アニメ&ゲーム カテゴリ

ビグザムの巨大感半端ない…海外メディアが“ヤバい奴”と絶賛 4年越しで完成した「ソロモン要塞」

 日本の漫画・アニメ文化は海外から高い評価を受けているが、「ガンダム」コンテンツもしかり。10月3日にガンプラモデラーのまんねん工房(@hide94373)さんが公開した作品は、国内のガンプラ愛好家だけでなく、海外メディアも注目。“ヤバい奴”と絶賛した。圧倒的な迫力と、極限まで繊細に描かれた「ソロモン要塞」はどのように生まれたのか?

制作は「ビグザムの格納庫を作ってほしい」という依頼から

――ツイッターなどで発表されている作品を拝見すると、細かいところまで見事にウェザリングされたモビルスーツと、そのスケール感を感じさせるジオラマが一体となった作品が印象的です。このような作品を作るようになったきっかけは?いつ頃から作られていますか?
まんねん工房10年以上前に、CSデジタル放送で「プラモつくろうCUSTOM」という番組がありまして、それを見たときに衝撃を受けました。プロの方々の技術によって、(プラモデルが)これほど別次元になるのかと。
 ジオラマは、子供のころから情景が好きで、ガンダム基地の情景とかよく妄想したり絵に書いたりしていました。プラモデルは、12歳から40歳前くらいまで遠ざかっており、素人が本格的に改造&塗装まで挑戦し始めたのは、ここ7〜8年ほど。これまでにガンプラは30体ほど、ジオラマは10作品くらい作りました。
――「別次元」というと10月3日に発表された後、SNSで話題となった「決戦-Decisive battle- 宇宙要塞ソロモン」はそのスケール感もさることながら、緻密な構成も含め、すごい作品ですね。
まんねん工房ありがとうございます。自分の部屋の生活照明で、スマホでテストと思ってパチ撮りしただけのテキトー写真がこんなに広がってしまって後悔してます(笑)。

――本作はどのようなきっかけで制作されたのですか?
まんねん工房本作はオーダーメイドでして、ある方から「ビグザムの格納庫を作ってほしい」という、お題を頂いておりました。正直、ビグザムをカッコいいと思ったことは人生で一度もなく(笑)、乗り気しなかったのですが誰もやってないという事もあり、本気で考えてみようと思いました。
 4年前の秋に制作開始してその後、紆余曲折、放置(笑)などを経まして、9月末に一応完成形になりました。作り終えた今では、ビグザムも好きになりました(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索