• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

千葉雄大、強すぎる“可愛い”への葛藤は?「自分の本質は理解されなくてもいい」

 俳優の千葉雄大が、2月6日(日)にWOWOWにて放送・配信される『アクターズ・ショート・フィルム2』で監督に初挑戦する。脚本を書き、伊藤沙莉とともに自らも主演を務めた『あんた』で、新たな才能を開花させている。デビュー当時からあった“可愛い”イメージは、バラエティ番組などで見せるユーモアのあるトークと相まり、近年“あざと可愛い”に進化。個性あるパブリックイメージについて感じる本音と、可愛さを過剰に求められて困った経験、今後への思いなどを聞いた。

千葉雄大 (撮影/Tsubasa Tsutsui)

千葉雄大 (撮影/Tsubasa Tsutsui)

監督と役者の両立で“情緒不安定”に?「泣くシーンも自分でカットをかけました(笑)」


――役者の千葉さんが、今回は“監督業”への挑戦。あまりイメージにはなかったのですが、実は学生時代からテレビや作品の“作り手”のお仕事に興味があったとお伺いしました。監督業にも興味があったのでしょうか?

千葉雄大実は、最初は監督への興味はなかったんです。でも昔、大学の映画学科を受験した時に、面接でお話していたら「君のやりたいことは監督コースの方がいいんじゃない?」と言われたことがあって。自分では意識していなかったけど、もしかしたらその頃からやりたかったのかもしれません。

――監督に、脚本と、さらに伊藤沙莉さんとのW主演…ご自身が演じる前提で脚本を執筆されたのでしょうか?

千葉雄大書いている時は、自分がやると思っていなかったんです。嫌ですよ〜、あんなセリフがたくさんの役(笑)。でも、自分で書いておいてなんですけど、やりたい役ではありました。「どこかには出演しないといけないルールだし、主演したらいいじゃないですか」って言われて、演じることに決めました。

――監督をやってみて、役者にはない大変さを感じましたか?

千葉雄大もちろんです。そもそも僕、自分の芝居を見返すのが苦手なんです。すごく気にしちゃうので、普段現場でも芝居の後にモニターチェックはせず監督におまかせしていて。でも今回は見ざるを得ない。苦行でした!(笑)。
――監督と役者の両方をやるのは難しくなかったですか?

千葉雄大頭の中がグチャグチャになって大変でした。泣くシーンも、自分でカットをかけないといけないので。泣きながら自分がもういいなと思ったらカットをかけて、見返して…すごく情緒不安定な感じですよね(笑)。

――そんな苦行を通して、改めてできあがった作品を見て、監督としてどう感じましたか?

千葉雄大大好きな作品になりました。昔、カフェでバイトをしていた時に、一緒に働いていた方が美大の方だったんですね。よく作品作りの話をしてくれたんですけど、その方が「自分の作品を自分が好きになってあげないと、誰が好きになってあげるの?」って言っていたのが印象的で。今回、そう思える作品になったと思います。

“可愛い”を過剰に求められて困ったことも「自分に自信が持てたときに気持ちが変化した」


――千葉さんと言えば、デビュー当時から今に至るまで、“可愛い”というイメージを持たれていると思いますが、パブリックイメージが先行することへの葛藤はありましたか?

千葉雄大葛藤というか、面倒くさいなって思うことはありましたね(笑)。インタビューで「寝る前に何を飲みますか?」って聞かれて、「ハイボールですかね」って答えたら、「ホットミルクとかは…?」って聞かれたり(笑)。飲まないことはないけど、そういうイメージを求められて困ったことはありました。

――なるほど(笑)。そういったイメージに対する思いは、年を重ねるにつれ変化してきましたか?

千葉雄大たとえばそうやって誘導されそうなときに、「またそうやって書こうとしてますよね〜!?」とか、冗談で返せるようになったころから楽になりました。でもそうやっていたら、今度は「あざとい」とか「腹黒い」っていう別のワードがついちゃいましたけど(笑)。

――明確にふっきれたタイミングはあったんですか?

千葉雄大ありました。でも、何の作品をやったからとか、そういう転機があったわけではないんです。ただ、俯瞰して振り返ってみると、ちょっとだけ自分に自信が持てたときなのかもしれないですね。現場でも「初めまして」より、「お久しぶりです」って言える人が増えたり。自分が何者でもないところから、若干何者かになれた瞬間がそこだったのかもしれないです。

「なんでもやってみたい」役者はバラエティに出なくていいと言われたことも


――今回の作品では、素の千葉さんなのかなと思う部分も多々あったような気がします。

千葉雄大確かに、今回は切り替えず自分自身でやっている感じはありました。線引きをしなかったのは怖いことですけど、それがこの作品で役者をやるという僕なりの覚悟でもあって。ドキュメンタリーというか、千葉雄大がそう言っていると思われても仕方ないなという気持ちでやっていましたね。

――千葉さん自身、パブリックイメージが固まる中で、役者として幅が狭められてしまう不安はなかったですか? 例えば「極悪人をやってみたいのに」とか…。

千葉雄大うーん。こういう役がやりたいという願望は、年々なくなっている気がするんです。でも、シリアスな役が来た時に、「新境地ですね」って言われたりすると、自分としてはそんなこともないなっていう違和感はありました。“可愛い役”って言ったって、全部同じ可愛いじゃないと思いますしね。

――イメージがつくことで、もっと役者としての本質を見てほしいという葛藤などもなかったですか?

千葉雄大色がつくのはいいことばかりではないけど、そこは自分でもちょっとだけ自信がある部分というか。でも、自分の素は簡単に分かられてたまるかって思いもありますし、自分の本質なんて誰にも分からなくても大丈夫だと思っているので(笑)。

――今回監督を経験されたことで、また新たな扉が開きましたか?

千葉雄大なんでもやってみればいいんだなと思えて、間口が広がった気がします。「役者なんだからバラエティに出ないほうがいいよ」って言われたこともあるけど、僕はバラエティのお仕事もおもしろいと思うし、飽き性だからいろいろやりたくて。もちろん、やるからには覚悟は必要ですけど、監督も新たな経験でしたし、また一歩進めた感じはあります。

――監督として作品を作っていくのは、楽しかったですか?

千葉雄大めちゃくちゃ楽しかったです。みなさんが僕の漠然とした思いをきちんと形にしてくださって、とても貴重な経験でした。たくさんの方々にお名刺をいただいたりしていつもと違う気分も味わえましたし、僕も名刺を作っておけばよかったなって思いました(笑)。

作品情報

WOWOW『アクターズ・ショート・フィルム2』

2021年1月、"映画のWOWOW"が開局30周年を記念し、俳優たちと立ち上げたショート・フィルム・プロジェクト『アクターズ・ショート・フィルム』。多くの反響を受けて実施が決定した第2弾『アクターズ・ショート・フィルム2』でも、各作品の主演に実力派の豪華キャストが集結。
予算・撮影日数など同条件で5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを作成し、WOWOWで放送・配信をする短編映画企画だ。

2月6日(日)17:00〜
WOWOW プライム、WOWOW4Kで放送
WOWOW オンデマンドで配信スタート

監督:
青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子

【番組オフィシャルサイト】
https://www.wowow.co.jp/movie/asf/(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索