アニメ&ゲーム カテゴリ

ハロをベースにした激カワガンプラ「クワトロのサングラスはもずくの容器」

 質実剛健なフォルムから『ガンダム』は多くの男性(男の子)に人気があるキャラクター。だが、ガンダムベース東京(THE GUNDAM BASE TOKYO)で、BBマイスターワカオとして講師を務め、モデラ―としても活躍しているさのすけさん(@sanosuke_waka)は、『ガンダム』のマスコットキャラクター「ハロ」をベースに女性(女の子)にもウケるかわいいキャラクターを作り上げた。以前紹介した同氏制作の『シャーク・ズゴック』とは180度異なる作品は、一体どのようにして誕生したのか?

制作者が楽しむ その雰囲気が作品を通じて見る人に伝わる

―――『ハロ』『プチッガイ』という、『ガンプラ』の中でもキュートなキャラをベースにかわいい作品を仕上げられていますが、なぜこのような作品を作ろうと思われたのですか?
さのすけ『ハロプラ』(ハロのプラモデル)制作は、ガンダムベース東京のスタッフさんがきっかけでした。塗装の練習で、ハロを『機動戦士ガンダムSEED』に登場するイザーク・ジュールというキャラクター風にしてみたいというリクエストがあり、BBマイスターとして制作のサポートをさせていただきました。塗り分けて塗装してみると、予想以上にかわいいイザークが出来上がって喜んでもらえたことがうれしかったです。
 同じように、プチッガイを『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場したガエリオ・ボードウィン風にしたいというリクエストがあり、参考用にマクギリス・ファリドをモチーフに制作したこともきっかけになっています。
 ハロプラやプチッガイなら、『ガンプラ』初心者も気軽に挑戦できますし、好きなキャラクターをモチーフにすれば制作も楽しいかと思います。何より自分も作っていてすごく楽しいです。
―――MGHGなどのリアルタイプのガンプラと、このようなキュートなキャラを制作する際、それぞれ意識する部分は違いますか?
さのすけ特に意識はしていないのですが、まずは制作する自分が楽しむことを心掛けています。制作者が楽しんで作っている作品は、見る人にも楽しい雰囲気が伝わる気がしていますので。自分も楽しくて、見た方にも楽しんでいただける、そんな作品づくりを目指してガンプラに向き合っています。

―――その雰囲気が伝わるのか、見ているこちらもほっこりした気分になれます。
さのすけ作品を見た人から、「かわいい」と言ってもらえることが多く、作ってよかったと感じました。ハロはなかなかインパクトがあるようで、見た瞬間思わず吹き出してしまう人もいて、そういった光景を見るのも楽しいですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索