「なにもの?」突如現れた王道系・男子アイドルユニットAXXX1S「ファンの方の“日常生活”の中心になりたい」

 1ヵ月にライブを10日以上実施し、全国各地からファンが押し寄せる、とあるアイドルユニットが台頭中だ。「王道系・男性アイドル」として活動するAXXX1S(アクシス)(外部サイト)は結成から2年を経て、4月にCDデビューが決定した。ライブ活動の積み重ねで芽生えた、彼らの夢とは?メンバー7人に聞いた。

「王道+α」ライブで人気急上昇中 男子アイドルAXXX1S

――まずはメンバーのみなさん、自己紹介をお願します!

一ノ瀬瑞希:イメージカラーはライトブルーの、おちゃらけ優等生の一ノ瀬瑞希です!よろしくお願いします!

星野瑛聖:オレンジ担当させていただいています、星野瑛聖です。よろしくお願いします!

岡田勇輝:イメージカラーブルーの、今日も“顔ラン”が百点満点!おかゆこと岡田勇輝です。よろしくお願いします!

松下陸人:イメージカラーグリーンの、みんなの弟、松下陸人です。よろしくお願います。

宮月優斗:ちむちむゆーちむ、みんなちむんセスなんだから、なんだから!!イメージカラーイエロー、ゆーちむこと宮月優斗です。よろしくお願いします!

成瀬暉暉:イメージカラーパープルの成瀬暉暉です。よろしくお願いいたします。

丸橋拓海:今日も1日まるハッピー!イメージカラーレッドの丸橋拓海です。よろしくお願いいたします!
――リーダーはどなたですか?

宮月優斗:AXXX1Sではグループのリーダーとは言わず、班長というコンセプトで活動しています。その班長が自分になります。

――AXXX1Sの特徴を言うと?

宮月優斗:コンセプトを「王道+α」というところに置いていて、王道をまず軸にしています。AXXX1Sも軸という意味で、そこにもいろいろな意味を持たせていて、応援してくださるみなさんの生活の軸になりたいという意味や、アイドル=王道という軸もブレずにプラスアルファで、いろいろなものを取り込みながら活動していくというコンセプトがあります。

――ファン方々の生活の軸とは?

宮月優斗:普通に日常生活を送っていくなかで、僕らを中心にして動いてもらいたいという想いがあります。僕らが軸になって僕らがいるから頑張れる、僕らがいるから辛いことがあっても大丈夫だ、みたいなものです。

――それが浸透している瞬間を感じる時はどういう時ですか?

宮月優斗:それはおかゆ(岡田勇輝)が詳しいです。一番ファンが多いんですよ。意外ですよね(笑)。だから実感も多そうですよね。

岡田勇輝:SNSで自撮りなどの発信もしていますが、今の時期だと普段来れない地方のファンの方々も多いんです。僕のファンの人たちは面食いじゃないですが、顔が好きという方も多いので、そういうところで感じますかね。よく会える人はそれを糧に頑張れるという声も聞くけれど、遠くで今日も好きな顔が見られたから受験を乗り切れるとか、イベント来れなくても大丈夫とか、みんなの生活の中に僕がいるような接し方をしてくれているので、そういう意味では浸透しているなって思いますね。

突如のCDデビュー「『いやまさか!』が最初の反応でした」

 ――2018年6月にグループを結成して今年で2年ですよね。CDデビューを聞いた時の思いは?

一ノ瀬瑞希:僕自身は実は新加入のメンバーなので、入って3ヵ月くらいなんです。だから、このリリースイベントでAXXX1Sになりました。個人的にはすごく良いタイミングで入らせてもらったなと思うので、うれしいです。僕がいた前のグループがAXXX1Sの弟分みたいな感じだったので、先輩グループに加入できてうれしいですし、今頑張っている途中なんです。個人的には始まったばかり。スタートダッシュを切ったところです。

星野瑛聖:僕は彼とは経緯が違って、事務所に入って2年、きっかけはオーディションでした。今こうしてCDデビューのチャンスに恵まれて、とてもうれしいです。ようやくスタートラインにたった、という感じです。

岡田勇輝:僕はAXXX1S結成当時のオリジナルメンバーですが、2年間を経て、ようやくCDデビューするという想いももちろんありますが、最初に聞いた時は結果が本当に残せるのか、めちゃくちゃ不安があって、このままグループを続けるか続けないかで、メンバーで話し合ったこともありました。グループの意義を見い出せなくなった時期もあったんですよね。

 でも実際PVなども初めて撮って、完成した映像を初めて観た時に、グループの調子が上向いてきている事実をたくさん見て実感しているので、当初は不安しかなかったけれど、いまは期待もあります。そしてグループも続けていてよかったと思っています。
松下陸人:僕はAXXX1Sに加入してちょうど1年なので、リリ―スイベントの経験も一度あるのですが、今回はCDデビューなので、話が大きすぎて現実味がなかったですね。「あ、出すんだ」みたいな(笑)。新メンバーも入って、PVも初めて撮って、不安な中いろいろ頑張りました。すごいです。

宮月優斗:素直にうれしいのですが、僕はAXXX1Sの前のグループも経験していて、別のグループと合体して誕生したんです。その時からCDなどを出していたために、今回はCDを出した後、どれだけ成績を残せるかとか、後のことまですぐ考えちゃいましたね。でも何度かリリースイベントをやってこういう取材も受けているうちに、今までにない枠組みの仕事がすごく増えたので、新しい良い面も感じています。

成瀬暉:CDデビューを聞いた時は、ちょうどライブ中だったのですが、「いやまさか!」が最初の反応でした(笑)。どんな嘘だよって。けれど日にちが経つにつれて、PVや曲の制作が始まり、どんどん現実味が増しました。でもある時のお客さんのリアクションを見て、ようやく実感したというか。そういうことが最近多いので、日々の変化を感じています。それこそおかゆ(岡田勇輝)じゃないけれど、最初は不安しかなかったので、このステージに立ててよかったなと思っています。

丸橋拓海:僕もアイドルを始めたてで、ちょうど活動も1年なんです。最初は(CDデビューに対して)現実味がなさすぎて、実感はまるでなかったのですが、1月からリリースイベントがスタートして、だんだんと現実が近づいてくると不安も大きくなりましたが、みんなの応援を聞いていて実感がわいてきました。うれしくもあり不安もありでしたが、いまはもう不安はないです。

「2階席からも楽しめる工夫も」フォーメーションダンスへのこだわり

――班長、新シングル「キミホリ」は、どういう曲でしょう?

宮月優斗キミホリ(外部サイト)」は君とホリデーの略なのですが、休日に好きな人と一緒にデートをするお話です。遊園地でデートをするのですが、曲の冒頭ではデートへの道のりも表現されています。サビになると、遊園地に着いて遊ぶ気持ちを表現しています。聞いていてハッピーになれますし、わくわくする楽曲になっています。

――同世代のファンが聞いて、わくわくするような感じも?

宮月優斗:そうですね。僕たちの「王道+α」は、衣装のトレンドも取り入れたということもあるのですが、今回歌詞にもそれを入れていて、「インスタ映え」とか、いまっぽい単語も入っています。そういう意味では、敏感にしているところはありますね。

――また、メンバー全員で魅せる“フォーメーションダンス”がスゴいと?

宮月優斗:実は上から見るとわかるのですが、通常のステージは正面を想定して作っていますが、仮に上から見た時に、フォーメーションが面白いんです。サビにジェットコースターという単語が出てくるのですが、僕らを上から見るとジェットコースターみたいに見えるんですよ。そういうダンスをしています。

――俯瞰で見てほしい?

宮月優斗:そうですね。あとは僕らが2階席、3階席がある会場でやることになれば、フォーメーションダンスが見えます。このことはあまり公言していないので、今回の取材を通じて知ってくれたファンの方々が、2階席、3階席も楽しめるねって思えるくらい、大きくなっていこうという意味も込めて作ったダンスでもあります。かなり凝っています!
――歌詞で「インスタ映えを世界に拡散したい」「タイミングが大事」などがありますが、CDデビューのタイミングで挑戦してみたいことは?

宮月優斗:基本的にライブを中心に活動をしているので、まずはライブ会場を大きくしていきたいですね。今回のCDデビューにあたって、個々のメンバーの成長もありました。成長スピードをどんどん上げて、早くZEPPで(ライブを)やりたい。数年後に向けて(の目標)ではなく、いまやろうくらいの勢いです。リリ―スイベントの良い波をもらっているので、そのままやったことの無いことにも挑戦していこうと。(AXXX1Sの活動は)ライブが中心なので、ファンの方を楽しませるために、より大きな会場で会いたいなと思っています。

――最後に、AXXX1Sを初めて知る方へのメッセージをお願いします!

一ノ瀬瑞希:会いに来て、ライブを見て、僕たちの新しい一面を知ってほしいですね。グループ感を見てほしいので、一度ライブに来てほしいです!

星野瑛聖:僕たちは基本的にライブを中心に活動していて、ライブ中にメンバーの個性・特技が出ていると思うので、よろしくお願いします!

岡田勇輝:CDデビューしますが、歌詞カードを手にとっていただくと、すごいキュンキュンする歌詞だと思うんです。歌詞にも注目です!

松下陸人:月に何10日もライブをやっているのですが、絶対好きなタイプがいると思うんです(笑)。よかったらライブに来てみてください。

宮月優斗:このグループは面白い、かわいい、かっこいい、絶対ハマれると思うので、いま好きになってもらうと、近い将来「前から知ってた」と言える古参になれます(笑)。

成瀬暉:まあイケメンがたくさん揃っています(笑)。会いに来てくれれば、ハマると思います!

丸橋拓海:僕たちは楽曲もこだわっているので、少しでも気になった方は、検索したりして、(音楽を)聞いてもらって、ぜひライブにも遊びに来てください!

『AXXX1S』CDデビュー楽曲「キミホリ」MV

【動画】『AXXX1S』のPVを見る→

INFORMATION

「AXXX1S」
アイドルというジャンルを軸にトレンドやそれぞれの個性を取り入れた「王道+α」がコンセプト。2020年3月31日には初のメジャーリリースシングル、キミホリ発売決定!

オフィシャルサイトはこちら(外部サイト)

Sponsored by :株式会社ロックフィールド

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索