• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
(更新: ORICON NEWS

2023年 ブレイク俳優ランキング(女性編)

2023年 ブレイク俳優ランキング(女性編)

 2023年も残りわずか。ドラマや映画などで今年もっとも活躍し、強烈な印象を残した俳優は誰か? ORICON NEWSでは、恒例の『2023年ブレイク俳優ランキング(女性編)』を調査。その結果、見事に“演技派俳優”としての成長を見せつけた【生見愛瑠】が、年間でも1位に輝いた。
→総合TOP10&世代別TOP5はこちら

ドラマや映画に引っ張りだこ、全世代が認めた“演技派俳優”

  • 上半期に続き年間でも1位を獲得した生見愛瑠(C)ORICON NewS inc.

    上半期に続き年間でも1位を獲得した生見愛瑠(C)ORICON NewS inc.

 上半期でも同調査で1位を獲得した生見愛瑠が、年間でも首位の座を獲得。今年1月には昨年公開の映画『モエカレはオレンジ色』での演技が評価され、第46回日本アカデミー賞にて新人俳優賞を受賞。その後も映画、ドラマともに俳優業が充実した年であった。

月9ドラマ『風間公親 ‐教場0‐』(フジテレビ系)では、バラエティーの場では見ることのない、シリアスな表情で視聴者を魅了。現在放送中のドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)では、役柄に合わせて髪をショートボブにイメチェン。役になりきるなど演技への高い向上心も見せてくれた。

 「『教場』の殺人犯役は新しい“めるる”を見たような気になったのですが、これが生見愛瑠なのかと思った。バラエティーだけではわからないポテンシャルの高さを知ることができて良かった。もっと他の作品でも観てみたい」(埼玉県/50代・女性)、「『日曜の夜くらいは』の演技が素晴らしかった。たくさんいるモデルの1人と思っていたけど、頭一つ出た感じがする」(千葉県/50代・女性)と、出演作で見せる演技への称賛の声が多数。

 また、同世代のユーザーからも「モデルやバラエティーの印象があったが、ここ最近たくさんドラマに出演されていた印象があるから」(埼玉県/20代・女性)、「今まではタレントだったのが、演技の仕事が増え、女優として大きく活躍するようになったから」(東京都/20代・男性)と支持されている。

 11月には日経トレンディが選ぶ“今年の顔”に選出された生見。イベントでも「今年はいろんなことに挑戦した一年。学びの一年でした。来年もっといろんなことに挑戦して充実の一年にしたい」とコメント。どれか一つに専念せず、俳優、バラエティタレント、モデル…それぞれのフィールドで自身の魅力を発揮している彼女から来年も目が離せない。

“脱・二世”朝ドラヒロインで認知を全国区に

  • 下半期にぐっと認知をあげ、2位にランクインした趣里(C)ORICON NewS inc.

    下半期に認知を拡大し、2位にランクインした趣里(C)ORICON NewS inc.

 上半期には惜しくもTOP10には届かなかった趣里が2位に急浮上。その要因は、やはり10月から放送されているNHK連続テレビ小説『ブギウギ』の影響。2471人が応募したオーディションに合格し、ヒロイン・花田鈴子役を熱演。戦後の大スター、笠置シヅ子役として歌だけなく、関西弁の演技にも挑戦して、見事に“ブギの女王”を令和の朝によみがえらせた。

 そんな趣里に「『ブギウギ』でかなり難しい役どころを見事にこなしており、まさに一皮むけ、大化けしていっているのを感じるから」(東京都/50代・男性)、「ほぼ知らなかったが、朝ドラマで見て歌も演技もうまいし歳も30代にはとても見えない。化粧によっては学生でもいける幅の広さもすごい」(北海道/40代・男性)と讃えられた。

 俳優の水谷豊と伊藤蘭の一人娘であり、“2世”としての認知もあった彼女。しかし、着実に俳優としての実力も評価され、様々な賞を受賞。朝ドラヒロインの抜擢が後押しとなり、今年のブレイクまで駆け上がった。ユーザーからも「元々も印象的な俳優さんだったが、朝ドラ主演になり、2世から完全に抜け出した印象がある」(千葉県/20代・女性)といった声が寄せられ、“一人の演技派俳優”としての認知をさらに広げている。

上半期4位からTOP3入り、話題作への出演を経てブレイク俳優へ

  • 『大奥』で演じた徳川家光が話題を集めた堀田真由(C)ORICON NewS inc.

    『大奥』で演じた徳川家光が話題を集めた堀田真由(C)ORICON NewS inc.

 1年間4クール、連続ドラマに起用され、着実に認知を高めていった堀田真由が年間で3位にランクイン。

 1月期のドラマ『大奥「徳川家光×万里小路有功 編」』(NHK総合)で“男女逆転”の徳川家光を演じたのち、4月からは『風間公親 教場0』(フジテレビ系)で新人刑事たちを見守る事務員役で出演。7月からはドラマ『CODE −願いの代償−』(日本テレビ系)でハッカー役を演じた。
 
 作品毎に異なる演技に魅了される視聴者が多く「とてもチャーミングなルックスなのに、どこか薄幸な感じも惹かれる。演技も上手いのに、あまりフィーチャーされていないのが不思議」(神奈川県/30代・男性)、「『大奥』の将軍役よかったです。今クールは主演をされているし、飛躍したと言えるのではないでしょうか」(福岡県/40代・女性)などの意見があった。

 10月期ドラマ『たとえあなたを忘れても』(テレビ朝日系)では、音楽教室のピアノ講師役で主演。記憶を失ってしまう「解離性健忘症」の障害を抱える青年とのヒューマンラブストーリーを演じている。

 また、2020年には結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート)の13代目CMガールに選ばれた彼女。同誌のCM等に出演をしてきたが、俳優としての活動が本格化することで、「“脱ゼクシィ”で、ウェディングドレス姿よりもドラマの1シーンの姿を思い出すようになってきたから」(東京都/40代・女性)という意見もあった。

大河ドラマ出演で注目された俳優が多数ランクイン


 多くの俳優のブレイクのきっかけともなる“朝ドラ”。今年はそこにNHK大河ドラマ出演も、存在感を発揮する要因の一つとなった。

 6位のファーストサマーウイカは、2024年1月7日スタートの大河ドラマ『光る君へ』にききょう(清少納言)役で出演が決定。バラエティー番組でのサバサバしたキャラクターが強いが、俳優としては各作品の役どころにしっかり溶け込んでいる印象も強い。

 4月クールのドラマ『unknown』(テレビ朝日系)では、クリーニング店を経営するシングルマザー、7月クールの『シッコウ!! 〜犬と私と執行官〜』(同局)では、保護動物カフェの店長などをナチュラルに演じた。

 そんな彼女に「演技がうまくて違和感なくなんでもこなせるカメレオン俳優みたいで好き」(千葉県/30代・女性)、「バラエティーに出て、歌もうまくて話が面白い人のイメージだったのですが、気づけば女優のイメージになりました。来年は大河で清少納言演じられるとか。期待しています」(福岡県/50代・女性)との声が寄せられている。
  • 8位の松本若菜は大河や連続ドラマで存在感を発揮した(C)ORICON NewS inc.

    8位の松本若菜は大河や連続ドラマで存在感を発揮した(C)ORICON NewS inc.

  • 声優を務めた『すずめの戸締まり』も大ヒットとなった原菜乃華が10位(C)ORICON NewS inc.

    声優を務めた『すずめの戸締まり』も大ヒットとなった原菜乃華が10位(C)ORICON NewS inc.

 また、17日に最終回を迎えるNHK大河ドラマ『どうする家康』に出演した2名もTOP10にランクイン。

 遅咲きブレイクとも言われていた松本若菜は8位に。『どうする家康』では、家康に愛された側室・阿茶局を演じ話題を呼んだ。また、1月は『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)のレコード会社のスタッフ役、10月は『ONE DAY 〜聖夜のから騒ぎ〜』(フジテレビ系)の刑事役など、大河と並行して連続ドラマでも存在感を発揮。

 そんな彼女に「『仮面ライダー電王』に出ていた頃から知っているが、今年初めてCMに出ているのを観た。やっと努力が報われたのねと思いました」(埼玉県/50代・女性)と俳優デビューとなった『仮面ライダー電王』(テレビ朝日系)の記憶が残っているユーザーからの声も届いていた。

 10位は、『どうする家康』で初の大河出演を果たした原菜乃華。同作で演じた豊臣と徳川をつなぐ最愛の孫娘・千姫も印象深かったが、菅田将暉主演の映画『ミステリと言う勿れ』でキーパーソンを演じたことも記憶に新しい。

 「『すずめの戸締り』の主役や、大河ドラマへ抜擢出演など、大作への出演で、ほとんど名前をしらなかったところから一気に名前が知れ渡り、そのギャップがすごかった」(福岡県/30代・男性)、「大河ドラマに出たり、映画、ドラマに多数出演していた。また、写真集を発売したりと随分活躍している印象があった」(埼玉県/10代・男性)などの意見があった。

 主演やヒロインではなくとも、連続ドラマでの助演やキーパーソンとして存在感を発揮した俳優が並んだ女性編。特に、これまでの実力派俳優たちが名を上げるきっかけにもなっていたNHK大河ドラマ出演がランクインの要因となった傾向も見えた。

2023年ブレイク俳優ランキング(女性編) 総合TOP10

生見愛瑠

  • 演技の仕事が増えているのと、仕事が忙しそうなのに演技に対してちゃんと準備して取り組んでいるのが演じる役が幅があるところが製作側から信頼されているのかなと思うから(熊本県/30代/女性)
  • ドラマでの好演が光り、前回のテレ朝深夜ドラマから、今回の日テレドラマと楽しく拝見しています。はじけっぷりの演技が良いですね。(神奈川県/50代/男性)
  • 『教場』の殺人犯役は新しい“めるる”を見たような気になったのですが、これが生見愛瑠となのかと思った。バラエティーだけではわからないポテンシャルの高さを知ることができて良かった。もっと他の作品でも観てみたい(埼玉県/50代/女性)

生見愛瑠

1

趣里

  • 元々も印象的な俳優さんだったが、朝ドラ主演になり、2世から完全に抜け出した印象があるから(千葉県/20代/女性)
  • 満を持しての朝ドラヒロイン。これで知名度は全国区に。けれど、彼女の素晴らしさはテレビドラマより舞台のほうが活きる。これからも舞台に出続けてほしい(千葉県/40代/女性)
  • 『ブギウギ』でかなり難しい役どころを見事にこなしており、まさに一皮むけ大化けしていっているのを感じるから(東京都/50代/男性)

趣里

2

堀田真由

  • 『大奥』の将軍役よかったです。今クールは主演をされているし、飛躍したと言えるのではないでしょうか(福岡県/40代/女性)
  • “脱ゼクシー”で、ウェディングドレス姿よりもドラマの1シーンの姿を思い出すようになってきたから(東京都/40代/女性)
  • 『教場』での風間刑事の秘書として登場してから、とてもメディアで見る機会が増えたと思う。ドラマでは流行りの服やレゴで遊ぶと言った明るい話題を振り撒き、とても良かった(神奈川県/50代/女性)

堀田真由

3

ヒコロヒー

  • お笑いだけでなく、お芝居にチャレンジする場面を色んなところで見かけたから(熊本県/10代/男性)
  • リアリティーのある演技ができる方だと思います(徳島県/30代/男性)
  • 脇役でしたが、ヒロインとの掛け合いが面白かった(静岡県/50代/女性)

ヒコロヒー

4

桜田ひより

  • ドラマ主演に映画主演も決まり、子役ではない魅力を魅せはじめている飛躍していると思いました(東京都/30代/女性)
  • いろんなドラマで目が行ってとっても印象に残る。良い意味でなんか気になるがとても多い(大阪府/50代/女性)
  • ドラマに頻繁に出ているし、今は『あたりのキッチン』で活躍しているから(福井県/50代/女性)

桜田ひより

5

ファーストサマーウイカ

  • 『禁じられた遊び』でのモンスター役がすごかったから(岡山県/20代/女性)
  • 演技がうまくて違和感なくなんでもこなせるカメレオン俳優みたいで好き(千葉県/30代/女性)
  • バラエティーに出ている歌もうまくて話が面白い人のイメージだったのですが、気づけば女優のイメージになりました。来年は大河で清少納言演じられるとか。期待しています(福岡県/50代/女性)

ファーストサマーウイカ

6

福本莉子

  • 可愛いのになんで脇役なんだろう…と感じていた4年前から 今じゃ主演や主要キャラが多いから(大阪府/10代/女性)
  • 『トリリオンゲーム』と『ONE DAY』で見たので。今後に期待(広島県/40代/女性)
  • 映画やドラマで何度も見かけて、透明感のある素敵な女優さんだと思いました(東京都/50代/女性)

福本莉子

7

松本若菜

  • 大河ドラマ『どうする家康』の阿茶局役がとても素晴らしいから(神奈川県/10代/男性)
  • 飛び抜けた役以外でも、存在感が出てきた(京都府/40代/女性)
  • いろんな番組で見るようになった。ドラマでは何の役でもできるし、主役もやった。バラエティでも面白い。『電王』の優しいお姉ちゃん役から見ている者としてはうれしい限り(埼玉県/50代/女性)

松本若菜

8

山下美月

  • 『舞いあがれ!』や『下剋上球児』などアイドルしてのみならず女優として飛躍したから(東京都/10代/女性)
  • 乃木坂の子とは、知らずに『舞いあがれ!』を見ていたのですが、演技が上手で可愛くて好きになりました(北海道/40代/女性)
  • 乃木坂の活動しながら女優の仕事もこなし、今や引っ張りだこの存在、朝ドラで見せた関西弁(関東育ちでありながら)の演技力は特筆もの(東京都/50代/男性)

山下美月

9

原菜乃華

  • 大河ドラマに出たり、映画、ドラマに多数出演していた。また、写真集を発売したりと随分活躍している印象があった(埼玉県/10代/男性)
  • 『すずめの戸締り』の主役や、大河ドラマへ抜擢出演など、大作への出演で、ほとんど名前をしらなかったところから一気に名前が知れ渡り、そのギャップがすごかった(福岡県/30代/男性)
  • 『丸亀うどん』のCMでの可愛さが際立っていた(奈良県/50代/男性)

原菜乃華

10

2023年ブレイク俳優ランキング(女性編) 世代別TOP5

【調査概要】
調査時期:2023年11月9日(木)〜11月17日(金)
調査対象:計1000名(自社アンケートパネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査方法:インターネット調査
調査機関:オリコン・モニターリサーチ

【オリコンランキングご利用上のご注意】
オリコンランキング(売上枚数のデータ等、オリコンのあらゆるデータ、ランキング)の著作権その他の権利はオリコンに帰属しております。WEBサイト(PC、ブログ、携帯電話等)や電子メール、雑誌等の紙媒体等、いかなるメディアにおきましても、オリコンランキングを無断で掲載するといった行為は固く禁じております。

オリコン・モニターリサーチ

あなたにおすすめの記事

>

 を検索