• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • おでかけ
  • “日本のエーゲ海”和歌山「白崎海岸」で青と白の世界を満喫!

“日本のエーゲ海”和歌山「白崎海岸」で青と白の世界を満喫!

和歌山県日高郡由良町にある白崎海岸は、白い石灰岩で囲まれた白崎海洋公園を中心とする絶景スポットです。白い岩と、紺碧の空と海が織り成す美しい風景は“日本のエーゲ海”と呼ばれています。白崎海岸で、まるで異国のような海辺の絶景に会いに行ってみませんか。

海岸に屹立する白崎海岸のシンボル「立厳岩」

写真:モノホシ ダン

白崎海岸は、和歌山県日高郡由良町にある海岸です。国道42号線から、車を約20分ほど走らせて海岸沿いの県道に出るとにわかに風景が一変し、まるで別世界に足を踏み入れたような感覚になります。
白崎海岸は、海に突き出た巨大な石灰岩の岬と、紺碧の海とのコントラストが特異な景観を演出し“日本のエーゲ海”とも称されています。
付近は、白崎海岸県立自然公園に指定され、日本の渚100選に選定されています。白い石灰岩に囲まれた白崎海洋公園を中心に、オートキャンプ場や道の駅などがあり、海釣りスポットとしても賑わっています。

写真:モノホシ ダン

白崎海岸のシンボルといえるのが、白崎万葉公園の近くにある「立厳(たてご)岩」です。天然の一枚岩が、波に侵食され中央に大きな穴が開いています。撮影には、海岸沿いを走る県道24号線の「白崎万葉公園」の駐車場に車を停めて、約5分ほど歩いたところから撮影するのがおすすめです。
<白崎万葉公園の基本情報>
住所:和歌山県日高郡由良町大字大引
電話番号:0738-65-1203(由良町観光協会)
アクセス:JR紀伊由良駅から車で約20分

写真:モノホシ ダン

さらに、白崎万葉公園から眺められるのが「大碆(おおはい)」です。軍艦島のような形をした石灰岩で、ウミネコの繁殖地としても知られています。

“道の駅 白崎海洋公園”の中核施設「パークセンター」

写真:モノホシ ダン

白崎海洋公園の「道の駅 白崎海洋公園」には、駐車場にトイレ、産品や軽食を販売するパークセンターがあります。

写真:モノホシ ダン

パークセンターには、「お食事処 紀州の環」があって白崎沖の紀伊水道で獲れたしらすを使った名物の“しらす丼”がいただけます。ほかに、由良沖の天然足赤エビを使用した“白崎カレー”などもおすすめです。
ほかに、スイーツとしては、由良産の果汁100%ジュースを使用したソフトクリームも好評です。

写真:モノホシ ダン

売店では、由良町推奨産品として登録されている加工品を中心に、地元生産者の野菜や柑橘、果物などを販売しています。お土産にお買い求めてはいかがでしょうか。
<パークセンターの基本情報>
住所:和歌山県日高郡由良町大字大引960-1
電話番号:0738-65-0125
営業時間:9:00〜17:00(10月〜5月)、9:00〜18:00(6月〜8月)
アクセス:
JRきのくに線「紀伊由良駅」から中紀バス 白崎線「白崎西」下車徒歩約15分
車利用の場合は、JR紀伊由良駅から約20分

まるで異次元世界のような白崎海洋公園

写真:モノホシ ダン

パークセンターで軽食や買物を楽しんだなら、白崎海洋公園展望台に行ってみましょう。ログハウスが建ち並ぶオートキャンプ場の前を通って徒歩5分ほどです。

写真:モノホシ ダン

石灰岩に囲まれた“白の世界”の中を進んでゆくと、展望台に上る螺旋階段が見えてきます。天候によっては強風や突風に注意しましょう。

写真:モノホシ ダン

螺旋階段から展望台への道は、まるで異次元世界。白崎海岸はその名前の通り、岬全体が白い石灰岩で出来ています。約2億5000万年以上も前になるペルム紀のものです。ちなみに、ぺルム紀末には、地球歴史上、最大規模の大量絶滅が起きたことが知られています。
いまでも白崎海岸では、フズリナやウミユリなど、古代の化石が至る所で発見されています。展望台への道をたどりながら、化石を探すのも面白いかも知れません。

「白崎海洋公園展望台」から青と白の絶景を

写真:モノホシ ダン

「白崎海洋公園展望台」からの海の風景はまさに絶景のひとこと。石灰岩の白い岩肌と、群青の海が描き出す光景はまさに異国そのもの。青と白とのコントラストを存分に楽しみましょう。

写真:モノホシ ダン

展望台からは、視界が良ければ遠く四国まで望むことができます。「展望案内図」と照らし合わせて見てください。

写真:モノホシ ダン

白崎海洋公園展望台のすぐ目の前にある小島が「海鹿(あしか)島」。その名の通り、かつてはたくさんのアシカたちが住んでいました。現在は、「紀伊海鹿島灯標」という船舶に岩礁、浅瀬等の障害物の存在や航路を示ための小さな灯台が立っています。
またここは、海釣りスポットとしても知られ、岩礁の上に釣り人が小さく見えるのが確認できます。

由良町の花“スイセン”が楽しめる「番所山」

写真:モノホシ ダン

また、白崎海岸の背後にある「番所山」は、野生水仙の群生地としても知られています。水仙は、由良町の町の花でもあります。

写真:モノホシ ダン

番所山の水仙の見頃は、例年1月下旬ごろです。約10万本の水仙が咲き誇ります。見学には、「白崎青少年の家」の駐車場の利用が便利です。冬に白崎海岸を訪れたら、ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
<白崎青少年の家の基本情報>
住所:和歌山県日高郡由良町大字大引961-1
電話番号:0738-65-2351
アクセス:
JR紀伊由良駅から車で約15分
白崎海洋公園から徒歩で約30分

“日本のエーゲ海”白崎海岸で海辺の絶景に会いに行こう

いかがでしたか。本文ではご紹介できませんでしたが、白崎海岸のある和歌山県由良町では、ほかにもたくさんのみどころがあります。
地底探検ができると評判なのが「戸津井鍾乳洞」。週末や祝日のみの営業となりますが、2億5千万年以上前にできたとされる全長約100mの鍾乳洞です。
前日までの予約制となりますが、「白崎クルーズ」では、白崎海岸の絶景を船に乗って海上から楽しむことができます。
ほかに、歴史名所としては、醤油誕生のルーツともいわれる寺「興国寺」が。いまに伝わる金山寺味噌発祥の地です。白崎海岸にやってきたら、あわせて訪れてみてはいかがでしょうか。
2020年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
道の駅 白崎海洋公園(外部リンク)
https://www.michi-no-eki.jp/stations/view/728
由良町観光ガイド(外部リンク)
http://yura-wakayama-kanko.jp/publics/index/19/
戸津井鍾乳洞(外部リンク)
http://yura-wakayama-kanko.jp/publics/index/20/detail=1/c_id=151/page151=7
白崎クルーズ(外部リンク)
https://www.wakayama-kanko.or.jp/taiken/detail/186
白崎青少年の家(外部リンク)
https://pya-shirasaki.ssl-lolipop.jp/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
モノホシ ダン

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス