• ホーム
  • 芸能
  • 16回目の『R-1ぐらんぷり』 優勝分けた“視聴者票”の存在

16回目の『R-1ぐらんぷり』 優勝分けた“視聴者票”の存在

左目は全く見えず、右目も明るさがわかる程度であるという盲目の漫談家・濱田祐太郎(28)の優勝で幕を閉じた、毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』決勝戦。これまで、100点満点による点数制、1対1のトーナメント制などといったさまざまな審査方法が採用されてきたが、2012年の第10回大会からは決勝進出者12人によるブロックトーナメント制が採用されてきた。同審査方法が採用されて7回目となる今大会で、初となる各ブロックで同率1位という事態が発生した。

まずは、大会のルールからおさらいしておきたい。決勝戦は、決勝トーナメントに進出した10人と当日発表される「復活ステージ」通過者2人...

この記事の画像

  • 『R-1ぐらんぷり2018』を制した濱田祐太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2018』を制した濱田祐太郎 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 濱田祐太郎=『R-1ぐらんぷり2018』優勝者囲み会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス