ドラマ&映画 カテゴリ
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • Drama&Movie TOP
  • 映画
  • 【沖縄国際映画祭】賀来千香子、初の幽霊演じ号泣「収録を止めてしまった」 映画『おしゃべりな写真館』で『ヤメ検の女』監督と再タッグ

俳優の賀来千香子(62)が20日、沖縄県那覇市で開催された『第16回 沖縄国際映画祭 島ぜんぶでお〜きな祭2024』内で行われた映画『おしゃべりな写真館』舞台あいさつに登場した。同作で初の幽霊役に挑んだ際のエピソードを語った。 北海道の古い写真館に、目を患い失意のフォトグラファー・松原雄二(中原丈雄)がやってくる。写真館は2年前に亡くなった雄二の妻・敬子(賀来千香子)の実家で、継ぐことが義父・三國勘太郎(橋爪功)が遺言であった。ある吹雪の日、写真館の前で震える少女・吉本麻衣(山木雪羽那)を助ける。里親となり一緒に暮らす二人の前に、勘太郎と敬子の幽霊が現れる。幽霊もまた、心にわだかまりを抱えていた。十勝の自然と写真館を舞台に描かれる再生の物語。 役作りで意識したことを問われた賀来は「(幽霊役が)初めてだったんですが、愛する人を残して自分が先だつのはどんな想いか、生前に届けたかった思いが届けられたのだろうか、自分がいなくなったらみんなが…とかを考えたら切なくて。初日に録音した冒頭のナレーションの部分でグッと来てしまって、がーっと泣いてしまった。途中に(収録を)止めてしまったくらい。そんなこともありつつ、命の尊さを大事にしたいと思って演じました」と語った。

この記事の画像

  • 賀来千香子 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)山木雪羽那、中原丈雄、賀来千香子、藤嘉行監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 山木雪羽那 (C)ORICON NewS inc.
  • 中原丈雄 (C)ORICON NewS inc.
  • 藤嘉行監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索