アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『ZIP!』に抜擢の風間俊介、各方面から“MC”としても絶賛されるワケ

『ZIP!』に抜擢の風間俊介、各方面から“MC”としても絶賛されるワケ

 演技派俳優としての道を着実に歩んできた風間俊介が、10月1日より日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の月曜メインパーソナリティーに就任した。初日冒頭の挨拶では自己紹介よりも先に台風についてコメントするなど、その誠実な人柄と安定感のあるトークで現在までの好感度は概ね上々のようだ。事務所との契約が解除となった山口達也の後任という形で決定した当初は、「事務所のゴリ推しなのでは?」といったネガティブな意見が少なくなかったのも事実。そうしたマイナスからのスタートを逆転させた風間のMCとしての資質を改めて検証してみた。

王道路線に乗らず演技力を磨くことで独自の立ち位置を確立

  • 『ZIP!』で総合司会を務めている川島海荷 (C)ORICON NewS inc.

    『ZIP!』で総合司会を務めている川島海荷 (C)ORICON NewS inc.

 中学2年生でジャニーズ事務所に入所。16歳のときに出演した『3年B組金八先生』(TBS系)で表裏のある生徒役を演じて以来、演技派俳優としての道を着実に歩んできた。狂気じみた役どころからごく平凡な青年の役までを違和感なくこなす演技力で、主演作だけでなく『99.9 刑事専門弁護士』(2016年/TBS系)や『陸王』(2017年/TBS系)など、連ドラ数話のみのゲスト出演でも鮮烈な印象を残した作品は多い。

 NHK連続テレビ小説『純と愛』(2012年)ではヒロインの相手役を演じ、実力派俳優としての存在感がお茶の間にも浸透。この頃はまだ、“歌って踊れるキラキラしたアイドル”の代名詞的存在であるジャニーズ事務所と彼がリンクしなかった人も多かったはずだ。その『純と愛』の完成会見では、脚本家の遊川和彦氏に「イケメンがヒロインを支えるのは見飽きた。普通のお兄ちゃんが女性を支える作品にしたいから、風間くんなんだ」と言われたことを自虐交じりで明かしている。演技力を磨くことでジャニーズ事務所でも独自の立ち位置を築いた風間だが、“歌って踊れるキラキラしたアイドル”という王道路線に乗れなかったことを悩んだ時期もあったようだ。

 MCを務めるNHK・Eテレの福祉番組『ハートネットTV』内企画『ブレイクスルー』の会見(2014年4月8日)では、さまざまな生きづらさを題材とした番組になぞらえて、自身の弱点を「ジャニーズ事務所はかっこいい人ばかり。そのなかで自分にできることは何だろうって考えたら、顔で張り合うことではなかった」と打ち明けている。さらに「ありがたいことに最近は俳優って言っていただけるようにもなった。顔で戦っても勝てないなら別の武器で戦おうって決断したことは、自分のウィークポイントでもあるし、弱点を愛せるようになったきっかけ」と苦悩を乗り越えた時期を振り返った。

 ちなみに風間は山下智久、生田斗真、長谷川純とユニット活動をしていた時代があり、アーティストとしてのトレーニングも積んでいる。舞台『イントレランスの祭』(2016年)の会見では、風間が旗を持ってダンスをするシーンについて作・演出の鴻上尚史氏が「やっぱりあの事務所だったんだねっていうくらい、びっくり。てっきり下手で俳優業に来たと思ったら、踊れましたよ」と驚くと、風間は「僕は踊れないって言っているんじゃなくて、“踊らない”」と訂正して会場を沸かした。ときに真摯に場を和ませるコメント力の高さは会見のみならず、バラエティ番組でも大いに発揮されている。

バラエティで見せる飾らない人柄も風間の好感度に

  • 『ZIP!』で総合司会を務めている桝太一 (C)ORICON NewS inc.

    『ZIP!』で総合司会を務めている桝太一 (C)ORICON NewS inc.

 4月より放送中のクイズバラエティ番組『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)では、“生徒”という立ち位置で出演。担任の林修と副担任の千鳥・ノブの進行を助ける的確なコメントを放ち、「本当にどうやったら、あんなにコメント力を鍛えられるのかっていうくらい素晴らしい」と林氏を感心しきりにさせていた。またノブも「収録中も何回か鳥肌が立ちました。林先生と僕が『こう考えてほしい』と思ってくれることを言ってくれる」と舌を巻き、「風間くんが副担任でも全然イケるので、ワンクール後にそうなっていないかと…」との不安を吐露した。その不安は的中し、風間は放送わずか2週間後に“学級委員長”へとスピード出世を果たしている。演技力を高く評価される俳優でありながら、バラエティで見せる飾らない人柄も風間の好感度につながっているようだ。

 また、5月15日放送の『マツコの知らない世界SP』(TBS系)では、自らの得意ジャンルとして「東京ディズニーランドの世界」を持ち込み企画として披露。11歳より年間パスポートを23年間更新し続けているという風間は、ディズニーランドの建造物からストリート、そしてゴミ箱とマニアックなチョイスで熱弁をふるい、マツコを「この番組によく来られるタイプの方とほとんど同じね」とうならせた。そして、同番組の総合演出の坂田栄治氏も「まさか台本書きや取材まで自ら買って出てくださるとは思ってもいませんでした。企画の着眼点は、十分すぎるほどのマニアックさでユニーク。正直驚きました。トークも何時間でも聞いていたいほど魅力的でした」とそのレベルの高さに脱帽している。

いい意味での優等生的な安心感のある風間が『ZIP!』に適任

 さらに10月1日からの本登場を前にした9月24日放送の『ZIP!』では、レポーターとしてディズニーランドからの生中継を敢行。その溢れるディズニー愛と安定したレポートぶりに、ネットでは「ディズニー中継ベテラン感がすごい」「紹介の仕方が上手すぎる」「風間くんの安定感。朝の番組にもピッタリ」と話題と共感が集まった。また「桝さん、海荷ちゃん、楽しいです!」と呼びかけるなど、スタジオとのコミュニケーションも良好で、桝太一アナから「内容も尺も完璧です」と絶賛されるひと幕もあった。

 弱点を克服した実力派で、人柄も親しみやすい。そんな優等生ぶりを「堅い」と評する向きもある。10月8日の『ZIP!』放送後には、同系列の『スッキリ』に生出演。「初回がいろいろなアクシデントとかもあって、生放送ってこういうことがたくさんあるんだなと」と振り返り、「観てくださる方にもいろんな朝があると思うので、すべての朝に寄り添っていきたい」と風間がコメントすると、『スッキリ』MCの極楽とんぼ・加藤浩次から「なんでそんなちゃんとしたコメントばっかり言うの。もっと適当でいいのよ」という指摘が飛んだ。風間もまた、「優等生という殻を破りたい気持ちもあります」と打ち明けている。しかし、同じ朝の情報番組でも、社会問題にも舌鋒鋭く切り込む『スッキリ』と、爽やかな朝の目覚めを視聴者とともに迎えるイメージの『ZIP!』とでは雰囲気も内容も異なる。そして『ZIP!』のパーソナリティには、いい意味での優等生的な安心感のある風間がふさわしいのではないだろうか。

 リオパラ五輪と平昌パラ五輪では、NHKのハイライト番組『パラリンピックタイム』の現地リポーターを務め、選手へのインタビューや中継での付け焼き刃ではないコメントに絶賛の声が上がり、その実力派は折り紙付き。童顔なルックスだが、現在35歳。2013年には30歳の節目に、10年間交際していた一般女性と結婚。地に足のついた活動を続け、俳優としてのたしかなポジションを確立した風間。そして朝の顔として老若男女幅広い層が触れる存在となった今は、パーソナリティとしての今後のあり方によって、俳優としてもさらなる飛躍につながる正念場の時期でもある。

(文/児玉澄子)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!