• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 社会
  • 和歌山発の“立ち乗り電動バイク”、共感集め5日で売り上げ5000万円超に

和歌山発の“立ち乗り電動バイク”、共感集め5日で売り上げ5000万円超に

glafit代表取締役社長の鳴海禎造氏と「X-Scooter LOM」

クラウドファンディングサービス「Makuake」で“応援販売”を開始した和歌山発電動バイクベンチャー・glafitの立ち乗り電動バイクが話題だ。プロジェクト開始から5日で、5000万円以上の売り上げを記録した。既存のモビリティとは一線を画す乗車体験やファンの共感を生んだ広報施策について、代表に聞いた。(ライター・編集 野口直希、ダイヤモンド編集部 岩本有平)

キックボードのような立ち乗り電動バイク
クラウドファンディング通じて5000万円以上の購入

クラウドファンディングサービスで自社開発の電動バイクを発表し、1億2800万円の資金を集めたことで話題を集めた和歌山県発のベンチャー企業、glafit。同社が新たなモデルの電動バイク「X-Scooter LOM」(クロススクーターロム、以下LOM)のクラウドファンディングを「Makuake」にて開始した。プロジェクト公開から3日で、すでに5000万円以上の資金を調達している。

LOMは、立ち乗りタイプの電動バイクだ。 キックボードやスクーターを思わせる形状のLOMだが、そのスペック、そして乗り心地はいずれのモビリティとも異なる。バッテリーを使用した電動式で、1回の充電で約40キロメートルの運転が可能だ(大容量バッテリーもオプションとして用意する)。時速は25キロメートル以上、約25キロメートル、約10キロメートルの3段階に変更できる。Panasonic製のバッテリーマネジメントシステムを採用し、ユーザーの乗り方や体重、用途を学習することで、バッテリー残量や航続可能距離をスマートフォンアプリで確認できるようになる予定だ。

前輪12インチ、後輪10インチと大径のタイヤを採用しており、デコボコ道を走ることができる。また、車体は自転車のように180度近く旋回する。本体重量は14キログラムで、ハンドル部分は折りたたみ可能なので、車に積んだり、職場のロッカーに収納したりもできる。100キログラムまでの荷物を牽引できるので、サーフボードの持ち運びなどにも便利だ。価格は13万6000円(税別)だが、現在は台数を限定して割引販売を行っている。...

提供元:ダイヤモンド・オンライン

オリコントピックス