• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 本職は『わたナギ』をどう見るか? 人気高い家政婦ドラマ、過去には弊害も

本職は『わたナギ』をどう見るか? 人気高い家政婦ドラマ、過去には弊害も

  • 『私の家政夫ナギサさん』(C)TBS

    『私の家政夫ナギサさん』(C)TBS

 9月1日で最終回を迎える、多部未華子主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)。視聴率が好調なことはもちろん、大森南朋演じる家政夫のナギサさんに癒される視聴者も多く、早くも“わたナギ”ロスが懸念されている。これまで、80年代にスタートした『家政婦は見た!』(テレビ朝日系)をはじめ、家政婦・家政夫をテーマにした作品は数多いが、ドラマでの描かれ方を“本職”はどう見ているのだろうか? 時には弊害もあったという家政婦ドラマについて、公益社団法人 日本看護家政紹介事業協会の担当者に話を聞いた。

9月1日で最終回を迎える『私の家政夫ナギサさん』(C)TBS

9月1日で最終回を迎える『私の家政夫ナギサさん』(C)TBS

放送に反響、『わたナギ』でようやく描かれた“普通の家政婦”

 多部未華子主演のドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、25日放送の第8話で世帯平均視聴率16.7%を獲得(関東地区世帯・ビデオリサーチ調べ)。「ドラマ満足度ランキング」(オリコン)でも第3位と好調だ。このドラマは漫画が原作で、製薬会社のMR(医療情報担当者)として働く28歳のキャリアウーマン(多部)が、おじさん家政夫(大森南朋)を雇うことから巻き起こるハートフルラブコメディ。登場する家政夫のナギサは、仕事に猛進するあまり家事ができないメイの身の回りの世話をしたり、ときには仕事やプライベートの悩み相談に乗るなど彼女に寄り添うこともある。こうした描き方を、本職の家政士はどう見ているのか?

――ドラマを観た人からの反響はいかがでしょうか?

 「当協会で『家政士検定』の公式テキストをドラマの小道具として提供したのですが、その際には放送後、サイトに300件近いアクセスがありました。家政婦サービスについての問い合わせよりも、検定や家政士の仕事に興味を持たれた方が多かったようです。やはりテレビの影響力はすごいですね。数年前に情報番組で取り上げられたときもそうでしたが、サービス自体への問い合わせは、放送から少し経ってから増える傾向があります。これからもっと多くなるかもしれません」

――本作では家政夫・ナギサさんの仕事も多く描かれていますが、本職の方はどんな感想を持たれたのでしょうか?

 「誇張したものではないですし、内容がまともだと思いました(笑)。家政婦をテーマにしたドラマの中には、これまであまり良いイメージで描かれていない作品もありましたが、今回はようやく、普通に描かれているなというイメージです」

個人情報の扱いに問題、「『家政婦は見た!』に業界団体として抗議したことも」

――これまでには、『家政婦は見た!』(市原悦子主演/1983〜2008年放送 テレビ朝日系)や『家政婦のミタ』(松嶋菜々子主演/2011年放送 日本テレビ系)など、人気作も多いですね。

 「実は『家政婦は見た!』の放送時、業界団体として制作会社に抗議したこともあるんです。お話としては面白いし、素晴らしいドラマだとは思いますが、”個人情報”を扱う点で問題がありました。このドラマの放送が始まった当初は、まだ個人情報保護法などの法律が整っていませんでしたから、『知られたくないようなことまで覗き見したり、同僚に情報を話したりするの?』と不安になられる方もいらっしゃいました。

 『家政婦のミタ』のときは、主人公が“スーパーウルトラ家政婦”だったので、『あんな完璧な家政婦さんがいるなら紹介してほしい』という問い合わせがありました。でも、ドラマですから当然誇張しているわけで、そこまで求められると困ってしまいますよね(笑)。掃除が得意、料理が得意など、得意分野を持っている方はいらっしゃいますが、さすがにああいう家政婦は見たことがないです。

 『きょうの猫村さん』(2020年放送。松重豊主演)もありましたが、これは漫画も面白く拝見しました。核家族化で人間間の関係が希薄な時代に、親に叱られたことがないような子が猫村さんに親身になって叱ってもらうというのが、若い人の感性に合っていたのかなと思います」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索