• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 日本一有名なエビフライ? “食品サンプル”の暮らしを撮った写真に癒される人が続出

日本一有名なエビフライ? “食品サンプル”の暮らしを撮った写真に癒される人が続出

 新型コロナウイルスの影響により、外出を控える人も多かったであろう今年の夏休み。そんな中、食品サンプルのエビフライの日常やステイホーム中の様子を投稿するアカウントが話題を集めている。投稿主はえびふらいふ(@ebiflife)さんで、開設して1ヶ月程ですでにフォロワー数は6万人超え。例えば、エビフライが庭で日光浴をしている写真のツイートには、3.5万ものいいねが付いている。SNSに投稿し始めたきっかけや、食品サンプルのエビフライに対する思いなどについて話を聞いた。

見ているだけでほっこり癒される “食品サンプルのエビフライ”の何気ない日常写真

 えびふらいふさんは、食品サンプルのエビフライの何気ない日常や暮らしを写真に撮ってSNSに投稿し続けている。8月16日のツイートでは、「小さな階段を用意してあげれば自分で上っていきます」というコメントと共に、尻尾を足にして必死に階段を上るエビフライの姿を投稿。「可愛いですね!我が家にも遊びに来て欲しいです」「最後の段がキツそうだ」「尻尾じゃなくて脚だったんですね笑」などとコメントが寄せられた。

 また、8月26日のツイートでは、「車に乗るときは、エビフライ用シートへ座ります」というコメントと共に、小さな専用シートにシートベルトを着けて座っているエビフライの姿を投稿。これには「行き先はタルタルソースのプールですか?」「帽子も可愛いしシートも可愛い」「こんな感性ほしいわ(笑)」といったコメントが集まった。

 ほかにも、シャンプーハットをかぶってマグカップのお風呂につかる姿や、小さなほうきを持って窓辺を掃除する姿、きゃべつの千切りのベッドで寝ている様子など、見ているだけで癒されてほっこりした気持ちになるエビフライの写真が盛りだくさんだ。

「楽しく自由に暮らしてもらいたい」投稿主のエビフライ愛

 そもそもえびふらいふさんが食品サンプルのエビフライの写真を撮ろうと思ったきっかけは、「エビフライの見た目がかわいくて好きだったから」というごく単純なものだったという。

 「エビフライが可愛らしく撮れたので、友人たちに見てもらおうと、最初は私個人の日常と趣味をツイートしていたアカウントへ投稿しました。でもそれが広まり、多くの反響をいただいたので、エビフライとの日常用のアカウント(えびふらいふ)を作りました」

 まるで本当に暮らしているかのようなエビフライの様子にたくさんのフォロワーたちが癒されているが、実は細かなコンセプトなどは決めていないとのこと。「エビフライに楽しく自由に暮らしてもらいたい」ということ以外は、特に何も考えていないそうだ。

 「写真のテーマに関しては、ボーッとしているときや何かを見たときに、頭の中でエビフライが勝手に動くので、それを再現して撮影をしています。のびのびと楽しそうにしている様子を撮りたいと思っているので、それが少しでも伝わっていたら幸いです」
 最後に、今後はどのようにエビフライとの暮らしを発信していきたいかのかを聞いたところ、えびふらいふさんは次のように答えてくれた。

 「思っていたよりもたくさんの人に見ていただいて驚いています。そして、エビフライとの日常を暖かく見守っていただけて嬉しいです。今後はペースは落ちてしまうかと思いますが、移り変わる季節と共に、のんびりと暮らすエビフライの姿を撮り続けていけたら...と思っております」
えびふらいふさん
Twitter:@ebiflife
Instagram:@ebiflife

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索