元や対岸の建物群などバーゼルの素晴らしい街並みが一望のもと。お天気が良ければドイツの黒い森地方まで見渡せますので、ぜひ上ってみてくださいね。

地下のクリプタ

写真:Hiroko Oji

また地下のクリプタへも堂内の扉を開けて行くことができます。
クリプタとは地下聖堂のことで、教会や城の床下に作られる、石造りの部屋もしくは貯蔵室のことをいいます。 礼拝堂や納骨所として利用され、聖人や高位の聖職者などの石棺・棺・遺物などが納められています。

写真:Hiroko Oji

階段を下りていくと壁面にはたくさんの墓碑銘が見られ、天井には素朴なフレスコ画が残っています。薄暗がりの中にはスイスにある唯一の王族の棺も置かれていたり、格子でできた扉の奥を覗いてみると遺跡のようなものがある部屋もあり、探検する気分で歩き廻れます。

隣接するクロスターの回廊

写真:Hiroko Oji

東側に隣接している修道院の回廊も見逃せません。
緑あふれる中庭をぐるりと取り囲む回廊を歩いていると、街の喧騒からかけ離れた静けさに包まれていて心癒される空間です。

写真:Hiroko Oji

美しい壁面や天井の装飾に加えてたくさんの墓碑が見られます。床にもありますので足元にもご注意を!

写真:Hiroko Oji

回廊奥のテラスからはライン川沿いの風景も楽しめます。
左側にはミットレレ橋、右側にはヴェットシュタイン橋の姿があり時折トラムが通り過ぎる様子も見られ、ライン川対岸の正面に広がる街並みが素晴らしい眺めです。

大聖堂前広場

写真:Hiroko Oji

大聖堂前の広場は石畳で覆われた広々とした空間。その広場に面して建つ建物は木の鎧戸が綺麗に並ぶ家屋です。

写真:Hiroko Oji

中には木組みのものもあって軒下の壁面の装飾画にも目が惹かれます。

写真:Hiroko Oji

またアイアン製の立派なデザインの門扉の奥に広がる中庭を取り囲む建物も素敵な装飾が施されたもので一見の価値があります。
大聖堂そのものだけでなく隣接する敷地内にも素敵な見どころがありますので、ゆっくりお散歩気分でお過ごしくださいね。

大聖堂の基本情報

住所:Munsterpl.9,4051 Basel
開場時間:(4/1〜10/31)10:00〜17:00(土曜〜16:00、日曜は通年11:30〜)、(11/1〜3/31)11:00〜16:00
休日:1/1、12/24
アクセス:トラム8・11番でマルクトプラッツ(MARKTPLATZ)下車
2020年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
スイス政府観光局:バーゼル(日本語)(外部リンク)
https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/basel/
バーゼル大聖堂公式サイト(ドイツ語)(外部リンク)
http://www.muensterbasel.ch
3国国境間近!スイス「バーゼル」の見ておきたい観光スポット
https://www.travel.co.jp/guide/article/40856/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
Hiroko Oji

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス