• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • ずん飯尾和樹、ムロツヨシ、大森南朋…“非モテ”おじさんブーム到来

ずん飯尾和樹、ムロツヨシ、大森南朋…“非モテ”おじさんブーム到来

 今期ドラマで『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)や『親バカ青春白書』(日本テレビ系)とおじさんがモテるドラマがオンエア中。また、CMでもずんの飯尾和樹が田中みな実の夫役に扮する『明治 TANPACT』CM、武田玲奈から意味深に慕われる『ボートレース』CMなどが話題になっている。これまでにもエンタテインメントシーンでは、「ちょいワルおやじ」をはじめ、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)や『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)などおじさんがフィーチャーされるブームはあった。しかし、今回はこれまでとは傾向が異なり、おおよそモテとは縁遠い地味なおじさんたちが、若い世代の女性にモテていることだ。

モテとは縁遠いタイプが…ドラマやCMで増える若い女性からの“おじさんモテ”ブーム

 大森南朋が家政婦を演じる『私の家政夫ナギサさん』は、働き盛りのキャリアウーマンで家事と恋には不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部未華子)が主人公。彼女が雇うことになるエプロン姿の家政婦おじさんに対して最初は抵抗感をあらわにするが、次第に心を許していく。包容力のある大人の男性にいつのまにか人として惹かれるようになり、同世代の異性とは異なる親近感を抱いていく。

 一方の『親バカ青春白書』は、娘・さくら(永野芽郁)が大好きすぎて、娘と同じ大学に入学し同級生になった親バカの父・ガタロー(ムロツヨシ)が主人公。娘のキャンパスライフに首をつっこむ父に周囲の学生仲間たちは奇異の目を向けるが、彼らに対する自然なスタンスやその特有の存在感、機転を利かせて彼らの窮地を救う姿などから、さくらの友人の寛子(今田美桜)だけでなく、さくらが密かに思いを寄せる男子学生・畠山(中川大志)から、好意と敬意を超えた愛情に近い感情を向けられる(畠山は作家であるガタローの大ファンだったことが第2話で明かされる)。

 また、俳優としても活躍中の芸人・飯尾が出演するCMでも、おじさんのモテ姿が映し出されている。『ボートレース』CMでは、レーサーたちの勝利への執念とライバル心が描かれるなか、飯尾演じるベテランレーサーに対して、若き天才女子ボートレーサーのレナ(武田玲奈)が意味深かつ衝撃的な言葉をつぶやくなど、憧れ以上の特別な感情を有していることが示されている。『明治 TANPACT』CMでは、田中みな実演じる年下の若き美人妻に腕を組まれ、仲良く寄り添い合う姿が、ふつうのおじさんのモテ(=美人妻に惚れられている夫)への世の男性の羨望の眼差しを集めるとともに、女性層からも好感を得ている。

 このように、王道の渋い系やイケメン系ではないおじさんが若い女性にモテる系のドラマ、CMがいま相次いで登場し、話題になっている。SNSでは、田中みな実の夫役の飯尾へ「意外だったけど円満夫婦っぽくてお似合い」「自然体のおじさん(飯尾さん)がカッコよく観えた!」といった声が上がり、家政婦役の大森南朋に対しては「物腰の柔らかい大人の優しさとエプロン姿がたまらない」「私の家にも来て!癒やしてほしい」などのツイートが飛び交い、女性たちの心をくすぐっている。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索