• ホーム
  • 趣味
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】

三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】

普通のことが普通にできる

三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。

方々で話題に上がる評判のよさ

某月某日。プレス試乗会の現場で会った某インポーター広報部のAさんは「あのクルマ、評判いいですよね」といった。いれかわりたちかわりやってきたモータージャーナリストその他の人たちが、そのへんのことを彼に話したのであろう。

「あのクルマ」とはもちろん今回のこのクルマのことで、それが「評判いい」。自動車プレス関係者がわざわざ「いいよ」というクルマ、実はそんなにはない(試乗記等ではそこそこかもっとホメているっぽくても)。なので私はますます確信を深めたのであった。たまたま近いタイミングで公道プレス試乗会がおこなわれたばかりの新型車、というだけでは明らかにないナニモノかまたはナニゴトかが、このケースに関してはある。なお、「ますます」なのは、もちろん自分でも運転したのと、それともうひとつ、ネット上の試乗記をいくつか読んでいたから。そこでもエクリプス クロス、おおむねかもっと好評だった。あるいは、かなり、おしなべて(「ディーゼルもハイブリッドもないからダメ」みたいなのもなかにはあったけど)。

エクリプス クロスはなぜ、評判がいいのか。ハードウエア上の最大の勝因は、車体というかクルマのホネがしっかりしていること……だろうと私はいいたい。安心感ある走りも快適な乗り心地も、がっしり太い頑丈なホネがあってこそ。

例えばの話、数ある軽トラのなかでスバル製「サンバー」がアタマひとつかふたつ抜けていた要因もそこだと思う(いわく、角パイプによるフルフレーム構造)。「スズキ・ジムニー」が乗ってやたら気持ちよかった要因も、やはり同じようなところにあるはずだ。スバル製サンバーもジムニーも、いわゆる快適な、コンフォタブルな乗り心地の乗用車とはちょっとかもっと違う。違うけれど、クルマのホネがしっかりしていることの気持ちよさや安心感は乗れば(たぶん誰でも)すぐわかる。そしてそれは、最近の多くの(日本の)乗用車からかなり無残に失われている美点でもある……のだけれど、作る側の人も乗る側や買う側(とあと、書く側)の人も、どうもそこに目がいっていない。あんまり。自分のこともコミで、そう思う。パッと乗って、ホネがしっかりしているかどうか。信用してよさそうか。考えてみたら、これほど単純にわかりやすいことはちょっとほかになさそうなものなのに。...

提供元:webCG

オリコントピックス