• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 祖父の遺影が“自撮り”と知り後悔… 祖母の思い出を残し続ける孫の想い「遺影が何枚あったっていい」

祖父の遺影が“自撮り”と知り後悔… 祖母の思い出を残し続ける孫の想い「遺影が何枚あったっていい」

 自分のおばあちゃんの写真を4年間撮り続けているYASUTOさん。そのきっかけは、おじいちゃんが遺影を自分で撮っていたことをお葬式で知り、後悔したからだという。愛犬とおばあちゃん、四季の花々とおばあちゃん、62年間使い続けているミシンとおばあちゃん……、おばあちゃんとの日常を形に残した写真の数々にツイッターで大きな反響が寄せられている。YASUTOさんにおじいちゃん、おばあちゃんへの思いを聞いた。

「おばあちゃんの遺影は俺が残してあげる」満開の花との写真を狙い、毎年10回撮影に

――6年前のおじいちゃんの死をきっかけに、おばあちゃんの写真を撮り始めるようになったそうですね。

おじいちゃんはポートレート撮影が大好きで、よく賞も獲っていた人でした。僕も、16歳だった2000年から趣味で写真を撮っていたのに、おじいちゃんと写真の話を一度もしたことがなかったし、おじいちゃんの写真を1枚も撮ったことがありませんでした。おじいちゃんが死んでいなくなって、そのことをすごく後悔して。人間って後悔しないとわからない生きものじゃないですか。そこが僕のターニングポイントでした。

――最初に撮ったおばあちゃんの写真は、いつですか。

 2017年に撮った藤の花とおばあちゃんの写真が始まりでした。「おじいちゃんの遺影は、俺が撮れなくて後悔したけど、おばあちゃんの遺影は俺が残してあげるから撮影に行こうや」って誘って、藤が満開の地におばあちゃんと出かけて撮りました。その写真は今、ツイッターのヘッダーにしています。

――おばあちゃんの反応はいかがでしたか。

そのとき撮影した中の1枚を、おばあちゃんは「これを遺影にする」って言って選んだんですけど、僕は「いやいや、おばあちゃん、まだ決めるのは早いよ」って。そこから4年間、毎年10回くらいは一緒に撮影に出かけています。

――おばあちゃんの写真にツイッター上には多くの反響が寄せられていますが、印象に残った言葉はありますか。

比較的、数字が伸びている写真には「自分のおばあちゃんのことを思い出した」というコメントが多いんですが、そういう声は自分自身も嬉しいですね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索